スメタナ わが祖国 (『モルダウ』、他)

ベドルジハ・スメタナ (Bedrich Smetana) 連作交響詩『我が祖国』(Ma Vlast) は、「モルダウ」が特に有名です。ここでは解説のあと、お薦めの名盤をレビューします。最後にスコア・楽譜を紹介します。

全体が一連の流れになっていて、「高い城」も味わいがありますし、「シャールカ」も迫力があります。「ボヘミアの森と草原から」はチェコの自然に感動します。「ターボル」「プラニーク」は2つでセットになっていて、大きなフィナーレに導いています。やはり全曲聴けると感動の度合いが違いますね。クーベリック=ボストン交響楽団の名盤で聴けば飽きずに聴ける気がしますのでお薦めです。

解説

スメタナ作曲の『わが祖国』について解説します。

『モルダウ』が有名

スメタナのわが祖国といえば、第2曲『モルダウ』が有名ですね。大陸の大河が流れるようなメロディが有名です。モルダウ川の源流から本流になっていく様子やチェコを滔々と流れる様子が描かれているということも、教えやすいのかも知れません。

6曲の交響詩からなる「連作交響詩」

1874~1879年に作曲した6つの交響詩をまとめて連作交響詩としたものです。国民楽派の音楽と言われていますが、すべてチェコに関する音楽になっています。第1曲~第6曲まで、ある程度ストーリー性をもって構成されています。

連作交響詩『我が祖国』

1.ヴィシェフラド(高い城)
2.ヴルタヴァ(モルダウ)
3.シャールカ
4.ボヘミアの森と草原から
5.ターボル
6.ブラニーク

第1曲『ヴィシェフラド(高い城)

プラハの丘の上にある2つの塔を持つ城です。市街地から見えるプラハ城ではなく、プラハの南端の丘にある城のことです。

第2曲『ヴァルダヴァ(モルダウ)』

ヴァルダヴァ川(モルダウ川)のことです。チェコの北にあるボヘミア付近を源流として、南に向かって流れています。途中、オーストリアではドナウ川となり、黒海へ流れます。また、分岐してエルベ川となり、ドイツのドレスデンを通りハンブルグで北海に流れ出ます。ヨーロッパでも有数の大河です。途中にあるチェスキー・クロムロフは有名な観光地ですね。

クーベリック=チェコフィル(来日公演より)

第3曲『シャールカ』

チェコの女戦士シャールカの物語です。実話ではなく、伝説です。女性を見下すようになった男たちに娘たちが武器をとって立ち上がるというものです。力強く激しい音楽となっています。

クーベリック=ボストン交響楽団

第3曲までが前半で、通常ここで休憩がはいります。

第4曲『ボヘミアの森と草原から』

ボヘミアの豊かで穏やかな自然とそれに対する愛情に満ちた音楽になっていて、感動的です。

ノイマン=チェコフィル

第5曲『ターボル』

「ターボル」はフス戦争の拠点となった要塞です。フス戦争とは、プロテスタントの先駆で神聖ローマ皇帝に反旗をひるがえした戦争です。結果としては、和解して終わります。プロテスタントの宗教改革はその後、発生します。

第6曲『ブラニーク』

「ブラニーク」はチェコ中央部にあるブラニーク山のことです。伝説によればヴァーツラフ1世の騎士団がこの山に眠っているということです。そしてチェコが4方から攻め込まれたとき、永い眠りから目覚めるということです。すなわちチェコの守護神ですかね。チェコのような大陸国家は周囲を大国に囲まれていて、防衛が大変な立地です。

第5曲『ターボル』第6曲『ブラニーク』は音楽としては一続きになっています。内容は連続していないようですが。

チェコの音楽家による名演奏

このようにチェコのシンボルや伝説を扱った交響詩であるため、昔からチェコの演奏家による熱のこもった名演奏が沢山あります。またチェコと同じような立地の国も多いので、そのような国の演奏家も名演を残しています。

ユーゴスラヴィア出身の指揮者マタチッチもNHK交響楽団で名演を残していますね。マタチッチはチェコフィルをよく指揮するなど、チェコとも深いつながりのある指揮者でした。

ハープ2台の大編成

スメタナはワグネリアンでした。そのためか、『わが祖国』もかなり複雑な作りになっています。「モルダウ」も実際に演奏してみるとかなり大変です。編成も大きめで、特に第1曲「ヴィシェフラド(高い城)」では、ハープを2台使用する指定になっています。

おすすめの名盤レビュー

『我が祖国』おすすめの名盤をレビューしていきます。

クーベリック=ボストン交響楽団(1971年)

クーベリックの『わが祖国』の中で最も充実した名盤
  • 名盤
  • 定番
  • 共感
  • 熱演

超おすすめ:

指揮ラファエル・クーベリック
演奏ボストン交響楽団

1971年3月,ボストン,シンフォニー・ホール(ステレオ/セッション)

icon アマゾンミュージックUnlimitedとは?

