ツァラトゥストラはかく語りき(リヒャルト・シュトラウス)

リヒャルト・シュトラウス (Richard Strauss,1864-1949)作曲の交響詩『ツァラトゥストラはかく語りき』作品30 (Also sprach Zarathustra)について、解説おすすめの名盤レビューをしていきます。

解説

リヒャルト・シュトラウスツァラトゥストラはかく語りきについて解説します。

R.シュトラウスの交響詩の代表作

リヒャルト・シュトラウスは、名ホルン奏者の子として生まれ、ロマン派の流れを汲む音楽を作曲していました。その後、交響曲ではなく、標題音楽である交響詩の分野で、数々の作品を作曲しました。リヒャルト・シュトラウスはドイツ人ですが、華麗なオーケストレーションに長けていて、まだブラームスも健在の1885年以降に近代音楽を思わせる作品を世に送り出してきました。

一方、フルトヴェングラーなどワーグナー指揮者の全盛期の録音も多く残されており、独自の演奏スタイルが定着している部分もあります。しかし戦後は、そのラインに乗らず、スコアに忠実でモダンな演奏が増えています。

冒頭のファンファーレが有名

この作品は、タイトルの通りニーチェの名著『ツァラトゥストラはかく語りき』を元にした作品です。冒頭のファンファーレは非常に有名で知らない人はきっと居ないですよね。映画『2001年宇宙の旅』で使われてから、ホルストの組曲『惑星』と同様の位置づけで、近現代的な宇宙をモチーフにした映画等に使用されています。

「神は死んだ」で有名なニーチェの思想は、当時の世の中にフィットし、様々な議論を呼びました。音楽にも多くの影響を与えており、マーラーは交響曲第3番以降はニーチェの影響を受けて、歌詞を引用したりしています。

おすすめの名盤レビュー

それでは、リヒャルト・シュトラウス作曲ツァラトゥストラはかく語りき名盤をレビューしていきましょう。

カラヤン盤が3種類あり、この曲とカラヤンの関係から外せないので、3種類レビューしてみます。また小澤盤は非常に優れた名盤で、他の演奏と大きく印象が異なり、R.シュトラウスがあまり好きではない人でも聴ける名盤だと思います。

小澤征爾=ボストン交響楽団

しなやかさもある物語としての『ツァラトゥストラ』
  • 名盤
  • 洗練
  • しなやか
  • ダイナミック

超おすすめ:

指揮小澤征爾
演奏ボストン交響楽団

1981年12月,ボストン,シンフォニー・ホール

アマゾンミュージックUnlimitedとは?

小澤征爾のリヒャルト・シュトラウスは非常にセンスが良い演奏が多く、特にこの『ツァラトゥストラはかく語りき』は他では聴けないしなやかさを持っています。

冒頭が有名な『ツァラトゥストラはかく語りき』でも、冒頭ばかりを強調せずに曲全体の流れを中心に音楽づくりをしています。しなやかな冒頭のトランペットは大仰にならず、落ち着いて物語の始まりを告げます。次の弦の主題もじっくりと演奏しています。ボストン交響楽団のハイレヴェルなソロやアンサンブルは綿密も印象的です。そうして物語の中に入っていくと盛り上がりを増していきます。小澤征爾らしい深いスコアの読み込みで、この曲の全体のストーリーを再構成し、自然に最後まで聴ける内容豊富な音楽になっています。

映画「2001年宇宙の旅」に出てくるダイナミックな音楽とは大分違う印象になっていますが、1880年代というロマン派後期の音楽なので、小澤盤のアプローチは本来の物だと思います。ダイナミックになっても透明感を失わないサウンドも素晴らしいです。

カラヤン=ウィーン・フィル(1959年)

宇宙開発や技術革新が大発展を遂げた時代のリアリティ
  • 名盤
  • 重厚
  • ダイナミック
  • リアリティ

超おすすめ:

指揮ヘルベルト・フォン・カラヤン
演奏ウィーン・フィルハーモニー

1959年

アマゾンミュージックUnlimitedとは?

