モーツァルト 交響曲第25番ト短調K.183

ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルト (Wolfgang Amadeus Mozart, 1756~1791)交響曲第25番 ト短調 K.183について、解説おすすめの名盤レビューをしていきます。

映画「アマデウス」で有名な交響曲です。

アマデウス [DVD]
レビュー数:2,965個
残り5点

解説

モーツァルト交響曲第25番 ト短調の解説をしていきます。

1773年にモーツァルトが17歳の時、ウィーンに滞在した時に作曲した作品です。

この頃、ちょうどウィーンでハイドンが活躍し、「シュトルム・ウント・ドラング期」(疾風怒濤期)で、激しい感情を持つ短調の交響曲を作曲していた時期でした。

ハイドンはモーツァルトに大きな影響を与え、激しい感情を持つ作品を作曲しました。ト短調でストレートであることと、第1楽章の主題があまりにキャッチーで、当時のモーツァルトの天性を最大限発揮した作品です。第1楽章以外も、第2楽章はまだまだ発展途上ですが、それ以外の楽章は十分才能が感じられる大人の作品です。

曲の構成

交響曲第25番 ト短調は典型的な4楽章構成です。演奏時間は25分程度ですが、全楽章がどこかで聴いたことがあるメロディで出来ているという凄い曲です。

第1楽章:アレグロ・コン・ブリオ

ト短調でソナタ形式です。序奏なしで、いきなり有名な主題が現れます。

第2楽章:アンダンテ

安らぎのある楽章です。ヴァイオリンは弱音器をつけて演奏します。ヴァイオリンの旋律にファゴットが寄り添う第1主題、ヴァイオリンによる安らぎのある第2主題を元に展開されていきます。

第3楽章:メヌエット

ト短調のメヌエットです。トリオではのどかな雰囲気に変わります。

第4楽章:アレグロ

ト短調でソナタ形式です。第1主題を中心に悲痛な感情を持つ楽章です。

おすすめの名盤レビュー

モーツァルト交響曲第25番 ト短調のおすすめの名盤をレビューしていきます。

モーツァルトの第25番、あるいはそれより前の作品はやはりピリオド奏法か、古楽器オケで聴くのが一番です。モダンオケは指揮者によりますが、かなりテンポが遅いものが目立ちます。

コープマン=アムステルダム・バロック管

  • 名盤
  • 円熟

おすすめ度:

指揮:トン・コープマン,アムステルダム・バロック管弦楽団

バーンスタイン=ウィーン・フィル

  • 名盤
  • 円熟

おすすめ度:

指揮:レナード・バーンスタイン,ウィン・フィルハーモニー

1988年10月,ウィーン,ムジークフェライン

ベーム=ベルリン・フィル

  • 名盤
  • 円熟

おすすめ度:

指揮:レナード・バーンスタイン,ベルリン・フィルハーモニー

1968年2-3月,ベルリン,イエス・キリスト教会

アーノンクール=ウィーン・コンツェルト・ムジクス

  • 名盤
  • 古楽器

おすすめ度:

指揮:ニコラウス・アーノンクール,ウィーン・コンツェルト・ムジクス

1990年-2000年,ウィーン,カジノ・ツェーゲルニッツ

ノリントン=シュトゥットガルト放送響

  • 名盤
  • 古楽器

おすすめ度:

指揮:ロジャー・ノリントン,シュトゥットガルト放送交響楽団

クリヴィヌ=フィルハーモニア管

すっきりした美しい演奏!
  • 名盤
  • 円熟

おすすめ度:

指揮:エマニュエル・クリヴィヌ,フィルハーモニア管弦楽団

1988年,ロンドン,セント・ジュード教会

第25番は20番台なのでフルオケだとパワフルすぎるように思いますが、クリヴィヌは25番のみフィルハーモニア管弦楽団を指揮して録音しています。

第1楽章はシャープで、実にきれいな演奏です。情熱もありますが、オケの響きがきれいな演奏です。プルトを減らしているのでしょうかね。

第2楽章は有名なメロディがありますが、繊細に演奏されています。

第3楽章はフィルハーモニア管弦楽団からフランスのオケのような響きを引き出しています。感情表現も上手いです。中間部の木管も良いですね。録音の音質もかなり良いです。

第4楽章は少し落ち着いたテンポです。とても端正な演奏です。

CD,MP3をさらに探す

国内盤CDをさらに探す 海外盤CDをさらに探す アマゾンUnlimitedをさらに探す

楽譜

モーツァルトの交響曲第25番 ト短調の楽譜・スコアを挙げていきます。

楽譜をもっと探す

アマゾンで楽譜をさらに探す アマゾンで輸入楽譜をさらに探す