グラゴル・ミサ (ヤナーチェク)

レオシュ・ヤナーチェク (Leos Janacek,1854-1928)作曲のグラゴル・ミサ (glagolitic mass)について、解説おすすめの名盤レビューをしていきます。最後に楽譜・スコアも挙げてあります。

大量の打楽器や合唱を使うなど、演奏するのは大変です。特に原典版は多くの打楽器を使用します。それでも人気があるので、最近は結構な頻度で上演されていますし、それらを録音した名盤が増えてきました。

ヤナーチェク研究家のマッケラスをはじめ、クーベリックノイマンアンチェルヴィエロフラーヴェク、ほか、主要な指揮者は録音していますし、名盤も多いです。中でもマッケラスは2度録音し、映像もリリースしています。

解説

ヤナーチェクグラゴル・ミサについて解説します。

イントラーダ(ノイマン=チェコフィル)

スラヴ風のミサ曲

ミサというのは、キリスト教の典礼の儀式で、一定の形式があります。プロテスタントのドイツのものとカトリックのイタリアのものでは異なります。スラヴの場合は、ロシア正教会の影響を受けていますので、また随分違うものだと思います。

ヤナーチェクはスラヴの典礼形式でミサ曲を作曲しました。そのため、この曲も国民楽派的なチェコへの愛国心に満ちたものになっています。

原典版はティンパニ12個使用!

合唱、大規模なオーケストラ、パイプオルガンを使用した大編成の曲であり、特にティンパニが12個必要になるなど、スケールの大きな曲です。

曲の内容も素晴らしく20世紀に作曲されたミサ曲の中でも特別な名曲です。

最後はパイプオルガンの独奏となり、この曲もインパクトありますね。

「原典版」と「演奏会用標準版」

曲は「原典版」と「演奏会用標準版」といわれるものがあり、通常は演奏会用標準版が演奏されます。しかし、最近は原典版が演奏される機会も多くなりました。

演奏会用標準版は、全体的にきれいにまとまっていて、複雑なリズムが単純化されているなど、演奏しやすくなっています。また編成も原典版より小さくその点でも取り上げやすいといえます。

原典版は、複雑なリズムでスラヴの民族性がより強調されています。またイントラーダで始まり、最後にまたイントラーダが演奏されて終わるなど、シンメトリックな構成になっています。中間にはパーカッションのアンサンブルなどもあります。そのためやはり演奏を聴いていても原典版のほうが聴きごたえがありますね。

おすすめの名盤レビュー

『グラゴル・ミサ』の、おすすめできる名盤をレビューしていきます。

マッケラス=チェコ・フィル

  • 名盤
  • 定番

超おすすめ:

指揮:マッケラス(サー・チャールズ)、チェコ・フィルハーモニー

ヤナーチェク:グラゴル・ミサ
3.5/5.0レビュー数:8個

ヤナーチェク:グラゴル・ミサ
3.5/5.0レビュー数:8個

このマッケラスとチェコフィルの演奏が一番ポピュラーで定番といっていいと思います。演奏会用標準版を使っています。マッケラスの音楽づくりはまさに王道で、オーケストラの演奏レベルも安定しています。弦楽器も管楽器もハイレベルで、とても上手いです。

マッケラスの指揮により、リズム感もしっかりしていて、スケールの大きさ、ふくよかな響き、必要な個所では軽快なリズムで、まさにスタンダードと呼ぶにふさわしい名盤に仕上がっています。「演奏会用標準版」なら、このディスクが十分お薦めです。

さらにもう一つ映像付きのDVDがあり、こちらは原典版の演奏です。同じ演奏者の組み合わせですから、演奏会用標準版と原典版がどのように異なるのかがよく分かります。チェコフィルも原典版は演奏に慣れていないかも知れません。ちょっとリズム的に演奏しにくそうな個所もあります。

でも、壮大なオーケストラの編成を見ることが出来るという意味ではとても参考になります。グラゴルミサを聴いてみたいなら、まず両方を入手するのが一番良いと思います。

  • 名盤
  • 定番
  • ライヴ録音

超おすすめ:

指揮:マッケラス(サー・チャールズ)、チェコ・フィルハーモニー

ビエロフラーヴェク=チェコ・フィル

  • 名盤
  • 個性的名演
  • 民族的名演

おすすめ度:

