天国と地獄 (オッフェンバック)

ジャック・オッフェンバック (Jacques Offenbach, 1819~1880)オペレッタ『天国と地獄』(Orphee aux Enfers)について解説と名盤のレビューをしていきます。『天国と地獄』はオペレッタの形式で上演されることはあまりなく、序曲が非常に人気があります

ただし、この『天国と地獄』序曲はオペレッタの序曲ではありません。オペレッタの素材から作曲した管弦楽曲です。

近年、リヨン歌劇場の上演から人気が出てきて、よく上演されるようになってきました。リヨン歌劇場のDVDを昔買ったので、そのレビューもしたいと思います。

解説

まず簡単にオッフェンバックの説明をしてみます。

オペレッタの創始者

オッフェンバックは、オペレッタの創始者と言われています。もともとシリアスなオペラ・セリアと、コミカルなオペラ・ブッファは昔からありましたが、オッフェンバックはさらにコミカルで庶民的なオペレッタという分野を生み出しました。

オペレッタはフランス国内のみならず、ウィーンにも進出します。ウィーンではフランツ・フォン・スッペ (Franz von Suppe, 1819~1895) がいて、オッフェンバックの影響も受けてウィンナ・オペレッタを作曲するようになります。

オッフェンバックの「美しきエレーヌ」に対抗して、スッペは「美しきガラテア」を作曲した話は有名です。

ウィンナ・オペレッタはさらに発展して、レハールが「メリー・ウィドウ」を作曲して大人気を博します。

またオペレッタの流れは、アメリカに渡り、ミュージカルとなります。そうして、今でもミュージカルの新作が上演されているのです。

『天国と地獄』とは

オペラは1600年ごろギリシャ神話から始まりました。音楽のルネッサンスだった訳です。その最もメジャーな神話が『オルフェウス』で、最初のオペラの台本にも使われています。

『オルフェウス』のあらすじ

死んだ妻エウリディーチェを連れ戻すために、夫のオルフェウスが地獄へ行く物語です。地獄の支配者の許しを得て、地獄を出るまで妻を見てはいけない、という条件で、オルフェウスはエウリディーチェを現世に連れ戻しますが、途中で我慢できなくなりついにエウリディーチェを見てしまいます。すると、雷が落ちて、2人は永遠に引き裂かれるという物語です。

日本神話にもイザナギとイザナミの神話がありますが、似た物語として有名です。ただ地獄でイザナミを見てしまったイザナギに怒ったイザナミは地獄の雷神を含む地獄の軍隊1500人をつれてイザナギを追ってくる、ということで違いはありますけど。

全世界の神話は実は入り混じっているかも知れないし、同じ話が分岐して各地にあるのかも知れません。

話が逸れましたが、オペラの最初の作品にも使われた『オルフェウス』の神話を、徹底的に風刺したのが、オッフェンバックの『天国と地獄』です。

『天国と地獄』の場合は、夫は不倫しているので、別に妻を迎えに行きたいということは無いのですが、「世間」という登場人物が出てきて、妻を地獄に迎えにいくように仕向けます。妻のほうはといえば、地獄で不倫を楽しんでいるのでした。

おすすめの名盤レビュー (序曲)

オッフェンバック『天国と地獄』序曲の名盤をレビューしていきます。

ヴァイル盤がなかなかですが、他はどうもカンカンが遅かったり、面白みに欠けますね。美しさを持ったCDはいくつかあるのですが。序曲は入っていませんが、ミンコフスキのCDを入手して聴くのが一番良さそうです。

ダレル・アン=リール国立管弦楽団

★フランスの香り溢れる演奏、カンカンは楽しい!

