バッハ 管弦楽組曲第2番(バディネリ、他)BWV1068【レビュー/スコア/楽譜】

ヨハン・セバスティアン・バッハ (Johann Sebastian Bach,1685-1750)作曲の管弦楽組曲 第2番 ロ短調 BWV1067 (The Orchestral Suite No.2 h-Moll BWV1067)について、解説おすすめの名盤レビューをしていきます。最後に楽譜・スコアも挙げてあります。

管弦楽組曲第2番は全体をフルート・ソロが占めており、編成的にはフルート協奏曲です。ただし、形式はフランス風組曲です。最後の曲、バディネリ(バディヌリ)が有名です。

バディネリ:コープマン=アムステルダム・バロック管

また、ポロネーズも有名です。

第4曲ポロネーズ:サヴァール=ル・コンセール・デ・ナシオン

解説

バッハ管弦楽組曲 第2番 ロ短調 BWV1067について解説します。

組曲全体をフルート・ソロが中心になっています。一方、曲の様式はフランス風組曲というユニークな構成です。イタリア風コンチェルト様式ではないので、フルート協奏曲と呼ばれないのだと思います。

フラウト・トラヴェルソ

バッハの時代だと、フルートの古楽器であるフラウト・トラヴェルソ(あるいは単にトラヴェルソ)が使われていました。古楽器アンサンブルのCDではトラヴェルソが使われているはずです。

バディヌリとは

漠然と舞曲のことです。18世紀に入ってから使われました。バディヌリーは女性名詞で、男性名詞のバディナージュが使われることもあります。この曲の有名なバディヌリはテンポの速い2拍子となっています。

バッハは他の組曲で「余興」の意味で、バディヌリという曲を使っていて、おそらくここでもアンコールに近い意味合いがあるだろう、ということです。ということは、この曲は第6曲メヌエットで一旦終わっているのですね。そう考えれば、曲数が多い理由も分かります。

曲の構成

この曲は短調です。フランス風序曲から始まりますが、短調の哀愁を活かした音楽になっています。

バッハ 管弦楽組曲第2番

第1曲:序曲
フランス風序曲です。

第2曲:ロンド

第3曲:サラバンド
3拍子系の舞曲で、バッハの時代には緩徐楽章のように使用されています。

第4曲:ブーレ I – II – I
2拍子系の少しテンポが速い舞曲です。

第5曲:ポロネーズ

ポーランド宮廷の華麗な舞曲です。有名な曲ですね。

第6曲:メヌエット


第7曲:バディヌリ

おすすめの名盤レビュー

それでは、バッハ作曲管弦楽組曲 第2番 ロ短調 BWV1067名盤をレビューしていきましょう。

古楽器アンサンブル中心に取り上げていますが、フルートソロが中心になるので、フルートの名手が良く取り上げる曲でもあります。

ベルリン古楽アカデミー

小編成で透明感のある美しいサウンド
  • 名盤
  • 定番
  • 品格
  • 透明感
  • 古楽器

超おすすめ:

演奏ベルリン古楽アカデミー

1995年9月

バッハ:管弦楽組曲(全曲)
在庫情報:残り1点レビュー数:4個

[タワレコ]J.S.バッハ:管弦楽組曲(全曲)
在庫情報:在庫わずかレビュー数:1

ベルリン古楽アカデミーは、しっかりした古楽器奏法で演奏しています。短調の雰囲気は淡い感情として出していて、とても品格があります。

第2曲ロンドで2拍子のリズムを揺らしているのは「イネガル」というバロック時代の演奏習慣です。第4曲ポロネーズも、しっかりしたリズムの上で短調の音楽を演奏していて、味わいがあります。フラウト・トラヴェルソのオブリガートもいいですね。第7曲バディヌリは品格があり、そこに淡い感情が入っています。

有田正広=ラ・ストラヴァガンツァ・ケルン

フラウト・トラヴェルソの繊細な音色を愉しむ
  • 名盤
  • 定番
  • しなやか
  • 芳醇
  • 古楽器

超おすすめ:

フルート有田正広
演奏ラ・ストラヴァガンツァ・ケルン

1994年

バッハ:管弦楽組曲全集
在庫情報:残り5点レビュー数:6個

有田正広氏がフラウト・トラヴェルソを吹いたラ・ストラヴァガンツァ・ケルンの演奏です。このCDの特徴は何といってもフラウト・トラヴェルソの音色の暖かみのある美しさです。伴奏のラ・ストラヴァガンツァ・ケルンはテンポは適切ですけど、メリハリが少ない演奏ですね。その代わり有田氏のトラヴェルソの音色はきれいに録音されています。聴けば聴くほど、この演奏の良さが分かってきます。ただ、他の番号はメリハリが少なく、名演とは言えないです。

トラヴェルソは繊細でしなやかな演奏です。あまり音量が大きくないためか、他のパートは小さめに演奏している感じです。教会での演奏に相応しい雰囲気です。ただテンポは十分速く、舞曲などもしっかり演奏しています。フランス風序曲はトラヴェルソ中心に音作りをしていて、常にトラヴェルソの音が聴こえ清涼な雰囲気です。第2曲ロンドは少し遅めですが、素朴なトラヴェルソには丁度良いテンポです。第3曲サラバンドは曲調がトラヴェルソに合っていて味わい深いです。第5曲ポロネーズは小編成の良さが生きていて、とても素朴な味わいです。トラヴェルソのオブリガートも透明感があり、天上の音楽のようです第7曲バディヌリはかなり速いテンポでスリリングです。

