ブラームス ヴァイオリン協奏曲 名盤レビュー

ヨハネス・ブラームス (Johannes Brahms,1833-1897)作曲のヴァイオリン協奏曲 ニ長調 Op.77 (violin concerto d-dur Op.77)について、解説おすすめの名盤レビューをしていきます。ワンストップでスコアと楽譜まで紹介します。

ドイツ舞曲風の第3楽章が特に有名でしょうか。大曲ですが、全体的にドイツらしい音楽で人気の高いヴァイオリン協奏曲です。

解説

ブラームスヴァイオリン協奏曲について解説します。

「おすすめ名盤レビュー」にジャンプ

ブラームスのヴァイオリン協奏曲は、ロマン派の壮大なヴァイオリン協奏曲の中でも特にスケールの大きさを感じさせる名曲です。ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲を手本としつつ、ブラームスらしく深く考え抜かれた重厚なヴァイオリン協奏曲となっています。

ロマン派の王道といえる風格があり、全体を貫くスケールの大きさと構築的な楽曲構成で、ドイツロマン派を代表するヴァイオリン協奏曲と言えます。

第3楽章の有名なメロディ

3大ヴァイオリン協奏曲の一つ

ブラームスのヴァイオリン協奏曲は、ベートーヴェンメンデルスゾーンのヴァイオリン協奏曲と共に、3大ヴァイオリン協奏曲と言われています。

作曲の経緯

1878年に作曲され、この時ブラームスは45歳でした。交響曲第2番の後ですが、スケールの大きい交響曲第1番を思わせる凝った音楽です。ヴァイオリン協奏曲も、自らがベートーヴェンの後継者であることを意識して、ベートーヴェンのヴァイオリン協奏曲をさらに発展させた力作となっています。

当初は協奏曲の慣例に従わず、4楽章構成で作曲していました。しかし、ヴァイオリニストのヨアヒムに説得され、ブラームスは中間の2楽章を書き直し、一つの緩徐楽章を作曲しました。

初演1879年1月1日にライプツィヒ・ゲヴァントハウスにて、ヨーゼフ・ヨアヒムの独奏、ブラームス自身の指揮、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団により行われました。初演は大成功で絶賛され、各地で繰り返し演奏されるようになります。

楽曲構成

演奏時間は約40分で、一般的なヴァイオリン協奏曲の中では長めです。3楽章構成ですので、第1楽章は約22分と長大です。交響曲と同じ位の長さですね。編成は大きめですが、そこまで大きくは無く、トロンボーンが入っていません。2管編成をベースとしていますが、ホルンは4本です。

編成

独奏ヴァイオリン
フルート×2、オーボエ×2、クラリネット×2、ファゴット×2
ホルン×4、トランペット×2
ティンパニ
弦楽五部

おすすめの名盤レビュー

それでは、ブラームス作曲ヴァイオリン協奏曲名盤をレビューしていきましょう。

Vn:クレーメル、バーンスタイン=ウィーン・フィル

情熱的でクオリティの高いヴァイオリン、伴奏は円熟した奥深さ
  • 名盤
  • 定番
  • シャープ
  • 情熱的
  • ダイナミック
  • スケール感
  • 高音質

超おすすめ:

ヴァイオリン独奏ギドン・クレーメル
指揮レナード・バーンスタイン
演奏ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

1982年9月,ウィーン (ステレオ/デジタル/ライヴ)

icon

クレーメルのヴァイオリン独奏、バックはバーンスタインとウィーン・フィルの演奏です。ライヴですが、クレーメルの技巧は非常に安定しています。録音もしっかりしていて、ヴァイオリンとオケのバランスもとても良いです。バックのバーンスタインは円熟してスケールが大きいですが、自然体で奥深さも感じられます。ウィーンフィルの音色もブラームスに良く合っています。

Vn:バティアシュヴィリ、ティーレマン=シュターツカペレ・ドレスデン

  • 名盤
  • 定番
  • ロマンティック
  • スケール感
  • 高音質

ヴァイオリン独奏リサ・バティアシュヴィリ
指揮クリスティアン・ティーレマン
演奏シュターツカペレ・ドレスデン

2012年6月,ドレスデン (ステレオ/デジタル/セッション)

Vn:ムター、カラヤン=ベルリン・フィル

油絵のような力強さ、伴奏はドイツ的でダイナミック
  • 名盤
  • 定番
  • 力強さ
  • ダイナミック
  • スケール感
  • 高音質

おすすめ度:

ヴァイオリン独奏アンネ=ゾフィー・ムター
指揮ヘルベルト・フォン・カラヤン
演奏ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

