幻想交響曲 Op.14 (ベルリオーズ)

エクトル・ベルリオーズ (Hector Berlioz, 1803~1869) 『幻想交響曲』(Symphonie fantastique) 作品14は1930年に初演された作品です。このページでは、幻想交響曲の解説のあと、お薦めの名盤をレビューしていきます。ワンストップでスコア・楽譜も紹介しています。

人気のある交響曲ですので、沢山の名盤がありますので、ご紹介します。アバド、ミュンシュなど、モダン・オーケストラによるものと、ロト、ガーディナーら古楽器オーケストラによるものがあります。古楽器オケではオフィクレイド、セルパンなどの当時の楽器を使っています。

プレートルの変態的演奏!

解説

ベルリオーズ作曲の『幻想交響曲』の解説をします。

「おすすめ名盤レビュー」にジャンプ

若い作曲家の女優への恋

ベルリオーズは1927年にシェイクスピア劇団を観ますが、その舞台に出演していたハリエット・スミスソンに熱烈な恋をします。そして恋文を書いたり、面会したいといったり、情熱的な行動に出ます。しかし相手は大女優です。まだ若い作曲家のベルリオーズは相手にされませんでした

ベルリオーズはその感情を元に幻想交響曲を作曲しました。1832年、ハリエット・スミスソンは幻想交響曲を聴きに来ます。そしてベルリオーズとスミスソンは1833年に結婚します。ある意味、こんな異常な精神状態で書かれた交響曲です。センセーショナルでしたが、当時は好意的に受け入れられ、注目されました。再演も行われ、当事者のハリエット・スミスソンも聴きに来たくらいです。

ベルリオーズスミスソンはその後も順調に結婚生活を続けますが、有名人同士の結婚にありがちな話ですが、二人の仲は結婚して2年もすると冷え込みはじめ、1843年にスミスソンとの仲たがいが決定的になり、その後、スミスソンが病気で世を去るまで別居生活になってしまいます。ベルリオーズの性格を見るに精神的に病気に近い所があると思われますし、もともと時間の問題だったのかも知れません。ただスミスソンが亡くなるまで別居状態でしたが、離婚はしませんでした。

早すぎたロマン派の大作

ベルリオーズは個人的な強い感情を交響曲に反映させており、非常にロマンティックな交響曲となっています。しかも、ベルリオーズは幻想交響曲の登場人物と同じく、アヘンを吸いながら作曲していたことをほのめかしています。色々な演奏を聴いていると『幻想交響曲』は青春時代を思い出させるようなイメージにも満ちています。それって筆者の歳が行っているから分かることでもありますけどね。多くの演奏家はグロテスクさよりは、青春期によくあるような繊細で鋭いインスピレーションを強調しています。

いずれにせよ、これだけ強烈な感情の入った交響曲ですから、ロマン派交響曲を大きく発展させたことは間違いありません。ベートーヴェンが交響曲第9番を作曲したのは1824年であり、ベルリオーズ幻想交響曲を書き始めたのは1828年ごろであると思われます。ということは、ほぼ同時代なのすね。しかし、ベートーヴェンは初演の3年前に亡くなっており、幻想交響曲は聴けませんでした。

学校ではベートーヴェンの交響曲第6番『田園』の後を継ぐ曲として、幻想交響曲が教えられますが、これは標題付き交響曲であることと、幻想交響曲の第3楽章「野の風景」パストラルに近いからだと思います。

ある夏の夕べ、田園地帯で、彼は2人の羊飼いが「ランツ・デ・ヴァッシュ」を吹き交わしているのを聞く。

第3楽章の作曲者本人による説明にも上記のような文が出てきて、確かにパストラルの影響を受けている、とは言えますね。まあでも「田園」の後継、とするのは形式的すぎるかなぁ、と思いますけど。第4、第5楽章では様相は全然違ってきます。第4楽章は「断頭台への行進」第5楽章は「魔女の夜宴の夢」で、パストラルとは大分違いますね。

もっとも自伝からベルリオーズがベートーヴェンを尊敬していて、大きな影響を受けたのは間違いないようです。ただ影響を受けたのは音楽の内容だと思います。また第5楽章は、後にムソルグスキーの「禿山の一夜」(原典版)に影響を与えた情景です。ベルリオーズはムソルグスキーだけでなくロシア音楽全体に強い影響を与えています。