クーベリックはチェコから西側に亡命した指揮者です。1989年にソビエトが崩壊した際に、初めてチェコに戻ることができ、チェコフィルを指揮しました。

西側でもクーベリックはチェコ音楽のスペシャリストとして、スメタナの「わが祖国」も何度も録音しています。録音年代や音質、演奏内容で一番評価が高いのがこのボストン交響楽団とのものです。

情熱や熱気が凄いです。テンポ取りといい、リズムといいチェコ風です。アメリカのボストン交響楽団から、こんな分厚い響きを引き出せるんだなと感心します。

クーベリック=チェコ・フィル(1990年)

祖国チェコに帰国したクーベリックがチェコフィルを指揮!
  • 歴史的名盤
  • 定番
  • 熱演

おすすめ度:

指揮ラファエル・クーベリック
演奏チェコ・フィルハーモニー

1990年,プラハの春音楽祭オープニング・コンサート[PCMデジタル録音]

icon

クーベリックは亡命前の若い時にもチェコフィルを振っていました。そして、指揮者を引退した後、ソヴィエトが崩壊し、チェコ・フィルを再度指揮することになりました。指揮者に復帰し、プラハで「プラハの春」音楽祭のオープニング・コンサートを指揮しています。

映像を見ても往年の指揮ぶりのままです。しかし、何十年ぶりにチェコフィルの指揮台に立ち、しかも『我が祖国』全曲を演奏したことはそれ自体が感動的です。

演奏は、年齢的な円熟もあると思いますし、細かいところでは不完全な所もあると思います。現役時代のボストン交響楽団との演奏のようにチェコ・フィルを完全燃焼させる所までは行っていません。もっとも帰国が叶った後ですから、チェコ・フィルの響きを活かして、穏やかで美しい演奏を繰り広げています。

ドキュメンタリーとして、とても感動的ですし、映像も出たのでクーベリックが「わが祖国」を指揮する姿を見ることが出来ました

クーベリックは1991年にはチェコフィルを率いて来日し、『我が祖国』を指揮しています。こちらも感動的な演奏として有名です。

  • 歴史的名盤
  • ライヴ録音

おすすめ度:

指揮:クーベリック(ラファエル)、チェコ・フィルハーモニー管弦楽団(来日公演)

ビエロフラーヴェク=チェコ・フィル(2014年)

ビエロフラーヴェク晩年の芳醇で味わい深い名盤
  • 名盤
  • 定番
  • 円熟
  • 芳醇

超おすすめ:

指揮イルジー・ビエロフラーヴェク
演奏チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

2014年5月12-14日,プラハ,スメタナ・ホール

スメタナ:連作交響詩「わが祖国」
在庫情報:残り1点レビュー数:3個

[タワレコ]スメタナ: 交響詩《わが祖国》
在庫情報:在庫ありレビュー数:1

ビエロフラーヴェクは、2014年盤1990年版があり、どちらも名演です。上のYouTubeで「モルダウ」が聴けます。2014年盤は、物凄く録音が良くなっています・

2014年盤は完全にチェコフィルを手中に収め、ビエロフラーヴェクの個性も含めて名盤です。録音の音質も透明感があり素晴らしいです。上にYouTubeの『高い城』を貼ってあるので、聴いてみてください。チェコ・フィルの弦楽器の音色はとても芳醇で味わいがあります。この弦の音色を心行くまで楽しめるのがこのCDの特徴です。またチェコフィルの技術力アップが目覚ましく、弦のみならず音色が美しいです。

しなやかでアンサンブルもしっかりしており、ノイマンを超えてスタンダードの地位を確固たるものにしています。クーベリックの感情が入った演奏とは別の方向性で、円熟し充実した名盤です。ビエロフラーヴェクは感情を適度に入れて『高い城』『モルダウ』『ボヘミアの森と草原から』などが特に名演です。『ボヘミアの森と草原から』は、高い透明感のある響きを生かして幻想的な演奏になっています。『ターボル』『プラニーク』もダイナミックに盛り上がっています。

