ダフニスとクロエ (ラヴェル)

モーリス・ラヴェル(Maurice Ravel, 1875~1937)作曲のバレエ音楽『ダフニスとクロエ』について、解説とおすすめの名盤をレビューしていきます。

解説

ラヴェルの『ダフニスとクロエ』について解説します。

作曲からバレエリュスによる初演まで

バレエ「ダフニスとクロエ」は、古代ギリシャのロンゴスによる物語「ダフニスとクロエ」を元にした全3場からなるバレエです。

バレエリュスにより1912年に初演されました。振付は直前に「ペトルーシュカ」や「火の鳥」も手掛けたミハイル・フォーキンでした。初演のあと、パリ・オペラ座のレパートリーに加えられています。

また、バレエリュスは、1913年にはドビュッシー「遊戯」とストラヴィンスキー「春の祭典」を初演するなど、名作が次々と生まれていく時期でした。

「パストラル」バレエ

題材を古代ギリシャに求めており、牧人たちやニンフ、半獣神らが登場します。1600年ごろの「パストラル(田園)」をバレエに取り入れたものと考えられます。

「ダフニスとクロエ」の他にはドリーヴ「シルヴィア」(原作はトルクァート・タッソの「アルミンタ」)も近いものがあり、原作の筋書きも似ています。

「パストラル」とは、ベートーヴェンの田園のページで説明したとおりです。文学、絵画、音楽など、分野をまたがって、ギリシア的なパストラル(田園)を描いた一つ芸術分野ですね。初期のオペラはギリシャへの回帰ということもあって、「パストラル」で始まりました。そういう意味では、新古典主義的な位置づけも感じられます。

親しまれる第2組曲

ラヴェルは第1組曲と第2組曲を編纂(へんさん)しています。しかし、組曲といえば第2組曲でしょうね。第1曲のパストラル風の世界、第2曲のフルートソロ、第3曲のバッカス風の祭典など、面白い音楽をひとまとめにしたような組曲です。

オーケストラでも演奏されますが、吹奏楽で非常に良く演奏されます。もちろん、ラヴェルは難しいので、相当レヴェルの高い団体でないと演奏困難だと思いますけれど。ただ、第3楽章のノリがジャズみたいになっている演奏が多いですね。これってギリシャ神話なんですよ!

おすすめのCDレビュー

ラヴェル『ダフニスとクロエ』おすすめの名盤をレビューしていきます。

クリュイタンス=パリ音楽院管弦楽団

  • 名盤
  • 定番
  • フランスの香り

おすすめ度:

ルネ・デュクロ合唱団
指揮:クリュイタンス(アンドレ)、パリ音楽院管弦楽団

録音:1962年6月1、4-8日,サル・ワグラム(ステレオ)

ラヴェルの「ダフニスとクロエ」は、神秘的でギリシア的な音楽であり、内容も充実しています。同じフランスの指揮者クリュイタンスがパリ音楽院管弦楽団を指揮した「ダフニスとクロエ」全曲は、大変フランス的な名演奏です。

全編がフランスんのエスプリで覆われています。ちなみにフランス的というのは、気品があるとか、透明感があるなどとは少し違います。フランスの音楽というのは、非常に個性的で個性を大事にする部分があるんです。言ってしまえば、変態的といってもいい位です。よく、フランス車を選ぶ人は変態だといいますが、(筆者の愛車はプジョー207でした)品がいいというよりは、とてもユニークで変なところにこだわりがありますね。でも気に入ると他の車じゃもう満足できません、笑。

もう一人のフランスを代表する指揮者プレートルはマニアからは既に変人の称号をもらっていますが、ボレロのページで貼ってある演奏を聴けばわかる通りです。プレートルはプーランクの作品を初演した大指揮者で、フランス的な芸術とは何かをよく理解していますね。

そう考えるとデュトワはフランス的じゃないと思います。透明感があって、品が良くて、というのはむしろスイス人のアンセルメの路線で、同じくスイス出身のデュトワはアンセルメの影響を強く受けていると思いますね。あと、デュトワはああ見えて職人的な指揮者です。

クリュイタンスは「ダフニスとクロエ」のパストラル的な性格をよく表現していると思います。明るく淡い色調というか、「ダフニスとクロエ」はギリシャの物語なので、ギリシャの古代遺跡にイメージが飛んでしまう演奏家もいるようですけど大分違います。ラヴェルは画家フランソワ・ブージェのようなパストラル的な世界観を持っていたようです。

また、この演奏の良い所は、パリ音楽院管弦楽団なのに技術やアンサンブルに不足を感じないことですね。難しい曲なのですが、クリュイタンスのおかげなのか、最後のダンスも盛り上がって終わります。

