大学祝典序曲 (ブラームス)

ヨハネス・ブラームス (Johannes Brahms,1833-1897)作曲の大学祝典序曲 ハ短調 Op.80 (“Academic Festival” Overture, Akademische Festouverture c-moll Op.80)について、解説おすすめの名盤レビューをしていきます。ワンストップでスコアと楽譜まで紹介します。

大学祝典序曲は明るいメロディとリズムでアマチュアオーケストラなどでも人気のある曲目です。

解説

ブラームス大学祝典序曲について解説します。

「おすすめ名盤レビュー」にジャンプ

作曲の経緯

ブラームスは1879年にブレスラウ大学から名誉博士号を授与されました。それに対してブラームスは感謝状を贈りました。しかし大学側は、ブラームスが音楽作品を提出しれくれることを望んでいました。ハイドンの交響曲第92番『オックスフォード』の例もあるように、新しい作品を持って演奏すること普通でした。

推薦人の一人の指揮者のベルンハルト・ショルツの説得もあり、1880年に訪れていた保養地バート・イシュルで、名誉博士号の返礼として『大学祝典序曲』を作曲しました。同時に『悲劇的序曲』も作曲されています。

初演

1880年12月6日にベルリンで『悲劇的序曲』と共に公開試演され、初演は、1881年1月4日にブレスラウ大学によって開かれた特別集会においてブラームスの指揮によりブレスラウのオーケストラ協会により行われました。

曲の構成

『大学祝典序曲』は、自由なソナタ形式です。4つの学生歌を元にした主題を持っています。ブラームス自身は

学生の酔いどれ歌のひどくがさつなメドレー

という毒舌を残していますが、実際は健康的な曲想で、親しみやすいメロディを持ち対位法や主題の変奏などの技術は高度なもので、大学に提出するに相応しくブラームスならではの作曲技法が良く使われています

おすすめの名盤レビュー

それでは、ブラームス作曲大学祝典序曲名盤をレビューしていきましょう。

バーンスタイン=ウィーン・フィル

  • 名盤
  • 定番
  • スケール感
  • 円熟

超おすすめ:

指揮レナード・バーンスタイン
演奏ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

1982年9月,ウィーン(ステレオ/デジタル/ライヴ)

アマゾンUnlimitedとは?

バーンスタインとウィーンフィル大学祝典序曲は、まさに定番と呼べる名盤です。ライヴ録音ですが、音質にも技術的な問題もありません。ウィーンフィルの響きを活かし、適切なテンポ取りでリズミカルに盛り上がります。肩の力が抜けていて、自然な演奏でもあります。

冒頭は速めのテンポで開始します。やがてクレッシェンドしてスケールが増してきます。主題を速めのテンポでしっかり刻んでいます。落ち着いた部分ではウィーン・フィルの響きの良さを活かした自然な味わいがあります。バーンスタインの懐の深い指揮に、ソロが自由な表現で応えています。後半はリズミカルでダイナミックさがあります。それと共に味わい深さもあり、ウィーンフィルのふくよかな響きを堪能できます。有名な主題もリズミカルで楽しく聴けます。ラストはとても盛り上がりますが、低弦の分散和音的な動きが聴こえたりして、大学祝典序曲らしいです。

リズミカルでダイナミックさもあり、ウィーンフィルの味わいのある響きを上手く引き出すとともに、大学祝典序曲のツボを突いた名盤です。

バーンスタイン=ウィーン・フィル

  • 名盤
  • 定番

超おすすめ:

指揮レナード・バーンスタイン
演奏ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

1972年4月(作品56a),1981年10月(作品80,81),ウィーン,ムジークフェラインザール

icon

ワルター=コロンビア交響楽団

速めのテンポのスタンダードな演奏
  • 名盤
  • 定番

おすすめ度:

指揮ブルーノ・ワルター
演奏コロンビア交響楽団

1960年,ハリウッド (ステレオ/アナログ/セッション)

icon アマゾンUnlimitedとは?

ワルターとコロンビア交響楽団の演奏です。昔からの定番で、速めのインテンポで演奏されています。とても分かり易く、聴き所のツボも押さえています。そして、インテンポでも円熟したワルターのタクトは、味わい深さも併せ持っています。

冒頭から軽快で速めのテンポで聴きやすい演奏です。クレッシェンドしてかなりダイナミックになりますが、弦などはアクセントを良くつけていて、シャープで爽快です。コラール風の主題は広々とスケールのある表現です。有名なファゴットの主題も親しみやすい表現です。後半、リズミカルでドラマティックな所も垣間見えます。ツボはしっかり押さえています。最後はダイナミックです。

バーンスタイン盤も名演ですが、ワルター盤は何の躊躇もなく、分かり易いスタンダードな表現で、楽しませてくれます。もしかすると、もっと古い録音では個性的な部分があるのかも知れませんけれど、まだ聴いていませんので。

マズア=ニューヨーク・フィル

高音質でいぶし銀の格調高さ味わえる名盤
  • 名盤
  • 定番
  • いぶし銀
  • 芳醇
  • 高音質

超おすすめ:

指揮クルト・マズア
演奏ニューヨーク・フィルハーモニック

1992-1995年,ニューヨーク,エイヴリー・フィッシャー・ホール (ステレオ/デジタル/ライヴ)

アマゾンUnlimitedとは?

