シベリウス ヴァイオリン協奏曲 Op.47

ジャン・シベリウス (Jean Sibelius,1865-1957)作曲のヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47 (Violin concerto d-Moll Op.47)について、解説おすすめの名盤レビューをしていきます。最後に楽譜・スコアも挙げてあります。

いかにも北欧というクールさのある名曲で、そのロマンティックな音楽は人気があります。情熱的なヴァイオリンは、シベリウスの同時期の作品のように、深く人間の内部に入り込んでいきます。20世紀のヴァイオリン協奏曲の中でも人気、内容、共に一二を争う名曲で、頻繁に演奏されています。

解説

シベリウスヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47について解説します。

若いころヴァイオリニストを目指した

ジャン・シベリウスは14歳の時にヴァイオリンを買い与えられ、この楽器に夢中になりました。若いころはヴァイオリン専攻でした。ヴァイオリンを諦めた理由は、極度のあがり症だった、のが原因です。音楽院でメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲を弾く機会にあがってしまい上手くゆかなかったので、それ以後、作曲を中心にするようになったのでした。いずれにせよ、ヴァイオリンには詳しい作曲家なんです。

ヴァイオリン協奏曲は、シベリウス唯一の協奏曲作品です。ピアノ協奏曲を残していないというのは珍しいですね。シベリウスの名を冠したシベリウス国際ヴァイオリン・コンクールもヴァイオリン奏者のコンクールです。1965年から始まり、1980年にヴィクトリア・ムローヴァが優勝しています。1995年には現在人気ヴァイオリニストのリサ・バティアシュヴィリが2位に入賞しています。同年は佐藤まどかが3位です。2000年には、日本勢の玉井菜採が2位、 日下紗矢子が3位となっています。

Vn:リサ・バティアシュヴィリ

作曲の経緯

シベリウスヴァイオリン協奏曲は1903年に作曲されました。交響曲でいえば、第2番第3番の間です。

翌1904年にヘルシンキでシベリウス自身の指揮とヴァイオリン独奏にヴィクトール・ノヴァチェクにより初演されました。しかし、初演は成功とまではいえませんでした。

この頃のシベリウスの改訂癖もあり、1905年にヴァイオリン独奏の改訂を行いました。第1楽章に技巧的な2つのカデンツァがありましたが、その一つを削除しました。他の部分も削除し、全体的にコンパクトになりました。

改訂版は同年ベルリンでリヒャルト・シュトラウスの指揮とヴァイオリン独奏にカレル・ハリルにより初演しました。現在ではこの1905年改訂版が使用されています。

曲の構成

シベリウスのヴァイオリン協奏曲は、通常の3楽章形式をとっています。ただ、少なくとも改訂版では第2楽章が重要で中ほどで大きく盛り上がり、大きなピークを築いているため、そのピークを中心にシンメトリックに見えます。これはこの協奏曲の全体の構成で大事な所だと思います。

第1楽章:アレグロ・モデラート~アレグロ・モルト~モデラート・アッサイ~アレグロ・モデラート~アレグロ・モルト・ヴィヴァーチェ

3つの主題による自由なソナタ形式です。カデンツァが展開部に当たるという特殊な構成になっています。

第2楽章:アダージョ・ディ・モルト

三部形式の緩徐楽章です。ヴァイオリンとオーケストラが盛り上がっていき、この曲、最大のピークを築きます。

第3楽章:アレグロ、マ・ノン・タント

3/4拍子のロンド形式です。ヴァイオリン独奏がロンド主題を奏でます。

おすすめの名盤レビュー

それでは、シベリウス作曲ヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47名盤をレビューしていきましょう。

もしこの曲を深く理解したい場合は、クレーメル盤出来ればオイストラフ盤をまずはじっくり聴きこむことをお薦めします。そうすると、この曲の定番とされる解釈が分かると思いますので。テミルカーノフが指揮した庄司さやか盤もその延長にあることが分かると思います。

Vn諏訪内晶子,オラモ=バーミンガム市響

  • 名盤
  • 繊細
  • 情熱的
  • 高音質

超おすすめ:

ヴァイオリン諏訪内晶子
指揮サカリ・オラモ
演奏バーミンガム市交響楽団

2002年6月,バーミンガム,ステレオ(デジタル/セッション)

icon アマゾンミュージックUnlimitedとは?