2014年プラハの春音楽祭のオープニングコンサートはDVDになっています。

ビエロフラーヴェク=チェコ・フィル(プラハの春音楽祭2014ライヴ)

  • 名盤
  • しなやか
  • 民族的

超おすすめ:

指揮イルジー・ビエロフラーヴェク
演奏チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

2014年5月13日,プラハ,スメタナホール(プラハの春音楽祭2014ライヴ)

ビエロフラーヴェク=チェコ・フィル(1990年)

ビエロフラーヴェク壮年期の名盤
  • 名盤
  • 定番
  • しなやか
  • 自然美

超おすすめ:

指揮イルジー・ビエロフラーヴェク
演奏チェコ・フィルハーモニー

1990年3月26-28日

スメタナ:わが祖国
在庫情報:残り1点レビュー数:2個

1990年録音のビエロフラーヴェク盤は、まさにスタンダードの演奏です。チェコ・フィルの演奏で、これだけスタンダードな表現の演奏はないと思います。しなやかで自然な演奏で、2014年の透明感のある演奏とは大分違う演奏となっています。ノイマンが定番と言われがちですが、ノイマンは結構個性が強いので、ビエロフラーヴェクの1990年盤が一番理解し易く、定番といえると思います。

アンチェル=チェコ・フィル (1963年)

  • 名盤
  • 定番

おすすめ度:

指揮カレル・アンチェル
演奏チェコ・フィルハーモニー

1963年(ステレオ)

icon

アンチェルノイマンの前のチェコ・フィルの音楽監督です。歴代チェコフィルの音楽監督は名盤を残しています。理知的な要素を前面に押し出して、スケールの大きな演奏をしています。解釈や演奏スタイルはノイマンよりアンチェルのほうが分かり易いです。少し古めですが、それほど音質には不満はありません。SACDなど良いディスクのほうが、きちんと聴けると思います。

なおプラハの春でのライヴ録音もあります。一枚目として買うなら上のスタジオ録音のものがスタンダードで良いと思います。プラハの春の録音は、私が聴いた限りではあまり音質が良いとは言えない気がします。ただ、深みのある感動的な演奏です。

ノイマン=チェコ・フィル (1975年)

  • 名盤
  • 定番
  • 民族的
  • 自然美
  • 芳醇

おすすめ度:

指揮ヴァーツラフ・ノイマン
演奏チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

1975年2月18-21日,28日,3月25日,プラハ,ルドルフィヌム

スメタナ:わが祖国
在庫情報:残り6点レビュー数:38個

ノイマンは2種類(3種類)あります。一つはスプラフォンの正規盤で、1975年に録音したこのCDです。もう一つは1982年来日時に録音したものです。聴いて比べてみると、1982年盤の方が録音が良いですが、1975年盤も捨てがたく、今でも両方売っていますね。1975年盤は『我が祖国』らしい、民族的な響きが良く録音されていて味わいがあります。特に『モルダウ』『ボヘミアの森と草原から』のような芳醇な曲が名演で、濃厚でふくよかな名演を聴かせてくれます。『ボヘミアの森と草原から』は良くあんな濃厚な響きが出るなぁと感心する位で、とても民族的で芳醇です。

長い間スタンダードとされてきましたが、他の演奏を聴いてから、ノイマンを聴くといわゆる「標準的の演奏」とも少し違うかな?という気がしますね。我が道をまっすぐ進む演奏していて「ノイマンのわが祖国」になっていると思います。

ノイマン=チェコ・フィル (1982年来日ライヴ)

  • 名盤
  • 定番
  • 民族的
  • 自然美

おすすめ度:

指揮ヴァーツラフ・ノイマン
演奏チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

1982年11月5日,東京文化会館(ライヴ)

UHQCD DENON Classics BEST スメタナ:連作交響詩《わが祖国》
在庫情報:通常5~10日以内に発送します。レビュー数:27個

こちらは来日時に録音されたCDです。ノイマンはチェコの指揮者の中でも、素朴で大らかな演奏をする指揮者です。クーベリックのように感情を前面に出すことはなく、独特のテンポ感でわが祖国を演奏しています。特別にスケールが大きいというわけでもなく、中庸で大らかだと思います。

