平原綾香のカヴァーで名曲を

クラシックを聴いてみたいけれど、どの曲を聴けばよいのか分からない方は沢山いると思います。かくいう私もクラシック歴〇十年ですが、いまだ「このメロディってこの曲だったのか!」と発見することがあります。

J-POPのシンガーである平原綾香さんが、有名なメロディを抜粋してカヴァーしています。以外にマイナーな曲に有名なメロディが入っていることがよくあります。3つアルバムがあります。

第51回レコード大賞優秀アルバム賞を受賞したクラシック・カヴァー・アルバム『マイ・クラシックス』です。クラシックカヴァー曲の草分けとして名高い「Jupiter」と、ドラマ「風のガーデン」主題歌としてヒットした「ノクターン」を同一アルバムに収録。

my Classics!

  • 名盤
  • ポップス
  • カヴァー曲

歌手平原綾香

初回発売2009年9月2日

icon
「my Classics!」の収録曲

01. pavane ~亡き王女のためのパヴァーヌ
 (ラヴェル作曲「亡き王女のためのパヴァーヌ」)
02.ミオ・アモーレ
  (「カタリ・カタリ」&プッチーニ作曲、歌劇『トゥーランドット』より 「誰も寝てはならぬ」)
03.カンパニュラの恋
 (夜想曲(第20番)「遺作」)
04.ロミオとジュリエット
  (プロコフィエフ作曲『ロメオとジュリエット』組曲より 「モンタギュー家とキャピュレット家」)
05.シェヘラザード
 (リムスキー=コルサコフ作曲『シェヘラザード』より 「若い王子と王女」)
06.Moldau
 (スメタナ作曲『わが祖国』より モルダウ)
07.仮面舞踏会
 (ハチャトゥリアン作曲『仮面舞踏会』組曲より ワルツ)
08.AVE MARIA
 (グノー作曲「アヴェ・マリア」)
09.新世界
 (ドヴォルザーク作曲、交響曲『新世界より』 第2楽章)
10.シチリアーナ
 (レスピーギ作曲「シチリアーナ」)
11.ノクターン
 (夜想曲(第20番)「遺作」)
12.Jupiter
 (ホルスト作曲 組曲『惑星』より 木星)

カヴァーと言えば、原曲の著作権が問題になるのですが、大体は作曲家の死後50年が目安です。実際はもっと長くなることがあります。

ハチャトリアンの『仮面舞踏会』から「ワルツ」は、フィギュアスケートで使用される前から有名曲でした。ハチャトリアンはメロディメーカで、ガイーヌの「剣の舞」を知らない人はいないでしょう。バレエ『スパルタクス』『ガイーヌ』が代表作ですが、これらも親しみやすいメロディが次々にでてきて楽しめます。ただ、最近の作曲家なので、著作権がまだ切れておらず、許可が出るまで時間がかかったそうです。このアルバムに収録されているものは特に有名なものばかりです。本サイトでレビューしている曲には、リンクを張ってみましたが、まだまだページ数が少ないですね。

my Classics2

  • 名盤
  • ポップス
  • カヴァー曲

歌手平原綾香

初回発売日2010年06月09日

icon
my Classics2の曲目

1. セレナーデ (アカペラ)
(チャイコフスキー作曲 『弦楽セレナーデ』より)
2. Sleepers,Wake!
(J.S.バッハ作曲カンタータ『目覚めよと呼ぶ声あり』BWV140)
3. 威風堂々
(エルガー作曲 行進曲『威風堂々』第1番の中間部)
4. my love
(ヘンデル作曲オペラ『リナルド』第2幕より 「私を泣かせてください」)
5. JOYFUL,JOYFUL
(ベートーヴェン交響曲第9番第4楽章『歓喜の歌』)
6. adagio

(ラフマニノフ作曲交響曲第2番第3楽章)
7. ソルヴェイグの歌
(グリーグ作曲「ペールギュント」より)
8. アランフェス協奏曲~Spain
(ロドリーゴ作曲 アランフェス協奏曲より)
9. CARMEN~Je t’aime!~
(ビゼー作曲 歌劇『カルメン』より)
10. mama’s lullaby
(『ブラームスの子守唄』(歌曲))
11. Ave Maria!
(シューベルト作曲 歌曲『アヴェ・マリア』)
12.ケロパック
(チャイコフスキー作曲『くるみ割り人形』より「トレパック」)
13.Sailing my life with 藤澤ノリマサ
(ベートーヴェン作曲 ピアノ・ソナタ第8番ハ短調作品13「悲愴」第2楽章)
14. Love Never Dies 【Bonus Track】

さて、2枚目のアルバムは少し知名度の低い曲も入ってきています。それでもメロディは有名だと思います。ちょっとどの曲か分からないものもありますが、分かるものは詳しめに書いてみました。

バッハのカンタータは宗教音楽ですが、バッハは教会で作曲していたため、沢山のカンタータがあります。主よ人の望みよ喜びよも有名ですね。ヘンデルのアリアが入っています。ヘンデルは沢山のオペラオラトリオを作曲しました。いくつも有名なアリアやメロディがありますが、数が多すぎて、どこにあるのか調べると一苦労です。オペラを見るのもいいと思いますが、一作品の中に名作アリアが沢山あるわけではありません。ヘンデルのオペラは、日本語字幕で筋書きを楽しむといいと思います。

my Classics3

  • 名盤
  • ポップス
  • カヴァー曲

歌手平原綾香

初回発売日2010年06月09日

icon
my Classics3の曲目

01. 私と言う名の孤独 <チェロ協奏曲 第1楽章>
エルガー作曲 チェロ協奏曲より
02. 春~La Primavera!~ <『四季』より「春」>
ヴィヴァルディ作曲『四季』より「春」
03. What will be will be
J.S.バッハ作曲<アリオーソ>
04. 大きな木の下
サティ作曲<あなたが欲しい>
05. Danny Boy
<アイルランド民謡>
06. LOVE STORY 交響曲第9番 第3楽章
ベートーヴェン作曲 交響曲第9番 第3楽章
07. 別れの曲
ショパン作曲<別れの曲>
08. くまんばちの飛行 <熊蜂の飛行>
リムスキー=コルサコフ作曲『熊蜂の飛行』
09. Someone to watch over me
ガーシュウィン作曲
10. ブラームスの恋
<ブラームス作曲 交響曲第3番 第3楽章>
11. Greensleeves
<イングランド民謡>
12. ラヴ・ラプソディー
ラフマニノフ作曲<パガニーニの主題による狂詩曲>
13. アランフェス協奏曲~Spain (Live Version)
ロドリーゴ作曲<アランフェス協奏曲 第2楽章> [Bonus Track]
14. Danny Boy (English Version)
<アイルランド民謡> [Bonus Track]

第3弾は、有名曲からのカバーが増えていると思います。

第2弾は無名なオペラカンタータなどから有名なメロディを引用していました。クラシックファンとしてはその路線のほうが面白いのですけど、きっと一般公募すると有名曲が並んでしまうのですよね。

それにしても、よく第九の第3楽章をカバーしたなぁと思います。他の曲はもともとカバーしやすそうな曲です。CMソングとなったガーシュウィン「Someone towatch over me」は興味深いですね。