シューマン 交響曲第2番 Op.61

ロベルト・シューマン (Robert Schumann,1810-1856)作曲の交響曲 第2番 ハ長調 Op.61 (symphony no.2 c-dur Op.61)について、解説おすすめの名盤レビューをしていきます。ワンストップでスコアと楽譜まで紹介します。

交響曲第2番はシューマンをあまり知らない方だと、マイナーな曲と思えるかも知れませんね。でも、シューマンの交響曲の中では最高傑作だと思います。

解説

シューマン交響曲第2番について解説します。

「おすすめ名盤レビュー」にジャンプ

作曲と初演

1845年~1846年にかけて作曲されました。
初演は、1846年11月5日に、メンデルスゾーン指揮ライプツィヒ・ゲヴァントハウス管弦楽団によって行われました。

番号は2番ですが、実質的には第3番です。これは2番目に作曲した第4番に対して大きな改訂が入ったため、出版の順番で番号がつけられ、交響曲第2番として出版されました。交響曲第3番『ライン』の一つ前の交響曲であり、4楽章構成の交響曲としては、もっとも新しい曲です。それだけ完成度も高いです。

またシューマン晩年の精神障害が既に始まっています。第2番以降の交響曲は精神障害に悩まされながら作曲されることになります。もっとも、交響曲第4番は、すでにうつ病のような不安定さが感じられますけれど。

シューマンは第1番『春』第3番『ライン』など、副題がついていたり、シューマン自身の言葉があったりして、何を描いているのか、はっきり分かります。ところが交響曲第2番にはあまりそれが無いので、ストーリーが分かりにくいです。

第1楽章のオスティナートはベートーヴェンを想起させます。第2楽章は闘争的です。第3楽章は神々しさがあります。第4楽章は長調で終わりますが、ベートーヴェンのような力強さはなく、素朴さや温和さが目立ちます。そんな訳でベートーヴェンの『運命』に近いものを感じるのですが、第3楽章の神々しさを考えると、宗教的なものとの関連もあるでしょうね。ベートーヴェンのように自力で勝利を描ける作曲家はロマン派には居ないと思います。

交響曲第2番 ハ長調 Op.61

この交響曲第2番は少し感情表現がキツく、病気の影響があるような気もしますが、交響曲の構成としてはバランスが良く、完成度の高い曲です。第2楽章にスケルツォがあるのが特徴ですが、これだけキレのあるスケルツォだと第3楽章には置けないですね。しかし、後世この形態の名作交響曲は多く生み出されています。ショスタコーヴィチの交響曲第5番『革命』は直接この曲の影響を受けたわけではないと思いますが、共通点が多い気がします。

■第1楽章:ソステヌート・アッサイ~アレグロ・マ・ノン・トポッロ
序奏付きソナタ形式です。静かな序奏は、少しもやもやしたようなオーケストレーションですが、感情的な揺れ動きがあります。主部に入るとテンポの速い音楽となります。

■第2楽章:スケルツォ、アレグロ・ヴィヴァーチェ
3部形式です。主部は弦楽器のスリリングな主題で、盛り上がります。中間部はドイツの田舎の音楽のような素朴さがあります。

■第3楽章:アダージョ・エスプレッシーヴォ
ロンド形式
です。(展開部なしのソナタ形式にも近いように聴こえます。) 非常に美しいメロディが現れ、2度の盛り上がりがあります。

■第4楽章:アレグロ・モルト・ヴィヴァーチェ

展開部なしのソナタ形式です。実質的にはフィナーレです。ベートーヴェンほど壮大ではありませんが、フィナーレとしての役割をよく果たしています。

おすすめの名盤レビュー

それでは、シューマン作曲交響曲第2番名盤をレビューしていきましょう。

まず、シノポリ=ウイーンフィルのキレた名演が有名です。

シノポリ=ウィーンフィル

シノーポリらしいシャープでキレのある感情表現
  • 名盤
  • 定番
  • 自然美
  • 熱演
  • スリリング
  • 迫力

超おすすめ:

指揮ジュゼッペ・シノーポリ
演奏ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

1983年6月,ウィーン(ステレオ/デジタル/セッション)

シノーポリは後年ドレスデン・シュターツカペレと全集を録音していますが、交響曲第2番だけウィーンフィルとの録音を残しています。これが、シャープでキレのある超名演奏なんです。