デュトワ=モントリオール交響楽団

  • 名盤
  • 定番

おすすめ度:

指揮:シャルル・デュトワ、モントリオール交響楽団,他

録音:1980年8月,1981年7月,1983年7月,モントリオール(デジタル)

Ravel: Daphnis et ChloeMP3
レビュー数:2個

デュトワ=モントリオール交響楽団は、高い技術と透明感にあふれたサウンドで、現代の「ダフニスとクロエ」の定番といえると思います。

クリュイタンスに比べてしまうと、技術的には勝っていますが、雰囲気がクールすぎて、「パストラル」な感じも少ないです。これは恋愛の物語なのだし、ラヴェル自身も画家フランソワ・ブージェの名前を挙げている位なので、もう少し世界観を作ることを考えたほうが良かったんじゃないかと思います。上手いけどクールですね。

どうも管理人の場合、デュトワはクールすぎて、全曲だと飽きてしまうことがあります。まあ、全曲を音楽だけで飽きずに聴くのはそもそも難しいのかも知れません。ラヴェルは長い音楽をあまり作曲しませんでしたし。その代わり短い曲にかなり時間を掛けていたようです。だから、全曲版は飽きても仕方ないかも知れませんけれど。

モントゥー=ロンドン交響楽団

  • 名盤
  • 個性的

おすすめ度:

指揮:ピエール・モントゥー、ロンドン交響楽団

録音:1959年4月27-28日ステレオ(アナログ/セッション)

モントゥーも生粋のフランス人です。一見、職人的に見えますし、そういう所もあるのですが、モントゥーの演奏はユニークなところも沢山あります

モントゥーの「ダフニスとクロエ」は、とびぬけて素晴らしいという程ではないのですが、なんといっても初演指揮者です。ラヴェルと言葉を交わしながら音楽を作っていったことでしょう。新しい発見に満ちています。それに、所々、うまいなぁと感心させられるところもあります。

ただ、オケがロンドン交響楽団で、上手いのですがフランス的とはいえないサウンドかも知れません。それに第2組曲にあたる部分を聴いても今一つその上手さも活かしきれていない気がします。

クリュイタンスをじっくり聴いたら、モントゥーを聴いてみると良いです。全然、違いますし、目から鱗がおちる所が結構あります。

ロト=レ・シエクル

  • 名盤
  • 個性的

おすすめ度:

指揮:フランソワ=グザヴィエ・ロト、レ・シエクル

録音:2016年,フィルハーモニー・ド・パリ,他

ブレーズ=ベルリン・フィル

  • 名盤
  • 定番
  • 知的

おすすめ度:


指揮:ピエール・ブレーズ、ベルリン・フィルハーモニー

録音:1993~1994年

Boulez Conducts Ravel and Debussy
レビュー数:24個

F.ジョルダン=パリオペラ座管

  • 名盤
  • 定番

おすすめ度:

指揮:フィリップ・ジョルダン,パリオペラ座管弦楽団&合唱団

録音:2014年10月16,17,20日,オペラ・バスティーユ,大ホール(デジタル/セッション)

「ダフニスとクロエ」バレエ版

もともとバレエ音楽ですからバレエ版のDVDなどがあっても良さそうですが、まだ見つけられていません。その代わりにYouTubeで見つけましたので貼っておきます。

ロイヤル・バレエ

ロイヤルバレエなのだから、DVDでも入手できそうですけれど、何故か全編アップされているので紹介します。既にニンフも出てきていますね。「パストラル」風の演出です。ロイヤル・バレエですから、もちろんレベルの高い舞台です。出来れば舞台装置がもっと凝っていたら良かったですね。

パリ・オペラ座バレエ

ギリシャ風というところで、白い衣装を使うのはパリ・オペラ座の特徴でしょうか。オッフェンバックの「天国と地獄」でも天国のシーンは神々は全員白い衣装でした。

でも白い衣装というだけで、これだけギリシャ風になってしまうなんて、面白いですね。ギリシャだって、その時代には色があったはずですが、アテネの神殿が白いので、その印象が強いんでしょうね。

CD,DVD,MP3をさらに探す

国内盤CDをさらに探す 海外盤CDをさらに探す アマゾンUnlimitedをさらに探す

楽譜

ラヴェル『ダフニスとクロエ』の楽譜・スコアを挙げていきます。

ミニチュアスコア(第2組曲)

大判スコア

楽譜をもっと探す

アマゾンで楽譜をさらに探す アマゾンで輸入楽譜をさらに探す