このカラヤンとウィーンフィルの録音は映画『2001年宇宙の旅』で使用されました。カラヤンのR.シュトラウスは、それまでの演奏と異なり、1959年当時は特にモダンなものでした。

冒頭はウィーンフィルとは思えないモダンなサウンドで、新しい時代の夜明けを感じさせる壮大さです。1959年からは現実に宇宙開発競争が始まり、組曲『惑星』も同じカラヤン=ウィーンフィルの組み合わせで再度注目されるようになったのですが、この冒頭もその時代のリアリティがひしひしと感じられます

第2曲の弦のアンサンブルはウィーンフィルらしく暖かみがあるものです。第3曲になるとまたダイナミックになってきますが、カラヤンはこういう力強い部分はとても得意です。スコアに忠実に新しい音楽を作りながらも、ドイツ的な伝統を残している部分も多いです。「病から回復するもの」以降はまた聴きどころが多く、色彩的なオーケストレーションもよく再現していますし、ボスコフスキーがVnソロを務めた個所は、華麗で後年の『ばらの騎士』を思わせます。リヒャルト・シュトラウスのもう一つの特徴ですね。

カラヤン=ウィーンフィルは、組曲『惑星』が少し怪演気味なのに対して、『ツァラトゥストラ』の演奏スタイルは最初からしっかり確立しています。

カラヤン=ベルリン・フィル(1983年)

今でも定盤として通用する完成度の高い名盤
  • 名盤
  • 定盤
  • 洗練
  • ダイナミック

超おすすめ:

指揮ヘルベルト・フォン・カラヤン
演奏ベルリン・フィルハーモニー

1983年9月,ベルリン

カラヤンの最新盤です。もう晩年なのですが、ベルリン・フィルから美しい響きを引き出し、完璧な演奏を録音をしています。ウィーンフィル盤から考えると長足の進歩ですし、カラヤンの円熟を感じさせる名盤です。

冒頭はさすがに一番新しい録音だけあって、華やかでダイナミックなサウンドが聴けます。録音も素晴らしいですし、この1980年代のカラヤン=ベルリンフィルの音色は透明感があって、銀色の響きといった趣(おもむき)です。時に神々しさすら感じさせます。第2曲は自然体でベルリンフィルらしいスケールはありますが、円熟した味わいも感じられます。音楽の中身がとても濃くなっているため、どんな所も飽きずに聴けます。「病から回復する者」の始まりなどは、濃厚な味わいで凄いです。

カラヤンの『ツァラトゥストラ』はどれも、その時代の良さがあります。このCDはいまでも「定番」として通用する名盤だと思います。

カラヤン=ベルリン・フィル(1973年)

カラヤン=ベルリンフィル最盛期の力強い名演
  • 名盤
  • 定番
  • 重厚
  • ダイナミック

おすすめ度:

指揮ヘルベルト・フォン・カラヤン
演奏ベルリン・フィルハーモニー

1973年1月,3月,ベルリン,イエス・キリスト教会

アマゾンミュージックUnlimitedとは?

1970年代と言えばカラヤン=ベルリンフィルの最盛期と言われています。もっとも『ツァラトゥストラ』は前後を名演に挟まれていて、どれが良いのか本当に迷います。好みの問題かも知れませんね。

冒頭は非常にダイナミックです。ウィーンフィルとの演奏に似ていますが、音質が良く、ベルリンフィルのレヴェルの高さに圧倒されます。第2曲以降もウィーンフィルとの演奏に近いです。ベルリンフィルの最盛期でありダイナミックで力強く、低音域がしっかりしています。内容の充実度という意味では1983年盤のほうが上ですが、若いカラヤンの男気溢れる力強さと、それに120%で応えるベルリンフィルの圧倒的な演奏が聴けます。

結局、1983年盤と1973年盤のどちらがいいの?と言われると答えに窮します。両方持っていても全く損は無いと思います。どうしても、というなら、筆者は円熟した1983年盤を選びますかね、うーむ。

ヤンソンス=バイエルン放送交響楽団

充実した内容の濃い演奏と爽やかさのある響き
  • 名盤
  • しなやか
  • 透明感
  • ライヴ

超おすすめ:

指揮マリス・ヤンソンス
演奏バイエルン放送交響楽団

2017年10月10-13日,ヘルクレスザール(ライヴ)

アマゾンミュージックUnlimitedとは?