第1楽章は静かな個所は薄雲った不安定な雰囲気で、主部に入るとシャープなリズムの演奏となります。第2楽章かなり凄い演奏で、速いテンポで不安定な主題をシャープでキレの良いリズムで非常にスリリングです。中間部はこの演奏のスタイルからして、素朴さがある所は、イタリア的なカンタービレに近いですね。第3楽章非常に美しくも激しい演奏です。宗教的な雰囲気すら感じられます。第4楽章は、フィナーレとしてしっかりした演奏で、盛り上がって終わります。

検索してみた感じ、新品の入手は困難そうです。これだけの名演が入手困難というのは、勿体ないですね。

セル=クリーヴランド管弦楽団

セッション録音でも十分素晴らしい名演奏
  • 名盤
  • 定番
  • 情熱的
  • スリリング
  • 迫力

おすすめ度:

指揮ジョージ・セル
演奏クリーヴランド管弦楽団

1958年-1960年(ステレオ/アナログ/セッション)

ジョージ・セル=クリーヴランド管弦楽団は1950年代後半にシューマンの全集を録音しています。クーベリック=ベルリン・フィル盤やコンヴィチュニー=ゲヴァントハウス管の全集と並んで評価の高い全集です。ジョージ・セルは深いスコアの読み込みと感情表現でレヴェルの高い演奏をしています。

第1楽章は、序奏にかなりメリハリがあります。主部に入るとテンポが一気にアップして、感情的にも高揚してきます。クールさはほとんど感じられず、感情を大事にした演奏です。第2楽章弦セクションの技術の高さと感情表現のバランスが丁度よく、キレの良い演奏です。最後の追い込みではテンポアップして凄い迫力です。第3楽章憂鬱さを上手く表現しています。そこから、浄化されたような盛り上がりにつながっています第4楽章はフィナーレのダイナミックさと、平和さのある感情表現は美しくもあります。

ジョージ・セルは昔はクールな演奏と言われた時代もありましたが、このシューマンを聴く限り、とても感情的な表現が素晴らしく、シューマンの微妙な曇りのある憂鬱さを良く表現しています。そういう意味ではエッシェンバッハ=NDRの演奏が一番味わい深いのですが目下廃盤なので、ジョージ・セルは録音が古めですが、同レヴェルの微妙さの表現力はありますね。

スウィトナー=ベルリン・シュターツカペレ

ドイツ的なスケールの大きさに強い感情表現
  • 名盤
  • 定番
  • 情熱的
  • スケール感
  • 迫力

超おすすめ:

指揮オトマール・スウィトナー
演奏ベルリン・シュターツカペレ

1987年8月13-19日,旧東ベルリン,イエス・キリスト教会(ステレオ/アナログ/セッション)

スウィトナーも実はシューマンを得意としています。なんとなく温和な演奏を期待しますが、結構感情を入れた演奏で、物足りなさは全くありません。まあ、筆者としては感情的にキツ過ぎない演奏を一つ入れておきたかったのですけれど。

第1楽章は静かで温和な序奏から始まり、感情は入っていますが比較的落ち着いた自然な演奏です。主部も明るい演奏で他の演奏にありがちな、精神的に不健康な音楽にはなっていません。スケールがあり第3番『ライン』を聴いているようです。でも、物足りなさは無く、良くツボを突いています。第2楽章はかなり速めのテンポで、シリアスさがあります。ベルリン・シュターツカペレの暖かみのある響きが上手く中和しています。ドイツの演奏家だけあって中間部は素朴でいいですね。最後の追い込みは凄い迫力で、このオケこんなに上手かったっけ?と思ってしまいます。第3楽章ふくよかで味わいのある演奏です。クレッシェンドの個所は神々しさが出ていますが、ゆったり浸れる音楽になっています。第4楽章はドイツ的な素朴さもありながら、感情表現やスケールの大きさも感じます。

第2番はシリアスさが目立つ交響曲ですが、随所に素朴なドイツの自然の描写が出てきます。スウィトナー=ベルリン・シュターツカペレは、そういった部分をとても魅力的に演奏しています。第2番のキツさが苦手な人にお薦めな演奏です。この曲は内容的にシューマンの最高傑作で、感情表現もありますが、それだけではありません。

CD,MP3をさらに探す

CD検索 CD検索 MP3検索

楽譜・スコア

シューマン作曲の交響曲第2番の楽譜・スコアを挙げていきます。

ミニチュアスコアとIMSLPどっちが得?

ミニチュア・スコア

電子スコア

タブレット端末等で閲覧する場合は、画面サイズや解像度の問題で読みにくい場合があります。購入前に「無料サンプル」でご確認ください。

楽譜をさらに探す

楽譜検索 楽譜検索