今、最もその真価が認められていない指揮者の一人、クルト・マズアとニューヨーク・フィルの演奏です。そのドイツ的な響きと、紳士的で奥ゆかしい表現はまさに「いぶし銀」です。録音は良いです。

冒頭は速めのテンポで始まります。基本、インテンポで盛り上がってきますが、ニューヨーク・フィルなのでオケの実力は十分すぎる位で、格調を保ちながらダイナミックな演奏が出来ます。響きは十分ドイツ的でゲヴァントハウスが上手くなったようなイメージです。有名なメロディは速めのテンポで演奏しています。バーンスタイン盤のように、簡単に感情を表に出すのではなく、奥ゆかしいですが、同じ位、味わい深い演奏です。派手さや分かり易さには欠けるのかも知れませんが、聴けば聴くほど味わいが深まってくる演奏です。ラストはダイナミックに盛り上がって終わります。

このCDは交響曲第2番がカップリングになっていますが、本当にドイツ的で素晴らしい演奏です。タワーレコードで交響曲全集を買ってもとても割安です。

レーデル=フィルハーモニア・フンガリカ

味わい深いいぶし銀の響き
  • 名盤
  • いぶし銀
  • 芳醇

超おすすめ:

指揮クルト・レーデル
演奏フィルハーモニア・フンガリカ

1989年(ステレオ/デジタル/セッション)

icon アマゾンUnlimitedとは?

レーデルとフィルハーモニア・フンガリカという異色の組み合わせです。しかし、レーデルフィルハーモニア・フンガリカから実に良い、いぶし銀の響きを引き出しています。録音は1989年とは思えない音質の悪さです。東ドイツが崩壊した年の東ドイツのシャルプラッテンの録音ですからね。

冒頭はインテンポで始まります。クレッシェンドしていきますが、ふくよかさがあり、元々自由さがあるフィルハーモニア・フンガリカらしい響きです。スケールが大きく、自由さがある演奏です。コラール風の主題はふくよかな響きで艶やかです。味わい深さがあります。弦のスフォルツァンドを良くつけていて、シャープさがあります。後半は、かなりドラマティックになります。いぶし銀のドイツ的な響きも現れます。この辺りはレーデルの表現で、ある時は引き締め、ある時はオケを自由にしたりと、円熟した指揮者らしいオケのコントロールです。

カップリングの交響曲第4番もまたいぶし銀でいい演奏です。こんな良い演奏が眠っていたとは知りませんでした。アマゾンミュージックは意外な発見が多いですね。

トスカニーニ=NBC交響楽団

少し古いがトスカニーニらしい熱気のある演奏
  • 名盤
  • 定番
  • 白熱
  • モノラル

おすすめ度:

指揮アルトゥーロ・トスカニーニ
演奏NBC交響楽団

1948年(モノラル/アナログ/セッション)

icon アマゾンUnlimitedとは?

トスカニーニとNBC交響楽団のモノラル録音です。トスカニーニらしい力強く熱気のある演奏です。ただ1948年とNBC交響楽団との演奏としては、古めで細かい所が聴きにくい感じです。リマスタリングされ、音質も向上してきました。

冒頭の弱音の部分で既に速めのテンポで熱気を予感させます。クレッシェンドしてくると同時にアッチェランドもしてきて、段々白熱してきます。その後、歌謡的な部分では少しイタリア風の弦がカンタービレで艶やかに歌っています。後半は思い切り盛り上がり管楽器は全開で、予感通り白熱した演奏を聴かせてくれます。ブラームスでここまで加熱するのは、やはりトスカニーニですね。交響曲第1番も燃え上がるような名演ですし。

CD,MP3をさらに探す

CD検索 CD検索 MP3検索

楽譜・スコア

ブラームス作曲の大学祝典序曲の楽譜・スコアを挙げていきます。

ミニチュアスコアとIMSLPどっちが得?

ミニチュア・スコア

電子スコア

タブレット端末等で閲覧する場合は、画面サイズや解像度の問題で読みにくい場合があります。購入前に「無料サンプル」でご確認ください。

楽譜をさらに探す

楽譜検索 楽譜検索