シベリウスを得意とする諏訪内晶子のディスクです。伴奏は、センスの良い伴奏で評価の高いサカリ・オラモ=バーミンガム市交響楽団です。サカリ・オラモはシベリウスと同じフィンランド人で、この協奏曲の伴奏も得意です。

シベリウスでは第1楽章からストレートで力強い表現で、感情を爆発させています。諏訪内晶子の長所が良く出ていると思います。もちろん、チャイコフスキーの旧盤のような一直線の演奏では無く、しなやかさがありシベリウスの繊細な感情表現も同時に入れ込んでいます。伴奏も割とストレートでテンポの速いサカリ・オラモのシベリウス演奏はやはり素晴らしく、音楽的な広がりを加えています。

第2楽章はオケから始まりますが、木管のソロの部分で、とても録音の音質が良いことが分かります諏訪内晶子のヴァイオリンソロは、しなやかに、感情を秘めつつ、広々と演奏していきます。こういう所は、表現力が明らかに増していますね。オラモとオケの主題もシベリウスらしい、あるいは北欧らしい伴奏をつけています。伴奏は色彩的な音色で、好サポートです。オケが盛り上がった時にヴァイオリンはついていかず、どうなるんだろう?と思う瞬間がありましたが、諏訪内晶子は最後までしなやかに表現し、最後のピークでは広々とかつ感情的に盛り上がります。聴きごたえのある第2楽章です。

第3楽章は、オケの軽快なリズムで始まります。オラモ=バーミンガム市響は、かなり軽快なリズムです。諏訪内晶子はどちらかというとウェットな表現が得意で、こういうリズミカルな表現はあまりしない奏者だったと思いますが、ここではカラッとしたリズミカルな音楽を展開しています。一方で、そんなリズミカルな中でも鋭いニュアンスになったり、ウェットな表現を合間に入れ込んだりしています。技巧的にも難易度が高めだと思いますが、そんなことは全く感じさせず余裕をもって音楽的な表現に集中しています。

諏訪内晶子サカリ・オラモはどちらもシベリウスが得意ですが、タイプは大分違いますね。上手くアンサンブルしていて、両者の長所を出し合って、音楽的表現の幅が広がっている感じですね。なおカップリングのウォルトンヴァイオリン協奏曲は、イギリスの曲ということもあって、オケも気合いが入っていて名演です。

Vn:バティアシュヴィリ,バレンボイム=シュターツカペレ・ベルリン

バティアシュヴィリの繊細で切れ味鋭い表現、ダイナミックな伴奏
  • 名盤
  • 繊細
  • 情熱的
  • スリリング
  • 高音質

超おすすめ:

バイオリンリサ・バティアシュヴィリ
指揮ダニエル・バレンボイム
演奏シュターツカペレ・ベルリン

2015年6月

リサ・バティアシュヴィリのCDは、録音が良いこともありますが、非常にこなれた表現で、透明感の高いヴァイオリンの音色はシベリウスに相応しいです。

ストレートな感情表現が多いですが、柔らかい所もあり、ヴォキャブラリー豊富というか、変幻自在です。繊細な音色ですが、テクニックは凄いです。第2楽章はスケールが大きいです。バレンボイムは迫力のある伴奏をつけています。それに対してバティアシュヴィリはあくまで情熱的で繊細な表現です。情感あふれる表現でクライマックスを迎えます。第3楽章はリズミカルです。細かいフレーズが多いですが、それぞれ表情をつけつつ弾いていきます。

バティアシュヴィリは本当にシベリウスと相性が良いですね。ヴァイオリンの音色のイメージが近いのではないかと思います。クオリティの高い名盤です。

クレーメル,ロジェストヴェンスキー=ロンドン交響楽団

鋭くストレートで情熱的な名盤
  • 名盤
  • 定番
  • スリリング
  • ダイナミック

超おすすめ:

ヴァイオリンギドン・クレーメル
指揮ゲンナジー・ロジェストヴェンスキー
演奏ロンドン交響楽団

1977年8月12-13日,ザルツブルク大学・大ホール(ステレオ/セッション)

クレーメルの若い頃の名盤です。少し録音に古さが感じられますが、1977年の録音なのでそんなに古くはないのです。もっと大手のレーベルだったらよかったかも知れません。ただ聴いていくうちにすぐに慣れる程度で、何よりクレーメルの演奏が凄くて、すぐに引き込まれます。

第1楽章非常に鋭くストレートで力強く情熱的な演奏で、ロジェストヴェンスキー=ロンドン交響楽団もスケールが大きく力強い伴奏を付けていますが、全く負けていません。北欧情緒があるかといえば情熱的な所はそう感じますが、ここまでシャープな表現で伴奏もダイナミックで、情緒というよりもっと深みのある演奏です。

第2楽章は第1楽章と異なり、美しい木管の響きで始まり、甘美なヴァイオリン独奏となっています。そして盛り上がっていきますが、喜びに満ちたスケールの大きさがあります。第3楽章は、リズミカルで技巧的です。伴奏もまたダイナミックさが戻ってきます。

五嶋みどり,メータ=イスラエル・フィル

力強くストレートな感情表現、
  • 名盤
  • 定番
  • ロマンティック
  • ダイナミック

超おすすめ:

ヴァイオリン五嶋みどり
指揮ズビン・メータ
演奏イスラエル・フィルハーモニー管弦楽団

1993年(ステレオ/デジタル/セッション)

まだ20代後半の五嶋みどりの名演奏です。冒頭から思い切りシャープでストレートに感情をぶつけていきます。さらに盛り上がっていきます。日本人ヴァイオリニストのシベリウス演奏の中でも定番といえる演奏です。イスラエルフィルもダイナミックすぎる所がありますが、言われなければイスラエルという暑い所のオケと思えないような北欧情緒の感じられる響きを出しています。

第2楽章情熱の中に北欧情緒が感じられる名演です。ヴァイオリンも情熱的に盛り上がり、オケも良い響きで盛り上がっていきます。大きく盛り上がり頂点を築いています。第3楽章は中庸なテンポで、力強く3拍子を刻んでいきます。鋭いヴァイオリンの音色が印象的です。低音域ではコクのある響きです。オケは結構ダイナミックで、リズミカルなのはいいのですけど、主役はヴァイオリンなので、もう少し小編成でも良かったんじゃないか、と思ってしまいます。五嶋みどりのヴァイオリンはテクニカルな所は余裕で弾いていきます。難しい箇所でも常に安定したコントロールしています。

Vn庄司さやか,テミルカーノフ=サンクトペテルブルク・フィル

庄司さやかの情熱的な名演奏と個性的な深みのある伴奏
  • 名盤
  • 情熱的
  • 個性的
  • 高音質

おすすめ度:

ヴァイオリン庄司さやか
指揮ユーリ・テミルカーノフ
演奏サンクト・ペテルブルク・フィルハーモニー

2017年10月,サンクト・ペテルブルク,ステレオ(デジタル/ライヴ)

icon アマゾンミュージックUnlimitedとは?

庄司さやかのヴァイオリン独奏とテミルカーノフ指揮サンクト・ペテルブルグフィルの伴奏です。テミルカーノフなので、上手く行けばシベリウスは名演になりそうな気がします。しかし、結構テミルカーノフのシベリウスは相当個性的ですね。何度か聴いてやっと独特の深みを理解してきました。少しおどろおどろしい世界観を作り上げているようにも感じます。

第1楽章は、オケの伴奏にヴァイオリンが入りますが、最初から個性的です。シベリウスというともっとストレートでスケールが大きいイメージがあるのですが、テミルカーノフはシベリウスの音楽に直接的に切り込むことはありません。鬱々した世界の表現の仕方が個性的です。庄司さやかは情熱的で表情豊かなヴァイオリンを聴かせてくれます。時折、激しい感情の発露もあって、とてもいい演奏だと思います。時折、伴奏も素晴らしいうねりのある響きを聴かせてくれます。