特殊楽器:オフィクレイド、セルパン、他

ベルリオーズ早く生まれ過ぎた天才作曲家です。幻想交響曲はスケールが大きいため低音域も充実させたいところですが、当時は金管楽器のチューバはまだありませんでした。その前身となるのがオフィクレイドセルパンです。オフィクレイド1817年にパリの楽器製作家アラリが考案しました。長い管長を持つ金管楽器で、蛇のように少し細目の管が絡み合っています。キーシステムはサックスに近いものになっています。

動画のとおりですが、チューバとは大分音色が違いますし、音量も小さいです。セルパンは管長を長くするためにくねくねとした形になっています。これもマウスピースを使った金管楽器です。

こちらも、今のチューバとは大分音色が違いますね。現在ではコントラファゴットチューバの組み合わせになります。でもチューバは音量が大きいので、コントラファゴットを消さないように吹かないといけません。

ベルリオーズはこれらの楽器を好きで使ったとはいえないかも知れません。当時は他に選択肢がなかったのです。セルパンは1700年代に使われ始めましたが、オフィクレイドは出来たばかりです。でも結果としてそれらの楽器を使用した譜面を書いたわけで、簡単にはチューバに置き換えられません。なかなか難しいところですね。

おすすめの名盤レビュー

ベルリオーズ作曲の『幻想交響曲』のおすすめの名盤をレビューしていきます。モダン・オーケストラが録音したものが多いです。

作曲時期がベートーヴェンの直後なので、古楽器やピリオド奏法での演奏も大きな意味があり、そのようなCDも多いです。こちらは、次の章でレビューしたいと思います。また、歴史的名盤が多いのも特徴です。例えばミュンシュ=パリ管の演奏などです。これは別の章に分けました。

エッシェンバッハ=パリ管弦楽団

エッシェンバッハの濃厚な感情表現
  • 名盤
  • 定番
  • 繊細
  • 情感
  • スリリング
  • 高音質

超おすすめ:

指揮クリストフ・エッシェンバッハ
演奏パリ管弦楽団

2002年4月(ステレオ/デジタル/セッション)

エッシェンバッハとパリ管の演奏ですが、これは名盤です。特に感情表現が素晴らしく、エッシェンバッハのシューマン全集を思い出します。エッシェンバッハのベルリオーズ『幻想交響曲』の感情表現は本当に素晴らしいです。こういう演奏はネガティブな表現になりがちで、実際それが正しいのでしょうけど、エッシェンバッハは不健康な表現を使わずに上手く主人公の感情を描くことに成功しています。

第1楽章情感豊かでネガティブな苦しみに近い感情も入っていますが、基本的に前向きで、繊細ですが美しさもあります。これはパリ管の音色も良い方向に作用しています。第2楽章は軽やかな演奏ですが、これも情感豊かです。第3楽章情感豊かでエッシェンバッハの感情表現の上手さが良く出ていますパリ管の色彩感も上手く活かして、パストラルの雰囲気を出しています。

第4楽章速いテンポでスリリングです。特に強い感情が入っている感じでは無く、軽快な演奏で聴きやすいです。第5楽章テンポの変化が激しく、感情を入れてキレのある演奏を繰り広げています。テンポがどんどん速くなりスリリングです。鐘の音はキリスト教の教会の鐘の音のようです。綺麗に録音されていますね。その後もリズミカルにダイナミックに盛り上がります。直截的な表現はないのですが、グロテスクさも結構入っていると思います。聴いていて物足りないことはありません。

DVD、ブルーレイもあります。

エッシェンバッハ=パリ管弦楽団

  • 名盤
  • 定番
  • 繊細
  • 情感
  • スリリング
  • 高音質

超おすすめ:

指揮クリストフ・エッシェンバッハ
演奏パリ管弦楽団

アバド=シカゴ交響楽団

スタンダードとして完成度の高い名盤
  • 名盤
  • 定番
  • ダイナミック
  • 高音質

超おすすめ:

指揮クラウディオ・アバド
演奏シカゴ交響楽団

1983年,シカゴ,オーケストラ・ホール(ステレオ/デジタル/セッション)