有田氏は妥協無くフラウト・トラヴェルソの良さを出し切っていて、素晴らしいです。もう一つ、管弦楽組曲第2番があり、これは日本が誇る浜松市楽器博物館の貴重なトラヴェルソを使った演奏です。ヨーロッパにも楽器博物館は結構ありますが、この浜松市楽器博物館はトラヴェルソに限らず、貴重なチェンバロなど歴史的楽器を所有しているので、機会があったら行ってみることをお薦めします。

有田正広の演奏によるバロック時代のフラウト・トラヴェルソの音色
  • 名盤
  • 古楽器

リコーダー宇治川朝政
ヴァイオリン戸田薫、パウル・エレラ
ヴィオラ成田寛
チェロ武澤秀平
ヴィオローネ諸岡典経
チェンバロ有田千代子
フラウト・トラヴェルソ有田正広

2010年5月4-7日,アクトシティ浜松音楽工房ホール

サヴァール=ル・コンセール・デ・ナシオン

トラヴェルソのふくよかな響きと低音の効いた渋い通奏低音
  • 名盤
  • 定番
  • 芳醇

超おすすめ:

指揮ジョルディ・サヴァール
演奏ル・コンセール・デ・ナシオン

1990年8月,メッツ,グランド・サル・ドゥ・ラルセナル

Orchestral Suites Nos.1-4
在庫情報:レビュー数:15個

[タワレコ]J.S.バッハ: 管弦楽組曲(全曲)
在庫情報:お取り寄せレビュー数:1

フランス風序曲から通奏低音の低音が充実していて渋い響きを醸し出しています。フラウト・トラエヴェルソも柔らかい音色で味わいのある演奏です。装飾の類が非常に自然につけられています。サヴァールはガンバ奏者なのですが、ソロだけでなく、他のパートにも聴きどころが多い演奏です。

第4曲ポロネーズは、管弦楽がしっかりしたリズムを刻み、味わいのある演奏です。特に中間部のフラウト・トラエヴェルソのオブリガートが素晴らしいことと、主旋律のチェロもさすが渋くて素晴らしい演奏です。第6曲メヌエットは落ち着いた演奏で味わい深いです。第7曲バディヌリはスピード感もあり渋い響きの中で格調の高い演奏になっています。

コープマン=アムステルダム・バロック管

すっきりしたテンポの速い爽快な名盤
  • 名盤
  • 定番
  • スリリング
  • 古楽器

おすすめ度:

指揮トン・コープマン
演奏アムステルダム・バロック管弦楽団

1997年

バッハ:管弦楽組曲
在庫情報:残り4点レビュー数:11個

コープマン2度目の録音です。一度目は1988年でまだ古楽器奏法が確立していなかった時代です。今回は1997年と大分古楽器奏法が確立してきた段階での再録音です。いつものように快速テンポで情熱的な演奏を繰り広げています。特に短調のこの曲にはコープマンの解釈は合うようです。速めのテンポですが、それが感情的な表現につながっていて、「ポロネーズ」も「バディヌリ」も非常に名演です。廉価盤ですが、演奏内容は素晴らしいです。

リヒター=ミュンヘン・バッハ管

遅すぎるフランス風序曲、舞曲は聴けるテンポ
  • 名盤
  • 定番
  • 芳醇

おすすめ度:

フルートオーレル・ニコレ
指揮カール・リヒター
演奏ミュンヘン・バッハ管弦楽団

1960年-1980年,ミュンヘン

リヒター=ミュンヘン・バッハ管弦楽団はモダン楽器でも古いスタイルの演奏ですね。第1曲フランス風序曲は、古楽器アンサンブルの倍くらいのテンポで演奏しています。カラヤンの方が自然に聴こえる位です。

舞曲になるとリヒターの方が自然なテンポ取りになります。第3曲サラバンドも遅いですが不自然なほどではないです。第4曲ポロネーズも少し遅い程度できちんとポロネーズに聴こえます。舞曲のテンポ取りが遅すぎるカラヤンに比べると、有名な曲は聴きやすいです。第7曲バディヌリはやや速めのテンポでスリリングもあります。フルートニコレは譜面に充実にしっかりした演奏を繰り広げています。

カラヤン=ベルリン・フィル (1964年)

重厚な響きだが、遅めのテンポで味わいがある
  • 名盤
  • 定番
  • 重厚
  • 格調

おすすめ度:

フルートカールハインツ・ツェラー
指揮ヘルベルト・フォン・カラヤン
演奏ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

1964年8月,サンモリッツ

バッハ:管弦楽組曲第2番&第3番
在庫情報:残り1点 レビュー数:3個

カラヤン=ベルリンフィルによるモダンオーケストラの演奏です。しかも1960年代とまだバロック音楽が流行りだした頃で古楽器奏法もなく、カラヤンが重厚な演奏をしている時代のものです。ここまで重厚で大迫力のフランス風序曲はある意味、凄いです。その後は、フルート・ソロが中心でオケはサポート役に徹しています。テンポ以外にそれほど違和感を感じないのは、ヴィブラートが控えめだからだと思います。

フルート・ソロカールハインツ・ツェラーによるものです。例えばドビュッシーの「牧神の午後の前奏曲」でもフルートソロを担当した名手です。明るい音色の中に悲哀に満ちたソロで味わいがあります。ポロネーズなど、カラヤンの少し遅いテンポ取りは今一つですが、最終曲のバディヌリは良い演奏です。

CD,MP3をさらに探す

CD検索 CD検索 MP3検索

楽譜・スコア

バッハ作曲の管弦楽組曲 第2番 ロ短調 BWV1067の楽譜・スコアを挙げていきます。

ミニチュア・スコア

電子スコア

タブレット端末等で閲覧する場合は、画面サイズや解像度の問題で読みにくい場合があります。購入前に「無料サンプル」でご確認ください。

楽譜をさらに探す

楽譜検索 楽譜検索