第2楽章は、第1楽章よりは分かり易く、テミルカーノフはノーブルでシベリウスの世界に単刀直入に入っていくことはありませんが、どんな音楽を作りたいのか、は良く伝わってきます。庄司さやかは第1楽章から引き続き情熱的演奏を展開していきます。中央付近でスケールの大きなピークのある音楽です。所々でオケがいい音を響かせています第3楽章は、標準的なテンポですが、伴奏がかなり小さい音量でリズムを刻んでいます。第2楽章までに内面に入り込んでいないので、第3楽章も他とは違う少し個性的な音楽になりますね。庄司さやかは情熱的な演奏をしていきます。テクニックも素晴らしいです。全体的にラストに向かって盛り上がっていきます。

テミルカーノフ=サンクトペテルブルグ・フィルは、現在のロシア楽壇の頂点です。そんなコンビと多くの録音をしてきた庄司さやかは凄いし、他の日本人ヴァイオリニストには無い特別な環境です。テミルカーノフの個性は難しいですが、このディスクは聴けば聴くほど、面白みにハマっていく感じです。

スターン,オーマンディ=フィラデルフィア管弦楽団

  • 名盤
  • 定番
  • 品格

おすすめ度:

ヴァイオリンアイザック・スターン
指揮ユージン・オーマンディ
演奏フィラデルフィア管弦楽団

1968年2月3-4日,フィラデルフィア,タウン・ホール(ステレオ/セッション)

チャイコフスキー : ヴァイオリン協奏曲
在庫情報:残り4点レビュー数:13個

スターンは冒頭はそこまで感情を入れずにコンパクトに演奏しています。テンポは速めで、伴奏のオーマンディもそのテンポに合わせています。スターンは速いテンポのまま、段々と感情的に盛り上がってきて、後半に入るころにはかなりシャープさがあり感情が入った演奏になっていきます。このテンポだとラストは超絶技巧ですね。第2楽章は遅めのテンポでスターンは少し甘美に演奏しています。伴奏のオーマンディ=フィラデルフィア管は雄大に盛り上がっていき、独奏とオケでピークを作ります。第3楽章は速めのテンポで、リズミカルに超絶技巧を披露しています。

スターンはコンパクトで控えめな表現ですが、第2楽章は甘美になりすぎず、品格のある表現を貫いています。オーマンディとのコンビということもあり、シベリウスは名演ですね。

ムター,プレヴィン=ドレスデン・シュターツカペレ

力強く繊細なムターらしい油絵のような響き
  • 名盤
  • 定番
  • ロマンティック
  • ダイナミック

おすすめ度:

指揮アンドレ・プレヴィン
演奏ドレスデン・シュターツカペレ

1995年5月,ドレスデン(ステレオ/デジタル/セッション)

シベリウス:ヴァイオリン協奏曲、他
在庫情報:残り4点レビュー数:7個

ムターのヴァイオリン独奏です。プレヴィンの指揮にドレスデン・シュターツカペレという異色の組み合わせの伴奏です。録音の音質は良く、クオリティが高いです。

ドレスデン・シュターツカペレはドイツらしく少し重厚でクールさがあり、ムターのドイツ的で厚みのあるヴァイオリンの響きと上手く合います。ムターは冒頭のソロから力強さの中にしなやかで繊細な表現を織り交ぜロマンティックな表現をしています。最初の一音から引き込まれるような吸引力があります。第1楽章のラストは凄いテクニックを魅せてくれます。第2楽章はプレヴィンの上手い雰囲気づくりで始まります。ファンタジックな世界です。ムターもそれに乗せて弾いていき、盛り上がっていきます。第3楽章は、標準的なテンポでロマンティックな表現を繰り広げています。技術的に凄い所が盛り沢山です。

このディスクは演奏レヴェルは最高のクオリティですが、ムターのシベリウスが好きかどうか、好みが分かれそうですね。やはりムターの油絵のような響きやプレヴィンのファンタジックさがシベリウスに合うと思えれば良いですし、合わないと感じる人もいそうです。まあ、万人の好みに合う演奏というのも、あまりいいとは言えませんけれど。

Vnヒラリー・ハーン,サロネン=スウェーデン放響

速めなテンポでストレートな力強い表現の名演
  • 名盤
  • 知的
  • 情熱的
  • 透明感

おすすめ度:

ヴァイオリンヒラリー・ハーン
指揮エサ=ペッカ・サロネン
演奏スウェーデン放送交響楽団

2007年3月,ストックホルム (ステレオ/デジタル/セッション)

icon アマゾンUnlimitedとは?