このCDは、1972年正規録音のように芳醇な曲の演奏が素晴らしいです。テンポは少し遅くなった感じです。録音が良くなり見通しが良くなったので、良くも悪くも大分イメージが変わりました。この後、ノイマンは日本の録音技術に惚れ込んだのか、DENONに多くの名演を録音しています。もっとも1972年の正規録音は独特の味のある録音だし、悪い録音ではないので、どちらも良いディスクと言えます。

小林研一郎=チェコ・フィル (1997年)

チェコでの小林研一郎の評価を決定づけた名演
  • 名盤
  • 熱演
  • ライヴ

超おすすめ:

指揮小林研一郎
演奏チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

1997年6月10-12日,プラハ,ルドルフィヌム,ドヴォルザーク・ホール(デジタル/セッション)

スメタナ:連作交響詩「わが祖国」
在庫情報:残り1点 レビュー数:2個

コバケン(小林研一郎)のキャリアはハンガリー国立劇場から始まり、スメタナやドヴォルザークなどの演奏を得意としています。チェコやハンガリーでも本当に人気が高く、自分たちの国の音楽を情熱的に演奏してくれる指揮者として愛されています。

日本での1997年のスタジオ録音がCD化されています。これは凄いことでチェコフィルが外国人の指揮で「わが祖国」をスタジオ録音することはマッケラス以来2人目だそうです。

小林研一郎=チェコ・フィル (2002年)

チェコでの小林研一郎の評価を決定づけた名演
  • 名盤
  • 熱演
  • ライヴ

超おすすめ:

指揮小林研一郎
演奏チェコ・フィルハーモニー管弦楽団

2002年5月12日,プラハ・スメタナホール

わが祖国 [DVD]
在庫情報:残り1点 レビュー数:3個

コバケンのスメタナ『わが祖国』の頂点は2002年プラハの春音楽祭初日のライヴDVDですね。オーストラリア人でチェコ音楽のスペシャリストであるマッケラスに続き、2人目の外国人でした。もっともチェコ人からすると当たり前という位の人気の人選だったようです。

ターリヒ=チェコ・フィル (1954年)

チェコフィル育ての親ターリヒの熱演、演奏レヴェルも高い
  • 歴史的名盤
  • 熱演
  • ダイナミック
  • モノラル

おすすめ度:

指揮ヴァーツラフ・ターリヒ
演奏チェコ・フィルハーモニー

1954年6月10-12,21日,7月2-3日,プラハ,ルドルフィヌム,ドヴォルザーク・ホール

icon アマゾンUnlimitedとは?

モノラルですが、ターリヒ=チェコフィルの演奏もあって、これはダイナミックで祖国愛に満ちた名盤です。ヴァーツラフ・ターリヒチェコ・フィルの3代目の首席指揮者で、今のチェコ・フィルのベースを作った人です。1954年モノラルでノイズが多く音質は良くないですが残響は多めで聴き易く、演奏は熱気があって素晴らしいです。ターリヒは熱演が多いですが、これもその一つです。

『高い城』からふくよかに鳴らしていて、さわやかな演奏です。曲に対する共感の深さが感じられます。『モルダウ』は暖かみがあるチェコ・フィルの響きが素晴らしく、激流での激しい表現はターリヒならではの迫力です。『シャールカ』はスリリングで情熱と迫力があります。『ボヘミアの牧場と森から』ターリヒに合っている曲で、ノイマン顔負けの濃厚な響きを聴くことが出来ます『ターボル』『プラニーク』はダイナミックに盛り上がります。響きもスケールがあり迫力満点です。

これを聴くとターリヒ時代のチェコ・フィルはかなりレヴェルが高かったと思います。わが祖国に限らずヤナーチェク『タラス・ブーリバ』も名盤です。レコードで聴くには特にいい演奏と思います。

レヴァイン=ウィーン・フィル

職人的なレヴァインの指揮とウィーン・フィルの民族性
  • 名盤
  • 定番
  • 職人的
  • 民族的
  • 高音質

おすすめ度:

指揮ジェームズ・レヴァイン
演奏ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

1986年6月,ウィーン,ムジークフェラインザール (ステレオ/デジタル/セッション)

アマゾンUnlimitedとは?