アマゾンで見る
ベルリオーズ:幻想交響曲

在庫:残り2点レビュー数:18個

アバド=シカゴ交響楽団のディスクは、録音からかなり経っていますが、今でも十分素晴らしい演奏で定番といえます。音質は今でも十分通用するレヴェルです。

演奏は、幻想交響曲らしい変化の激しいもので、かなり幻想交響曲の本質をついていると思います。第1楽章のクレッシェンドとダイナミックさは若いころのアバドの良い面が出ています。演奏はシカゴ交響楽団なので非常にスケールの大きさもあり、よい組み合わせだな、と思います。第3楽章などはシカゴ交響楽団のドライなサウンドが曲の雰囲気に非常によくあっていて、アバドも遅めのテンポでじっくり演奏しています。第4楽章、第5楽章はアバドは速めのインテンポで力強く、かつスタイリッシュに演奏しています。

全体として上手く整理されていて、完成度が高い演奏です。当時のアバドの演奏としても、ここまで完成度の高い演奏はなかなか無いですね。

コリン・デイヴィス=アムステルダム・コンセルトヘボウ管

ベルリオーズのスペシャリストによるクールな名盤
  • 名盤
  • 定番
  • クール
  • ダイナミック
  • 高音質

超おすすめ:

指揮コリン・デイヴィス
演奏アムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団

1974年1月(ステレオ/アナログ/セッション)

アマゾンで見る
ベルリオーズ:幻想交響曲

在庫:残り9点 レビュー数:5個

コリン・デイヴィスはベルリオーズを高く評価し、ベルリオーズのスペシャリストとしてベルリオーズの全作品を録音しています。とりわけ、歌劇「トロイアの人々」は忘れられていましたが復刻上演は注目され、現在ではオペラハウスのレパートリーになっている位です。ベルリオーズを得意とするコリン・デイヴィスと透明なサウンドを持つアムステルダム・コンセルトヘボウ管弦楽団の幻想交響曲です。コリン・デイヴィスの指揮とコンセルトヘボウの音色が絶妙にマッチした名盤です。

第1楽章から独特の響きでベルリオーズらしい雰囲気を盛り上げています。言葉で表現するのは難しいですが、透明感がありつつもドライさのある響きです。コンセルトヘボウ管の響きは透明感と独特の色彩がありますが、そこにコリン・デイヴィスはドライさを加えています。テンポはスタンダードですね。この音色は曲全体を貫いています。第2楽章は弦の色彩的な音色が印象的です。第3楽章ドライで広大な響きで始まります。この楽章は演奏者のこの曲に対する考え方が良く出ますね。コンセルトヘボウ管の色彩感はそのままにドライさのある響きで、砂漠にでもいるような雰囲気です。中間付近で雰囲気が少し変わり感情表現豊かな演奏となります。

第4楽章はスケールの大きな演奏です。テンポも標準か少し遅い位で、テンポが急に速くなることもありません。スタンダードな演奏ではありますが、色彩感とダイナミックさもあり、独特の世界観があります。第5楽章は、コンセルトヘボウ管の色彩感を活かした演奏で、グロテスクさあり、ダイナミックさあり、色彩感もあり、色々な表情がついていて楽しめます。鐘の音は少しグロテスクさを感じるものがあります。テンポの急な変化は無く、ストレートなグロテスクさは無く、ダイナミックさを増していき、最後は盛り上がって終わります。

このコンセルトヘボウ管との幻想は、少し古さを感じる録音ですが、内容は素晴らしく、コリン・デイヴィスのベルリオーズのイメージを上手く再現していると思います。

ハイティンク=ウィーン・フィル

ウィーン・フィルから色彩感を引き出した名盤、色彩の饗宴
  • 名盤
  • 定番
  • 色彩感
  • 表情豊か

おすすめ度:

指揮ベルナルド・ハイティンク
演奏ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

1979年4月,ウィーン,ゾフィエンザール(ステレオ/アナログ/セッション)

アマゾンで見る
ベルリオーズ:幻想交響曲

在庫:残り1点 レビュー数:8個

ハイティンク幻想交響曲以外にも、ストラヴィンスキー、ラヴェル、ドビュッシーなど、近現代で若者に人気のある曲目も沢山録音してきました。ただハイティンクの昔の録音は最近ではあまり人気がないようですね。今でも高く評価されているのが、このウィーンフィルとの幻想交響曲です。

