眠りの森の美女 (チャイコフスキー)

ピョートル・イリイチ・チャイコフスキー (Peter Ilyich Tchaikovsky,1840-1893)作曲のバレエ『眠りの森の美女』Op.66 (Sleeping Beauty Op.66)について、解説おすすめの名盤レビューをしていきます。ワンストップでスコアと楽譜まで紹介します。

解説

チャイコフスキー『眠りの森の美女』について解説します。

「おすすめ名盤レビュー」にジャンプ

有名なシャルル・ペローによる童話『眠りの森の美女』を元にしたバレエです。この作品はバレエ以外にも映画ディズニーの映画になったりと、人気のある物語です。

チャイコフスキーは、バレエ『白鳥の湖』に続く第2作として作曲し、1889年に完成しました。初演の振付はマリウス・プティパです。プティパの要請により、音楽にも少し手が加えられました。

1890年1月15日にマリインスキー劇場により初演されました。上演は繰り返し行われ、人気も高まっていきました。

その後、5曲から成る管弦楽組曲が編曲されます。チャイコフスキー自身の選曲によるものです。

組曲『眠りの森の美女』

第1曲:序奏-リラの精
第2曲:ばらのアダージョ
第3曲:パ・ド・キャラクテール:長靴をはいた猫と白い猫
第4曲:パノラマ
第5曲:ワルツ

おすすめの名盤レビュー

それでは、チャイコフスキー作曲『眠りの森の美女』名盤をレビューしていきましょう。

ムーティ=フィラデルフィア管弦楽団

ダイナミックでスケールの大きな名盤
  • 名盤
  • 定番
  • 色彩感
  • ダイナミック
  • スケール感

超おすすめ:

指揮リッカルド・ムーティ
演奏フィラデルフィア管弦楽団

1984年 (ステレオ/アナログ/セッション)

icon

ムーティとフィラデルフィア管弦楽団の演奏です。ムーティは筋肉質なリズム感でバレエ音楽に向いた指揮者です。フィラデルフィア管弦楽団は機能性が高く、色彩感が特徴のオーケストラなので、バレエ音楽が得意です。特に『眠れる森の美女』は、スケールが大きな音楽であるため、ムーティ=フィラデルフィア管に向いた曲目です。実際聴いてみるとダイナミックでリズム感もしっかりあり、この曲の代表盤といってもいい名盤です。

序奏はマッシヴなリズムとフィラデルフィア管の華麗な迫力で、スリリングで胸のすく気分爽快な名演です。パ・ダクシオンはハープのソロもしっかりしていますし、弦のスケールの大きなワルツも悠々としていて、ロシアの広大な大地を思わせます。ロマンティックで感情的な表現も秀逸で、上手いテンポコントロールで冗長になることはありません。最後のワルツは速めのテンポでリズミカルです。力強く生き生きとした表現でスリリングです。

バレエらしいリズムのしっかりした演奏で、定番として通用するディスクです。

カラヤン=ベルリン・フィル

シンフォニックでロマンティックな名盤
  • 名盤
  • 定番
  • 色彩感
  • 華麗
  • スケール感

超おすすめ:

指揮ヘルベルト・フォン・カラヤン
演奏ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

1971年1月,ベルリン,イエス・キリスト教会 (ステレオ/アナログ/セッション)

icon

カラヤンとベルリン・フィルの名盤です。カラヤンのバレエ音楽は賛否ありますが、『眠りの森の美女』に関してはもともとスケールが大きくシンフォニックな音楽なので、このコンビの良さが良く出ています。音質は年代を考えるとかなり良く、色彩的でダイナミックな演奏を良く捉えています。

冒頭はスケールが大きくスリリングです。スケールが大きくダイナミックな演奏でベルリン・フィルの実力を出し切った迫力があります。またとても華麗で艶やかであり、カラヤンらしいレガートが効いた音楽です。この曲には良く合いますね。ばらのアダージョも遅めのテンポでスケールの大きな演奏です。弦の鮮やかさといい、レガートの効いた表現と言い、まさに『眠りの森の美女』のイメージそのままの名演です。スケールが大きいだけでなく、深みも感じられます。

パノラマも素晴らしいです。遅いテンポで包み込むような表現です。ベルリン・フィルの弦セクションの響きも色彩感と厚みがあって、眠りの森の雰囲気が良く出ています。ワルツは速いテンポでとても迫力があります。ベルリン・フィルの弦も金管も好調で、とても華麗なワルツになっています。ベルリン・フィルのアンサンブルのクオリティの高さも聴いていて惚れ惚れする位です。

バレエ音楽でここまでシンフォニックな表現で良いのか、という所もありますが、このカラヤン盤『眠りの森の美女』を代表する名盤の一つであることには疑いありません。

レヴァイン=ウィーン・フィル

  • 名盤
  • 定番

おすすめ度:

指揮ジェームズ・レヴァイン
演奏ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団

1992年11月,ウィーン (ステレオ/デジタル/セッション)

レヴァインとウィーン・フィルの演奏です。3大バレエのCDとして定番ですね。レヴァインのリズミカルでダイナミックな指揮とウィーン・フィルの色彩感と華麗さのある響きが魅力です。また、木管のソロなど味わいがあります。録音もしっかりした音質です。

冒頭レヴァインの速いテンポでリズミカルな演奏でとてもスリリングです。ウィーン・フィルもその機能性を良く発揮してダイナミックでスケールの大きな演奏を繰り広げています。このレヴァインのリズム感はバレエ音楽に相応しいですね。アダージョは中庸なテンポで遅いテンポのワルツですが、適切なテンポ取りです。ウィーン・フィルの弦は艶やかです。スケールはカラヤンほどではないですが、レガートを強調し過ぎず、自然な表現です。

パ・ド・キャラクテールは良い演奏です。テンポ取りも木管のソロも素晴らしいです。パノラマは遅めのテンポで派手さはないですが、スケール感があります。ワルツ速いテンポでシャープさがあり、生き生きとダイナミックに盛り上がります。

全体的にルバートが少な目で、自然なテンポ取りなので、バレエ音楽としての良さが伝わってくる演奏です。

全曲盤CD

プレヴィン=ロンドン交響楽団

若いプレヴィンの鮮烈さとセンスの良さ
  • 名盤
  • 定番
  • 色彩的
  • ダイナミック

超おすすめ:

指揮アンドレ・プレヴィン
演奏ロンドン交響楽団

1974年4月-6月,ロンドン,アビー・ロード第1スタジオ (ステレオ/アナログ/セッション)

icon

ゲルギエフ=マリインスキー劇場

リズミカルでダイナミック、ロシア的な名演
  • 名盤
  • 定番
  • 高画質

おすすめ度:

指揮ワレリー・ゲルギエフ
演奏マリインスキー劇場管弦楽団

1992年2月,サンクト・ペテルブルク (ステレオ/デジタル/セッション)

ゲルギエフと手兵マリインスキー劇場管弦楽団の演奏です。新しい録音で、音質の良さ、ロシア的な表現、バレエ音楽らしい演奏で、現在の定番の全曲盤です。マリインスキー劇場は『眠りの森の美女』が初演された劇場であり、その後上演を続けた伝統があります。特別な録音です。

ロジェストヴェンスキー=BBC交響楽団

ボリショイ劇場の指揮者を務めたロジェストヴェンスキーの名盤
  • 名盤
  • 定番
  • 高画質

超おすすめ:

指揮ゲンナジ・ロジェストヴェンスキー
演奏BBC交響楽団

1979年10月10日,ロイヤル・フェスティヴァルホール (ステレオ/アナログ/ライヴ)

ロジェストヴェンスキーは元ボリショイ劇場でバレエ音楽を得意としていた指揮者です。チャイコフスキーの三大バレエはいずれも素晴らしく、この『眠りの森の美女』はイギリスのBBC交響楽団とライヴで、名盤です。

冒頭から軽快でダイナミックかつスリリングな演奏でとても楽しめます。ボリショイ劇場で鍛えたセンスで、バレエ音楽らしいリズム感と、表現の上手さがミックスしています。特に絶妙なテンポ設定は他の指揮者の追随を許さないものがあります。全曲盤ですが飽きずに聴ける所も凄いですね。

ロジェストヴェンスキーのチャイコフスキーは、入手しにくいものが多いですが、名演ですので、この曲が好きなら一度は聴いておきたいディスクです。

バレエのDVD,BlueRay

バレエのDVDを紹介します。『眠りの森の美女』は、音楽も良いですが、バレエの演目としてとても人気があります。やはりロイヤルバレエが見やすいですね。

ロイヤル・バレエ (2017年)

ロイヤル・バレエらしい鮮やかな舞台
  • 名盤
  • 定番
  • 高画質

超おすすめ:

オーロラ姫マリアネラ・ヌニェス
フロリムント王子ヴァディム・ムンタギロフ
指揮コーエン・ケッセルス
演奏コヴェント・ガーデン王立歌劇場管弦楽団

CD,DVD,MP3をさらに探す

国内盤CDをさらに探す 海外盤CDをさらに探す アマゾンUnlimitedをさらに探す

楽譜

チャイコフスキーの『眠れる森の美女』の全曲、組曲の楽譜・スコアを挙げていきます。

ミニチュアスコアとIMSLPどっちが得?

ミニチュア・スコア

大型スコア

電子スコア

楽譜をさらに探す

アマゾンで楽譜をさらに探す アマゾンで輸入楽譜をさらに探す