  • 名盤
  • フランスの香り

おすすめ度:

指揮:ダレル・アン、リール国立管弦楽団
録音:2016年3月

Offenbach: Overtures
レビュー数:4個
在庫あり。

Offenbach: OverturesMP3
レビュー数:4個

リール国立管弦楽団は、フランスの地方オケです。ベルギーとの国境付近の町です。そしてダレル・アンはシンガポール人です。シンガポール人がフランスのオケを指揮して、フランスらしい演奏をするなんて、時代も変わりましたね。どうやら、ダレル・アンは若いオペラ指揮者のようです。

フランスの地方オケなので、技術的にはあまりハイレヴェルではありませんが、これだけフランスの香りを残しているオケも少ないですね。カンカンまで行く前に魅了されてしまいます。

カンカンもテンポは中庸ですが、なかなか楽しい演奏です。ヴァイルとどちらがいいか、難しい選択ですが、やはりオッフェンバックはフランスのオケの演奏がいいと思い、こちらを一番上にしました。

他の曲も非常に楽しめます。

バーンスタイン=ニューヨーク・フィル

★バーンスタインが若いころの爽快な名盤!

  • 名盤
  • 定番
  • 熱演

おすすめ度:

指揮:レナード・バーンスタイン、ニューヨーク・フィルハーモニック
録音:1967/03/21

バーンスタインが若いころにニューヨーク・フィルハーモニックと録音した一連の名盤の一つです。ちょっと、変わった選曲のCDですが、良い演奏が集まっています。

『天国と地獄』は、まさにこの曲のイメージ通りの演奏で、テンポは速めで聴いていて爽快です。もちろんフランス風の演奏とは行きませんが、ニューヨーク・フィルハーモニックのソロのレヴェルは高いです。カンカンも速いですし、オケにパワーがあるので聴いていて本当に気分爽快です。

大分、音質も改善されているのでしょうけれど、古い録音であることを知って入手する分には、あったほうが良いCDですね。

ヴァイル=ウィーン交響楽団

★オペレッタの雰囲気をもった速いテンポの名盤!

  • 名盤
  • 定番

おすすめ度:

指揮:ブルーノ・ヴァイル、ウィーン交響楽団

ヴァイルとウィーン交響楽団の演奏は、なかなか素晴らしいです。ブルーノ・ヴァイルはいつもテンポが速すぎて、どうかなと思っているのですが、この曲は何故か他の演奏が遅すぎるので、ヴァイルの演奏を聴いてホッとした感じです。

最初からオペレッタの雰囲気が出ていて、イメージ通りの『天国と地獄』序曲の演奏です。ウィーン交響楽団ですが、ウィーン・フィルが凄すぎるのであって、他の都市なら一流オケです。響きが柔らかいのが特徴です。

ミンコフスキには敵わない感じですが、オペラ版なので、この管弦楽序曲は演奏していません。それを考えると、一番いいのはこのヴァイル盤です。

オッフェンバックのメロディの美しさ、カンカンもテンポが速くて楽しいです。

オッフェンバックの序曲が沢山入っていますし、お薦めの名盤です。

グリフィス=ベルリンドイツ交響楽団

★オペラ座らしい落ち着いた演奏だが、とても意欲的な一枚!

おすすめ度:

指揮:ハワード・グリフィス、ベルリン=ドイツ交響楽団
録音:2019年3月4-7日

『天国と地獄』を一枚のCDに収めた意欲作です。しかも録音は2019年とあります。全曲版の序曲は、一般的な『天国と地獄』序曲とは編曲が違うのですが、最後に一般的なバージョンが入っています。そこでそれを聴いてみました。

ドイツのオケだからか、意外とテンポが遅い演奏です。フランスの香りはあまりしませんが、ソロは素晴らしいです。カンカンは普通のテンポでこの中では速めです。

2019年録音の割には、思ったほどは良くないです。他の録音が軒並み古いので、大分アドヴァンテージはありますけど。

カラヤン=ベルリン・フィル

★スケールの大きなオッフェンバック。選曲が素晴らしい!