第1楽章ウィーン・フィルとは思えない色彩感を上手く引き出し、少しドライなテクスチャも感じさせます。弦が急激に盛り上がり、少しドライな感情表現もいいですね。フランス音楽的な色彩感で溢れています。コリン・デイヴィスに似ている気もしますが、ウィーンフィルの方がふくよかな響きを出していて、違いも大きいです。言葉にするのが難しいですが、絶妙な色彩感で聴いていて飽きることはありません第2楽章もドライさのある色彩感で、華やかな舞踏会と主人公の感情の対比が上手く描かれています。第3楽章は色彩的でウィーン・フィルの美音が堪能できます。まさにパストラルです。

第4楽章速めのテンポでキレの良い演奏です。テンポの急な変化は無く、丁寧な解釈です。色彩感は相変わらずでリズムと響きを堪能できます。第5楽章ハイティンクらしい丁寧さのある演奏です。良く聴くとグロテスクさも表現しています。ウィーンフィルの管楽器も好調でダイナミックにキレの良い演奏を聴かせてくれます。鐘の音色は独特というか、響きが長く倍音の方が強く聴こえます。色彩に満ちた不思議な世界ですね。テンポ取りは丁寧ですが、響きが素晴らしく、ホールの中を色々な響きが駆け抜けていきます。魔女の饗宴を上手く描いていると思います。

ハイティンクというと真面目なイメージがありますが、しっかりした演奏の中にウィーンフィルの色彩感のある響きがブレンドされ、とても良い演奏になっています。

バレンボイム=シカゴ交響楽団

おすすめ度:

指揮:バレンボイム(ダニエル)、シカゴ交響楽団

バレンボイムは、幻想交響曲を非常にスケール大きく描いています。シカゴ交響楽団のドライなサウンドも非常に合っていて、アバド盤よりもシカゴ交響楽団の良さを活かしていると思います。

全体的にテンポが遅めで、急にテンポアップしてくることもありません。フォルテになるとシカゴ交響楽団のスケールの大きなサウンドを聴くことが出来ます。アバド盤で、すぐテンポアップしてしまうのが好みに合わない人は、バレンボイム盤のほうがいいと思います。

なお、バレンボイムはベルリンフィルとも録音しています。

プレートル=ボストン交響楽団

  • 個性的名演

おすすめ度:

指揮:プレートル(ジョルジュ)、ウィーン交響楽団

ベルリオーズ:幻想交響曲/他
5.0/5.0レビュー数:1個

プレートルとウィーン交響楽団との演奏は、このページの上で紹介している来日時の演奏に比べると、大分まろやかな感じです。とはいえ、CD化されている演奏の中では最もユニークな部類に入ります。フランスのオーケストラと録音してくれればもっと良かったのではないかと思いますが、ウィーン交響楽団は技術的には一流ですから、必要十分ではあります。ただ、プレートルならもっとやれるはず、という気はしますね、どうしても…

と探していた所、ボストン交響楽団との演奏も見つけました。やはりボストン交響楽団は上手いです。独特のテンポ設定は確立しています。少し古い録音なのか、音質がもう一つですね。それを加味して聴くと来日時の演奏よりもいいかも知れません。

  • 個性的名演

おすすめ度:

指揮:ジョルジュ・プレートル、ボストン交響楽団

Berlioz: Symphonie Fantastique
5.0/5.0レビュー数:1個

ケーゲル=ドレスデン・フィル

重くグロテスク、魔物が沢山出そうな演奏
  • 名盤
  • 共感
  • 重厚
  • いぶし銀

おすすめ度:

指揮ヘルベルト・ケーゲル
演奏ドレスデン・フィルハーモニー管弦楽団

1984年1月24-27日,3月10日,ドレスデン,ルカ教会(ステレオ/アナログ/セッション)

アマゾンで見る
ベルリオーズ:幻想交響曲

在庫:残り1点レビュー数:9個

Berlioz: Symphonie Fantastique
在庫:在庫あり

ケーゲルとドレスデンフィルの幻想交響曲です。賛否両論の演奏ですが、根底に流れる不気味さは、幻想交響曲のベルリオーズが見たであろう、悪夢を再現しています。表面的には割と普通で、この有名な曲をストレートに不気味な曲にはしていないようです。オケの金管があまり好調では無いので、世界観を理解するまで少し時間がかかるかも知れません。