ヒラリー・ハーンは技術的には文句なく圧倒的な正確な演奏をするのですが、クールすぎて感情表現が苦手なのではないか?という評価を受けがちです。でも、このディスクを聴けば、クールな中にも情熱的で感情を爆発させたような演奏が出来ることがよく分かります。シベリウスはクールな音色のほうが似合うのでとてもヒラリー・ハーンに合うと思います。伴奏の指揮者はサロネンはヒラリー・ハーンよく合います。スウェーデン放送交響楽団は、北欧の中でも高い能力を持ったオケです。

第1楽章は、ヒラリー・ハーンらしい力強い演奏で始まります。テンポも少し速めで、熱してくるとさらにアッチェランドしていきます。一方、ゆっくりなテンポの個所もしなやかに弾いていきます。もっと情感に溢れた演奏は沢山あると思いますが、この先はヒラリー・ハーンの個性だと思います。情感豊かな諏訪内晶子とは大分違う演奏ですね。伴奏も熱気にあふれたシベリウスらしい演奏で、さすが北欧の演奏家です。力強い伴奏で、上手くヴァイオリン独奏をサポートしています。第一楽章後半になると、ヴァイオリンの技術に舌を巻きます。軽々と演奏していて、完璧な演奏とは、まさにこのことですね。

第2楽章では深い音色で歌っています。伴奏も速めのテンポと厚い響きの弦楽セクションで応えます。ヒラリー・ハーンも力強く情熱的な表現で段々と盛り上がり、かなり聴きごたえがあります。第3楽章ヒラリー・ハーンのリズミカルで強靭と言える位、力強いヴァイオリンで始まります。レガートで広がりがある部分でも、ハリのある音色で力強さを失いません。言葉で書くと同じ「力強さ」でも、結構ヴォキャブラリーがあって飽きません。後半の技巧的な個所は完璧な演奏です。情熱も伴っていて、オケと一緒にダイナミックに盛り上がっていきます。

ヒラリー・ハーンとサロネンの組み合わせは、シベリウスでは情熱的で力強い、割とスタンダードな表現でした。そのスタンダードな所がこの演奏の良い所だと思います。ソロと伴奏の相性の良さは、滅多にないレヴェルです。ちなみにカップリングのシェーンベルクのヴァイオリン協奏曲は珍しいですが名演です。

 

Vn:オイストラフ,オーマンディ=フィラデルフィア管

オイストラフの十八番、美しい音色
  • 名盤
  • 定番
  • ダイナミック

おすすめ度:

ヴァイオリンダヴィッド・オイストラフ
指揮ユージン・オーマンディ
演奏フィラデルフィア管弦楽団

1959年12月,フィラデルフィア

オイストラフはシベリウスと余程相性が良いのか、非常な名演奏です。最初から彫りの深い表情をつけて演奏しています。ダイナミックになり独特の太く柔らかい音で盛り上げます。他のシベリウス演奏とは一線を画した表現です。

伴奏もとても良い雰囲気を作り出しています。実はオーマンディはシベリウスのファンでシベリウスが作曲した家まで訪れ、本人に直接会ったことがあるようです。フィンランドの寒さは表現していませんが、ふくよかで色彩的に鳴らしていて、ダイナミックで表情豊かです。

CD,MP3をさらに探す

CD検索 CD検索 MP3検索

楽譜・スコア

シベリウス作曲のヴァイオリン協奏曲ニ短調 Op.47の楽譜・スコアを挙げていきます。

電子スコア

タブレット端末等で閲覧する場合は、画面サイズや解像度の問題で読みにくい場合があります。購入前に「無料サンプル」でご確認ください。

ミニチュア・スコア

大型スコア

ヴァイオリン楽譜

楽譜をさらに探す

楽譜検索 楽譜検索