1981年 (ステレオ/デジタル/セッション)

icon

ムターのヴァイオリン独奏とカラヤン、ベルリン・フィルがバックを務めた名盤です。ブラームスのヴァイオリン協奏曲の王道の演奏です。油絵のようなムターのヴァイオリン独奏と重厚でスケールの大きなベルリン・フィルの伴奏で、低弦から合わせていくアンサンブルのやり方もドイツロマン派的です。音質は非常によく、スケールの大きな音楽がしっかり録音されています。

第1楽章は、ベルリン・フィルの風格があるスケールの大きな演奏から始まります。カラヤンらしく、昔ながらのドイツ流のアンサンブルで、低弦からしっかり積み重ねた響きで、シャープでダイナミックに盛り上がります。ムターのヴァイオリンもオケのスケールに全く負けず、油絵のような濃厚なレガートで力強く弾いていきます。精神的な力強さを感じますが、ムターのヴァイオリンには艶やかなレガートがあり、女性的な表現も多く見られます。バックの演奏はティンパニを思い切り鳴らしたりダイナミックですが、ドイツ風で懐が深く、その中でムターは力強くも自由に表現しています。

第2楽章は落ち着きがありますが、ブリリアントなムターらしい表現で、力強く艶やかな音色が印象的です。感情表現が非常に力強いです、第3楽章ではドイツ風の民族的なリズムが感じられます。ムターのヴァイオリンも力強さとリズミカルさを持ち合わせていて、有名なメロディを堪能することが出来ます。

ムターの良い所が前面に出た名演と思います。カラヤン、ベルリンフィルの伴奏の完成度も高く、とても聴きごたえのある名盤です。

Vn:シェリング、モントゥー=ロンドン交響楽団

シェリングの表情豊かな演奏とモントゥーの懐の深い伴奏
  • 名盤
  • 定番
  • 表情豊か
  • 自然美
  • ダイナミック
  • スケール感
  • 高音質

超おすすめ:

ヴァイオリン独奏
指揮ピエール・モントゥー
演奏ロンドン交響楽団

1958年,ロンドン,キングズウェイ・ホール (ステレオ/アナログ/セッション)

icon

シェリングブラームスのヴァイオリン協奏曲を得意としており、何度も録音しています。このモントゥー、ロンドン交響楽団との録音は名高い名盤で昔から愛聴されてきたものです。シェリングの表情豊かなヴァイオリン、モントゥーの力みが無く自然な音楽づくりが良く、自然に耳に馴染んできます。音質はステレオ初期のものですが、最近のリマスタリング技術の向上もあって、今でも十分現役と言える音質です。

第1楽章モントゥーの懐の深いスケールのある音楽で始まります。あくまで自然さのあるダイナミックさで、モントゥーはベートーヴェンでも名演を数多く残していますが、それに近い雰囲気です。モントゥーの懐の深い手綱さばきで、シェリングのヴァイオリン独奏の表現が活きています。シェリングはバッハの無伴奏ヴァイオリンの名盤で知られていますが、ブラームスはバッハを良く研究し、このヴァイオリン協奏曲にも活かされています。シェリングはしなやかで優美な響きで、表情豊かに演奏していきます。モントゥーとロンドン響はスケールが大きくダイナミックさもありますがヴァイオリンを邪魔することなく、シェリングの良さを活かしています。カデンツァの軽妙な超絶技巧は素晴らしいです。

第2楽章はさらに自然美が加わり、森の中で森林浴を楽しんでいるかのような瑞々しさです。ルバートなどの表現も適度で、とてもすっきりしています。第3楽章は中庸なテンポで、とてもリズミカルで表情豊かです。有名なメロディを心行くまで楽しませてくれます。モントゥーの伴奏はシャープさがあって、好サポートです。

ブラームスのヴァイオリン協奏曲の本質を突き、自然美と楽しさに溢れた名盤です。

Vn:ヌヴー、イッセルシュテット=北ドイツ放送交響楽団

天才ヴァイオリニスト・ヌヴー最晩年の録音
  • 名盤
  • 定番
  • ロマンティック
  • スケール感
  • 高音質

ヴァイオリン独奏ジネット・ヌヴー
指揮シュミット=イッセルシュテット
演奏北ドイツ放送交響楽団

1948年5月3日 (モノラル/アナログ/ライヴ)

icon

CD,MP3をさらに探す

CD検索 CD検索 MP3検索

楽譜・スコア

ブラームス作曲のヴァイオリン協奏曲の楽譜・スコアを挙げていきます。

ミニチュアスコアとIMSLPどっちが得?

ミニチュア・スコア

大型スコア

楽譜

電子スコア

タブレット端末等で閲覧する場合は、画面サイズや解像度の問題で読みにくい場合があります。購入前に「無料サンプル」でご確認ください。

楽譜をさらに探す

楽譜検索 楽譜検索