ヤンソンスはロシアの指揮者ですが、主にオランダやドイツで活躍しました。ロシア人指揮者にありがちなアクの強さはなく、自然体の指揮をする人でした。この演奏は最晩年のものです。

バイエルン放送交響楽団は元々実力のあるオケですが、少しダイナミックすぎる傾向があって、粗くなりがちなオケでした。しかし、この演奏はアンサンブル力が磨き抜かれていて、ダイナミックさを保ったまま、精緻で自然なアンサンブルをするようになりました。

冒頭は速めのテンポで自然体です。モダンで透明感のある響きと完璧なアンサンブル力で、カラヤンとはまた違った素晴らしさです。第2曲以降も晩年の円熟した演奏で、内容が充実していて、全く飽きる所がありません。なるほど、と目から鱗が落ちる所も結構あります。中身が濃いのに、すっきり爽快に聴けることもこの演奏の良い所です。

録音も新しいので非常によく、ライヴですが各楽器の音が手に取るように聴こえてきます。ヤンソンスはロシアの指揮者なので、ドイツ=オーストリア的な雰囲気はありませんが、R.シュトラウスが書いた音楽は十分再現されていると思います。表現の幅広さは、カラヤンの1983年盤にも匹敵します。聴き終わった後の充実感は、なかなか味わえないものです。

ドゥダメル=ベルリン・フィル

意外に控えめな演奏だが、ソロなどはとてもハイレヴェル
  • 名盤
  • しなやか
  • ライヴ

おすすめ度:

指揮グスターボ・ドゥダメル
演奏ベルリン・フィルハーモニー

2012年4月28日,ベルリン,フィルハーモニー(ステレオ/デジタル/ライヴ)

ドゥダメルはベネズエラのユースオーケストラで一世を風靡した若手指揮者です。幅広いレパートリーを持ち、どんな曲でもこなしますが、やはり南米音楽の熱狂的な演奏は凄いです。R.シュトラウスも合いそうな気がします。

冒頭は悪くないのですが、録音のせいもあるかも知れませんが、もう少しダイナミックでもいいかなと思います。ドゥダメルのスタイルかも知れませんが、第2曲になっても抑えめにしている雰囲気です。テンポもかなりルバートさせて、弱音をしっかり演奏しています。確かにベルリンフィルは乗ってくると、ダイナミックになりすぎる所もあるので、しっかりコントロールしている、とは思いますが、曲が曲だけにもっと自由に演奏させたほうがいいような感じですね。後半は段々熱気が出てきて、ソロなどはとてもハイレヴェルです。

録音の音質も2012年録音としては、ダイナミックレンジが狭いような気もするので、録音のせいもあるかも知れません。

ドゥダメルはまだ若い指揮者なので、良い時とそうでもない時がありますね。器用な指揮者であることは良く分かりますが、表現のボキャブラリーはまだまだ足りないかな、と正直思いました

CD,MP3をさらに探す

CD検索 CD検索 MP3検索

楽譜・スコア

リヒャルト・シュトラウス作曲のツァラトゥストラはかく語りきの楽譜・スコアを挙げていきます。

電子スコア

タブレット端末等で閲覧する場合は、画面サイズや解像度の問題で読みにくい場合があります。購入前に「無料サンプル」でご確認ください。

ミニチュア・スコア

楽譜をさらに探す

楽譜検索 楽譜検索