  • 名盤
  • 定番

おすすめ度:

指揮:ヘルベルト・フォン・カラヤン、ベルリンフィルハーモニー
録音:1980年6月,9月

カラヤンの録音ですが、1980年代の録音です。そのせいか、テンポが少し遅めで、スリリングさには欠ける演奏になっています。『天国と地獄』序曲のみを聴くなら1970年代以前の録音を探すのがいいかも知れません。ただオッフェンバックの序曲などを集めたCDはあまりないので、その点で素晴らしいCDです。

大人しめの演奏とは言え、ベルリン・フィルですから、ソロなどは本当にクオリティが高いです。

カンカンはちょっと盛り上がり不足かも知れませんね。

他の「船歌」はとても良い演奏です。

アンセルメ=スイスロマンド管弦楽団

★録音が少し古いが、フランスの香りがする演奏!

  • 歴史的名盤

おすすめ度:

指揮:エルネスト・アンセルメ、スイス・ロマンド管弦楽団
録音:1961年

The World of OffenbachMP3
レビュー数:5個

アンセルメは良い演奏であっても、やはり録音状態に良しあしがあります。『天国と地獄』は、ちょっと古さを感じさせます。1960年代なので、そこまで悪いとは言えませんけれど、音がこもり気味ですね。

この時代はアンセルメ自身の円熟もあって、フランス的なオッフェンバックの雰囲気が良く出ています。ソロも良いです。テンポは意外と遅めです。ヴァイオリンのソロが素晴らしいです。カンカンはとても遅いです。テンポでいえばカラヤンに近いですね。

アンセルメのオッフェンバックは、この『天国と地獄』と『美しきエレーヌ』の2曲ですね。

全曲版CD

ミンコフスキ=リヨン歌劇場

★小気味良いテンポで、凄く盛り上がる爆演!

  • 名盤
  • 定番
  • 爆演

おすすめ度:

指揮:マルク・ミンコフスキ、リヨン国立歌劇場管弦楽団
録音:1997年

Offenbach: Orphee aux enfersMP3
レビュー数:14個

以下のオペラ上演から制作されたCDです。ミンコフスキの演奏はとても素晴らしく、演奏だけでも十分楽しめます。また、歌手はハイレヴェルで特にナタリー・デセイの最盛期ということで、凄い歌唱力です。どうも演奏会序曲に迫力のある演奏が少ないので、代わりにこのCDを聴くほうが楽しいと思います。

オペラDVD

オッフェンバックのオペレッタ『天国と地獄』全2幕の映像をレビューしていきます。

ミンコフスキ=リヨン・オペラ座

★絶対的な『天国と地獄』の名上演!必ず見るべし!

  • 名盤
  • 定番

おすすめ度:

舞台演出:ローラン・ペリー
ナタリー・デセイ,ローラン・ナウリ,他
指揮:ミンコフスキ、リヨン国立歌劇場
録音:1997年

リヨン歌劇場は、最先端の面白い演出で特徴のあるフランスのオペラ座です。そこにロシアの異色の指揮者ミンコフスキが乗り込んで上演したのが、この『天国と地獄』です。

途中、天国では平和な暮らしに飽きたギリシャ神話の神様たちが、デモを起こします。そこに「ラ・マイエルセーズ」を使ったりして、とても楽しいです。この辺り、どこまでが演出で、どこまでがオリジナルか分かりませんけれど。

そして神様たちは、地獄に興味を持って、みんなで地獄に向かいます。ピクニックみたいな雰囲気です。地獄に行くと、全能の神ゼウスがエウリディーチェに言い寄っています。エウリディーチェもまんざらでは無さそうです。

一応、オルフェウスの筋書き通り、旦那のオルフェは地獄に妻のエウリディーチェを迎えに来ますが、ゼウスが雷を起こして、驚いてエウリディーチェを見てしまいます。そして最後はカンカン踊りです。

演出も面白いですし、演奏もミンコフスキの指揮で、小気味良いものです。最後のカンカン踊りに至っては、凄いテンポで大盛り上がりです。

こんなに面白いオペレッタは見たことがありません。

ザルツブルグ音楽祭2019

ザルツブルク音楽祭2019
演出:バリー・コスキー
指揮:エンリケ・マッツォーラ
ウィーン・フィルハーモニー
収録:2019年
字幕:英日韓

楽譜

オッフェンバックの『天国と地獄』の譜面・スコアをご紹介します。

ミニチュア・スコア