レヴァイン=ウィーン・フィルはチェコ・フィル以外の『我が祖国』の演奏で、もっとも信頼のおける演奏です。レヴァインはスケールの大きな音楽が得意です。ワグネリアンであったスメタナの音楽は得意です。レヴァインは特別細かい味付けはせず、オペラのように自然に演奏しています。ウィーン・フィルのふくよかな音色は隣国のチェコの音楽にも合いますね。ウィーン・フィルだとチェコ・フィルとはまた違った柔らかい響きになります。録音の音質は良く、しっかり各楽器の音を捉えています。

『モルダウ』はいい具合に力が抜けていてテンポ取りも良く、フルートのソロもクオリティが高く、自然でスケールの大きく、響きの心地よい演奏です。『シャールカ』はダイナミックに始まります。レヴァインはこの辺りのテンポ取りは上手いですね。『ボヘミアの牧場と森から』は濃厚に始まりますが、ノイマンなどに比べるとあっさりしている感じです。静かな部分が長いですが、ウィーンフィルが美しい響きを聴かせいます。後半はスケールが大きくリズミカルな音楽になっています。『ターボル』『プラニーク』は、ダイナミックに盛り上がります。

スケールの大きな演奏ですが、レヴァイン=ウィーン・フィルも共感が強くなる所もあります。「ウィーン・フィルが演奏するとこうなるのか」と新しい発見もある演奏です。

クチャル=ヤナーチェク・フィル

新鮮でクオリティの高い『わが祖国』
  • 名盤
  • 定番
  • 自然
  • 高音質

超おすすめ:

指揮テオドレ・クチャル
演奏ヤナーチェク・フィルハーモニー

2007年,オストラヴァ,コンサート・ホール(ステレオ/デジタル/セッション)

icon アマゾンUnlimitedとは?

クチャルはウクライナ人ですが、チェコの音楽に造詣が深い指揮者です。ヤナーチェク・フィルは比較的小編成と思われ、アンサンブルの精度が高いです。また録音も良く分離も良いし、残響も適切です。

『モルダウ』は、フルートの精度の高いアンサンブルから始まり、テンポ取りも変化が大きく、歴史が長く大編成のチェコ・フィルでは味わえない演奏で、これまで聴いたことがないような小気味良い名演です。『シャールカ』も速めのテンポで情熱的です。テンポ取りも上手く舞曲を生かして飽きさせません。『ボヘミアの森と草原から』もかなり濃厚な演奏です。

全曲聴いてみて非常に充実感があります。ヤナーチェク・フィルは上手いですし、チェコ・フィル以外のチェコのオケの演奏も良いなと思います。聴きごたえのある名盤です。

エリシュカ=札幌交響楽団

祖国愛に満ちた深みのある録音
  • 名盤
  • 定番
  • 高音質

おすすめ度:

指揮ラドミル・エリシュカ
演奏札幌交響楽団

2009年10月30日,札幌コンサートホールKitara (ステレオ/デジタル/セッション)

icon

マタチッチ=NHK交響楽団

マタチッチのマッシブな指揮とN響の力強い響き
  • 名盤
  • 定番
  • 熱演
  • 重厚
  • 迫力
  • ライヴ

おすすめ度:

指揮ロヴロ・フォン・マタチッチ
演奏NHK交響楽団

1968年,東京文化会館 (ステレオ/アナログ/ライヴ)

icon

マタチッチはNHK交響楽団およびウィーン放送交響楽団と「わが祖国」を演奏しています。技術的にはウィーン放送交響楽団のほうが余裕がありますが、NHK交響楽団のほうが力強く熱のこもった演奏になっています。そんなわけで、ここではNHK交響楽団との演奏を紹介します。ちょっと金管楽器の音程がいまひとつだったりするのは、ご愛敬ということで。

CD,MP3をさらに探す

CD検索 CD検索 MP3検索

楽譜・スコア

スメタナ作曲のわが祖国の楽譜・スコアを挙げていきます。

ミニチュア・スコア

オイレンブルクスコア スメタナ 連作交響詩《わが祖国》

第1曲〈ヴィシェフラド〉
解説:ジョン・クラブハム

第2曲〈ヴルタヴァ(モルダウ)〉[新原典版]
解説:ミラン・ポスピシル

第3曲 シャールカ
解説:ジョン・クラブハム

第4番 「ボヘミアの森と草原から」

第5番 「ターボル」

第6番 「ブラニーク」

大判スコア

楽譜をさらに探す

楽譜検索 楽譜検索