Glagolitic Mass/Taras Bul
4.7/5.0レビュー数:7個

円熟して巨匠となったビエロフラーヴェクとチェコ・フィルは、名盤を多く残しています。その中でもグラゴル・ミサは、ユニークなヴァージョンを使っているようです。原典版でもないですし、演奏会用標準版でもないですね。1927年初演のヴァージョンでの演奏とのことです。率直に言えば、演奏会用標準版に比べるとまだ完成度が低いかも?と思います。

演奏会用標準版に近いのですが、音が少ない感じがします。特に金管楽器から、いくつかフレーズが抜けていたりして、実際に音の数が少ないと思います。そのためか、すっきりした響きになっています。

ヌドルフィヌムでの2013年録音という新しい録音ですが、チェコフィルの弦楽器は普段以上にビロードのような響きで、とても素晴らしいです。弦楽器の音色が良く聴こえる演奏です。管楽器のほうが、割愛されている部分があるようで、オーケストラのトゥッティでは金管楽器が出てこなくて、あまり盛り上がらないところもあります。その代わり、弦楽器やファゴットなど普段聴こえにくい木管楽器が手に取るように聴こえます。

ビエロフラーヴェクは巨匠といわれる時期になっても、ヴァージョンは良く研究していて凄いですね。演奏のほうは、円熟していてしなやかさがあり、少し枯れている感じもするくらいです。ヴァージョンの話は一旦置いておいて、演奏は味わい深く、凄く満足感が高いです。

考えてみると、この初演版は、あまり派手ではないため、いままでのスケールが大きなグラゴルミサというイメージではありません。落ち着いて聴くことが出来て、特に弦楽器や木管の響きをじっくり味わえるという利点はあると思いました。

また合唱も頑張って歌わなくても良いので、響きがとても良いのです。もちろん、ハイノートなどはあるので、余裕で歌える、という訳でもないですが、他のディスクに比べて、響きの良さと透明感を感じます。

最近、テンポが速いCDが多かったので、この演奏は録音も良く、味わい深い名盤だと思います。ヴァージョンの違いは最初少し「あれ?」と思う程度で、この演奏のスタイルに慣れてくるとそれほど気にならないと思います。聴いた後、非常に満ち足りた気分になりました。

クーベリック=バイエルン放送交響楽団

  • 名盤
  • 定番

おすすめ度:

指揮:ラファエル・クーベリック、バイエルン放送交響楽団
録音:1964年1月(ステレオ)

Glagolitic Mass、他
4.6/5.0レビュー数:3個

クーベリック盤は、世評が高い名盤です。「演奏会用標準版」での演奏です。

マッケラスに比べるとテンポが速めです。好みの問題かも知れませんが、その分、ふくよかさに欠けるので、グラゴル・ミサを堪能(たんのう)というよりは、器楽部分のリズミカルな個所のほうを楽しめます。また、強い感情が入っている演奏で、共感できます。

マッケラスとクーベリックだと随分解釈が異なるので聴き比べると面白いと思います。

ヤノフスキ=ベルリン放送交響楽団

  • 名盤
  • 定番

おすすめ度:

指揮:ヤノフスキ、ベルリン放送交響楽団

「原典版」の新しい録音です。テンポは全体的に速めですが、聴きどころはじっくり聴かせてくれます。オーケストラの部分がとてもうまいです。

マッケラスともクーベリックとも異なる、感情よりも知的な部分を前面に押し出した演奏ですね。知的ですが、聴いていて物足りないと思うところはありません。新しい録音であるため音質も良いです。

マズア=ライプツィヒ・ゲヴァントハウス

  • 名盤

おすすめ度:

指揮:クルト・マズア、ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団

アンチェル=チェコ・フィル

  • 名盤
  • 定番

おすすめ度:

指揮:カレル・アンチェル、チェコ・フィルハーモニー

ヤナーチェク:グラゴル・ミサ
4.8/5.0レビュー数:3個

CD検索 CD検索 MP3検索

楽譜・スコア

ヤナーチェク作曲のグラゴル・ミサのスコアはありませんでした。銀座のヤマハやアカデミア・ミュージックにあると思います。

ヴォーカル・スコア

楽譜をさらに探す

楽譜検索 楽譜検索