第1楽章は乾いたサウンドで遅いテンポです。平板な響きの中に何か絶望感すら感じさせられます。弦のアッチェランドはそれなりに盛り上がります。非常に遅いテンポとなり、ホルンが白昼夢のような薄い音を出しています。テンポが遅い個所が多いですが、テンポが遅い方が独特の緊張感がでます。第2楽章もテンポが遅く、まるで遠くから華麗な舞踏会を見ているようです。第3楽章に至っては無の境地と言った感じで、何もない砂漠のようです。段々と感情が入ってきて救いのような平穏な場面になりますが、絶望的な感情も出てきます。色々な要素があって第3楽章が一番聴きごたえがあります。

第4楽章は遅めの一定のテンポで進みます。第5楽章は聴けば聴くほどグロテスクさがあり、ただケーゲル自身もグロテスクさばかりを表に出しているわけではありません。ただ噂の鐘の音のグロテスクさは隠せませんね。本当に日本の仏教寺院の鐘のようです。スケールも大きく、スリリングさは無く、むしろ落ち着いています。本当の不気味さは行間ににじみ出ているように思います。後半に向かってはダイナミックに盛り上がりますが、金管もティンパニも鋭い音色で頑張っていますが、録音の関係もあってか、ダイナミクスが弱めです。リマスタリングされた出来るだけ音質が良いディスクを選んだほうが良さそうです。

幻想交響曲の古楽器演奏

ロト=レ・シエクル

★ピリオド楽器を使用した実験的名盤!

ロト=レ・シエクルですが、「幻想交響曲」は2009年からまだ10年ちょっとしか経っていないのに再録音しました。なんと2019年の録音ですね。

いろいろな古楽器オーケストラが「幻想交響曲」を録音してきましたが、この新録音で定評あるガーディナー盤よりもさらに当時のオーケストラに忠実な古楽器を使用しています。古楽器オケと一言でいっても、時代によって楽器は変わっていきますから、単に古いだけではなく、ちょうどその時代に使われていたであろう楽器を準備できれば、ちょうど良いです。

しかもベルリオーズは、時代を超えた作曲家であったため、当時のオケは理想とはかけ離れたオーケストラであった可能性が高いです。そのあたりをどう解釈するか、というのは難しい問題ですね。

幻想交響曲といえば、オフィクレイドやセルパンが有名ですが、今は他の楽器で代用されています。そのため、低音域は今のオーケストラのほうがはるかに充実しています。必ずしも当時の楽器を使うことがベルリオーズの理想に近づくことでは無いかも知れません。

ハープは、バロックのものを2台ではなく4台使っています。しかも、鐘は2013年に鋳造したものを使用しているとのこと。単に古いだけではなく、その内容にもこだわりが見えます。

結局、どんな演奏になったのでしょうか?それは聴いてのお楽しみですが、ロトの指揮はいつもながら熱気あふれるものです。低音域が軽い分、オフィクレイドやセルパンなどの古楽器が聴こえてきます。

ガーディナー=オルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティク

★バロックオケによる定番の幻想交響曲

  • 名盤
  • 古楽器

おすすめ度:

指揮:ガーディナー(ジョン・エリオット)、オルケストル・レヴォリュショネール・エ・ロマンティーク

ベルリオーズ:幻想交響曲
3.6/5.0レビュー数:5個

少なくとも古楽器オケの中では、ガーディナー盤が一番上手いです。DVDで映像も一緒に見ることをお薦めします。当時の楽器を見ることが出来てとても参考になると思います。

古楽器オケだと大体モダンオケに比べて、演奏能力が下がってしまうことが多いのですが、ガーディナー=オルケストル・レヴォリュショネル・エ・ロマンティクは違います。もしかすると部分的にはモダンオケよりも上手いかも知れません。

ノリントン=ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ

★昔の尖ったノリントンが残した名盤

  • 古楽器

おすすめ度:

指揮:ノリントン(ロジャー)、ロンドン・クラシカル・プレイヤーズ

ノリントン=ロンドン・クラシカル・プレイヤーズは、ガーディナー盤と比べてしまうと、ちょっと音が硬い感じです。

最近ノリントンはモダンオケとノンヴィブラート奏法を試していますが、当時のノリントンは先鋭的な指揮をしていました。そのため、曲によっては良い所も出てくるのですが、なぜか音色が硬めな録音も多いです。幻想交響曲はガーディナー盤のほうに軍配が上がりそうです。

幻想交響曲の歴史的名盤

歴史的名盤としましたが、今でも人気があり、良く聴かれる演奏も多いです。ただ、その後、沢山録音されているため分けています。

ミュンシュ=パリ管弦楽団

ミュンシュは古き良きフランスの指揮者の一人です。ただクリュイタンスやプレートルに比べると、直球勝負で熱い演奏をする指揮者です。このCDはLP時代は幻想交響曲の代表的名盤でした。また、ブラームスなどのドイツものも得意で、熱のこもった演奏をしています。

そのミュンシュの名盤の中でも屈指の名盤がこのディスクです。ロマンティックな熱い表現が全曲を貫いています。パリ音楽院管弦楽団が解体して、後継のパリ管弦楽団が発足して間もないころの演奏でもあり、まだフランス的な色彩的な良く残っていますね。

ストレートなので気分よく聴けますし、フランス的な味わいのある部分もあり、技術的にはその後の演奏のほうが上ですが、今聴いても古さは感じさせません。とても気分よく聴ける熱狂的な演奏です。録音もダイナミクスが入り切っていない感じで、あまり良いとは言えませんが、爆演の雰囲気は良く伝わってきますね。

幻想交響曲で爽快感、というのも本当はちょっと違うのかも知れませんけれど、よく聴いていると熱気が突き抜けてグロテスクさが出てくる時があり、やはり凄い演奏だと思います。

上手さではミュンシュ=ボストン交響楽団のほうが上なのですが、このパリ管とのオーケストラが沸騰しそうな爆演も凄いです。

Charles Munch Conducts / [DVD] [Import]
  • ライヴ録音

Charles Munch Conducts / [DVD] [Import]
4.8/5.0レビュー数:7個

パレー=デトロイト交響楽団

  • 歴史的名盤

指揮:パレー(ポール)、デトロイト交響楽団

ベルリオーズ:幻想交響曲 他
5.0/5.0レビュー数:3個

幻想交響曲のDVD

小澤征爾=サイトウキネンオーケストラ

ミュンシュ=日本フィル・ハーモニー

  • ライヴ録音

おすすめ度:

ミュンシュ=日本フィルは、演奏はパリ管やボストン交響楽団にはさすがに及ばないですが、ミュンシュの熱気あふれる指揮ぶりは健在で、そのエネルギーの凄さには舌を巻きます。日本フィルだからといって、オケに合わせた指揮をする訳ではないんですよね。日本フィルも全力で演奏していて、時に凄いサウンドを出しています。

ミュンシュの幻想交響曲全曲の映像など、他ではなかなか出てこないですし、日本フィルのシリーズはとても気に入っているのですが、ベルグルンドとのシベリウス5番という名盤も今は見当たりませんし、欲しい人は早めに入手しておいたほうが良さそうです。

マイケル・ティルソン・トーマス=サンフランシスコ交響楽団

前半はドキュメンタリー、後半は全曲演奏です。非常にクオリティの高い映像で、コルネットもよく見えます。

ドキュメンタリーは英語で、幻想交響曲の解説をしています。英語の字幕もついています。リハーサル風景なども含みますが、かなり長いドキュメンタリーで50分程度です。

演奏はさすがマイケル・ティルソン・トーマスで非常に明晰で知的なものです。特に古楽器やピリオド奏法ではありませんが、幻想交響曲をよく知りたい人には非常に役に立ちそうな演奏で、スコアを見ながら要所を繰り返し見るのに適していると思います。

CD,MP3をさらに探す

CD検索 CD検索 MP3検索

楽譜・スコア

ベルリオーズ作曲の幻想交響曲の楽譜・スコアを挙げていきます。

ミニチュアスコアとIMSLPどっちが得?

ミニチュアスコア

Symphonie Fantastique Op. 14
4.0/5.0レビュー数:2個

大判スコア

楽譜をさらに探す

楽譜検索 楽譜検索

TODO:

ケーゲル=ドレスデン・フィル