『主よ、人の望みの喜びよ』(バッハ,カンタータ第147番より)

ヨハン・セバスティアン・バッハ (Johann Sebastian Bach,1685-1750)作曲の主よ、人の望みの喜びよ ~ カンタータ 第147番『心と口と行いと生活で』 (“Jesus, joy of man’s desiring” ~ Cantata No.147 “Herz und Mund und Tat und Leben”)について、解説おすすめの名盤レビューをしていきます。最後に楽譜・スコアも挙げてあります。

バッハのカンタータの中でも特に有名な曲です。

アーノンクール=ウィーン・コンツェルトス・ムジクス

解説

バッハの『主よ、人の望みの喜びよ』について解説します。

この曲は、教会カンタータ 第147番『心と口と行いと生活で』の終曲です。カンタータとはプロテスタントの教会で歌われる音楽です。J.S.バッハライプツィヒトーマス教会で、ミサのために沢山のカンタータを書いています。この『主よ、人の望みの喜びよ』だけなら数分ですが、カンタータ 第147番『心と口と行いと生活で』は2部構成で全10曲から成っています。J.S.バッハは、これだけの大きな作品を200曲も作曲していた訳です。

カンタータ 第147番『心と口と行いと生活で』は1723年に聖母マリアの祝日のために作曲されました。

カンタータ≪心と口と行いと生活が≫

■第1部
第1曲 合唱 ハ長調
第2曲 レチタティーヴォ(テノール)
第3曲 アリア(アルト) ハ短調
第4曲 レチタティーヴォ(バス)
第5曲 アリア(ソプラノ) ニ短調
第6曲 コラール(合唱) ト長調


■第2部
第7曲 アリア(テノール) ヘ長調
第8曲 レチタティーヴォ(アルト)
第9曲 アリア(バス) ハ長調
第10曲 コラール(合唱)ト長調『主よ、人の望みの喜びよ』

バッハ・カンタータの森を歩む 1 マリアの3祝日

バッハ専門家磯山氏の解説と共にカンタータを聴く
  • 名盤
  • 定番
  • 高音質

おすすめ度:

演奏バッハ・コンチェルティーノ大阪

さらに詳しい説明は、こんなCDブックがリリースされているので、お薦めです。本当は3巻まであるのですが、ほとんど売り切れで、『主よ、人の望みの喜びよ』が収録されている第1巻のみ入手できそうです。バッハ研究者である礒山 雅が詳しい解説を分かり易く書いています。その当時の時代背景、J.S.バッハの仕事の内容から楽譜のアナリーゼまで、これだけのページ数を割いた本は滅多にないです。バッハ・コンチェルティーノ大阪も誠実でクオリティの高い演奏です。

おすすめの名盤レビュー

それでは、バッハ作曲主よ、人の望みの喜びよ ~ カンタータ 第147番『心と口と行いと生活で』名盤をレビューしていきましょう。

オムニバスで『主よ、人の望みの喜びよ』が単体で入っているアルバムもありますが、ここでは主にカンタータ 第147番『心と口と行いと生活で』が丸ごと入っているCDを見てみます。

アーノンクール=ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス

コスパにも優れた定番中の定番
  • 名盤
  • 定番
  • 古楽器

おすすめ度:

ソプラノベルギウス
アルトランプフ
テノールエクヴィルツ
バスハンプソン
合唱テルツ少年合唱団
指揮ニコラウス・アーノンクール
演奏ウィーン・コンツェントゥス・ムジクス

1983年,1984年

バッハ : カンタータ 第140番&第147番
在庫情報:残り1点レビュー数:10個

[タワレコ]バッハ:カンタータ第140番&第147番
在庫情報:在庫わずかレビュー数:1

J.S.バッハの教会カンタータの中でも特に有名な第140番『目覚めよと呼ぶ声あり』第147番『心と口と行いと生活で』『主よ、人の望みの喜びよ』含む)がカップリングされたCDで昔からの定番です。録音年代は1984年と古いですが、演奏スタイルは確立しており、アーノンクールの実験的な指揮も無く、自然体の演奏です。

録音が古いのと、古楽器を使用しているため、透明感は少ないですが、演奏は素晴らしいです。テンポ取りなどはバロック時代のものを再現していて、速いテンポだと感じるかも知れません。『主よ、人の望みの喜びよ』は特に速く感じるかも知れませんね。

『主よ、人の望みの喜びよ』をカンタータで聴いてみたい方には、最初にお薦めしたいCDです。

鈴木雅明=バッハ・コレギウム・ジャパン

  • 名盤
  • 定番
  • 古楽器
  • 高音質

超おすすめ:

ソプラノ野々下由香里
アルトロビン・ブレイズ
テノールゲルト・テュルク
バスペーター・コーイ
合唱テルツ少年合唱団
指揮鈴木雅明
演奏バッハ・コレギウム・ジャパン

1999年6月,神戸松蔭女子学院大学チャペル

バッハ:カンタータ第147番、第21番
在庫情報:レビュー数:1個

J.S.バッハのカンタータを全曲録音したことで、バッハの世界的権威とも言える鈴木雅明とバッハ・コレギウム・ジャパンの演奏です。

録音は1999年と新しく、残響も適度でとても心地よく聴けます。演奏はレヴェルが高く、非常に丁寧でクオリティが高いものです。バロック・トランペットは難しいのですが、このCDではミスもなく綺麗な音を出しています。弦セクションも透明感があり、バロック・オーボエの柔らかい音色が印象的です。

『主よ、人の望みの喜びよ』はアーノンクールと同じく速めのテンポですが、とても自然に歌っています。とても癒される演奏です。

CD,MP3をさらに探す

CD検索 CD検索 MP3検索

楽譜・スコア

バッハ作曲の主よ、人の望みの喜びよ ~ カンタータ 第147番『心と口と行いと生活で』の楽譜・スコアを挙げていきます。

ヴォーカル・スコア

電子スコア

タブレット端末等で閲覧する場合は、画面サイズや解像度の問題で読みにくい場合があります。購入前に「無料サンプル」でご確認ください。

楽譜をさらに探す

楽譜検索 楽譜検索