グリーグ ピアノ協奏曲 Op.16

エドヴァルド・グリーグ (Edvard Grieg,1843-1907)作曲のピアノ協奏曲イ短調 Op.16 (Piano concerto a-Moll)について、解説おすすめの名盤レビューをしていきます。

グリーグピアノ協奏曲 イ短調は、非常に有名なメロディで始まるピアノ協奏曲です。幅広いファンから人気を集めているピアノ協奏曲です。

解説

グリーグピアノ協奏曲 イ短調 作品16について解説します。

「おすすめ名盤レビュー」にジャンプ

グリーグのピアノ協奏曲は、1868年にグリーグが25歳の時に作曲されました。かなり充実した作品ですが、まだ若い頃の作品なのですね。フランツ・リストが初見で弾いて絶賛したというエピソードが残っています。

しかし、その後、何度も改訂されます。グリーグ晩年の1907年前後に改訂が行われ、1917年に出版したものが、現在弾かれているピアノ協奏曲です。ピアノ協奏曲第2番を作曲しようともしましたが、結局、このピアノ協奏曲の完成度を上げることに専念したようです。

シューマンのピアノ協奏曲との類似

この協奏曲のもう一つの特徴は、シューマンのピアノ協奏曲に似ているということです。調性は同じイ短調です。CDでもカップリングされている場合が多いです。グリーグはシューマンのピアノ協奏曲 イ短調を知っていました。

初演

作曲の翌年1869年4月3日にデンマークのコペンハーゲンのカシノホールにて、友人のエドムント・ノイペルトのピアノにより初演されました。そしてこの協奏曲はノイペルトに献呈されています。初演は大成功を収めました。

曲の構成

標準的な3楽章形式の協奏曲です。演奏時間は32分と標準的です。

第1楽章:アレグロ・モルト・モデラート

序奏付きのソナタ形式です。序奏はティンパニのロールで始まり、ピアノの有名な主題を引き出します。主部に入るとソナタ形式です。再現部のあとにカデンツァがある形式です。

第2楽章:アダージョ

複合三部形式です。オーケストラが情緒的な音楽を演奏します。そこに中間部からピアノが詩的に入ってきます。

第3楽章:アレグロ・モデラート・モルト・エ・マルカート

1つ目の主題は荒々しい素朴な民族舞曲風です。2つ目の主題は、『ペール・ギュント』に出てきそうな北欧風のメロディです。というか、ほぼ転用されている感じですね。フランツ・リストが褒めた主題でしょうか。

おすすめの名盤レビュー

グリーグのピアノ協奏曲 イ短調について、名盤をレビューしていきます。

ピアノ:アンスネス, ヤンソンス=ベルリン・フィル

  • 名盤
  • 定番

超おすすめ:

ピアノレイフ・オヴェ・アンスネス
指揮マリス・ヤンソンス
演奏ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

2002年12月,ベルリン,フィルハーモニー (ステレオ/デジタル/セッション)

アンスネスはノルウェーのピアニストです。伴奏はヤンソンスとベルリン・フィルという豪華な組み合わせです。新しい録音で、音質も良いです。アンスネスはグリーグのピアノ協奏曲を得意としていて、2度目の録音です。

第1楽章は、荒々しいティンパニと感情むき出しのシャープなピアノで始まります。遅めのテンポとくすんだ響きで、まず伴奏の段階で魅了されてしまいます。ピアノは幅の広い感情表現で、熱い感情で鋭く演奏したり、詩的で繊細になったりと緩急が大きいです。また軽やかな所は、テンポアップして、リズミカルに弾いています。ベルリン・フィルの弦はヤンソンスの指揮のもと、ピアノと上手いバランスを保っています。カデンツァは凄いテクニックで、高音質も相まってとても聴きごたえがあります。

第2楽奏は、ゆっくりしたテンポで始まり、とても情緒的です。そこにピアノが凛とした詩的にメロディを奏でます。第3楽章民族舞曲風にかなり速めのテンポで始めて、シャープで軽やかです。オケもかなり民族的で荒々しい舞曲風な演奏です。ピアノもオケも白熱しつつ進行していきます。ラストは盛り上がりの最高潮で、爽やかな雰囲気を残しつつ曲を締めます。

1回目の録音では、ノルウェーのベルゲン・フィルと共演していましたが、その録音の段階で既に素晴らしい演奏でした。伴奏のレヴェルが上がり、高音質になったことが、2回目の録音をさらに価値の高いものにしています。じっくり聴くのに最適な名盤です。

ピアノ:ルプー,プレヴィン=ロンドン交響楽団

  • 名盤
  • 定番
  • 色彩感

超おすすめ:

ピアノラドゥ・ルプー
指揮アンドレ・プレヴィン
演奏ロンドン交響楽団

1973年,ロンドン,キングズウェイ・ホール (ステレオ/アナログ/セッション)

ラドゥ・ルプーのピアノはとても色彩感があります。どうしたら、これだけ色彩的に弾けるのだろうと思ってしまいます。プレヴィンの伴奏にもエキゾチックな色彩感があり、ロンドン交響楽団も上手くついて行っています。相性の良さそうなコンビです。グリーグのピアノ協奏曲のスタンダードを高いレヴェルで実現しています。

第1楽章期待通りの始まり方です。グリーグの音楽を芳醇な表現で弾いていきます。北欧の演奏家ではないので、少しクールさが少なく、フランス的な感じがします。ロンドン響はプレヴィンに上手くついていって、ダイナミックな個所はしっかりダイナミックですが、弱音の所はロマンティックな表現になっています。第2楽章この演奏の白眉と思います。プレヴィンは繊細な色合いをロンドン響から引き出して、森の中にいるかのようです。ルプーのピアノはその中に凛とした響きで入っていきます。2人とも表現上手なので、聴き所が多いです。第3楽章舞曲のリズムに乗って、軽快な演奏です。オケの方は、なかなか白熱しています。ルプーは、そのまま白熱していくのではなく、各所の聴き所を丁寧に表現しています。ピアノのタッチも素晴らしいです。その後、終盤に向かって盛り上がります。超絶技巧もきれいに弾いていき、荒くなることはありません。最後はトゥッティでダイナミックに締めくくります。

聴きやすく分かりやすい名盤です。初めてグリーグのピアノ協奏曲を聴く人にはお薦めのCDです。

ピアノ:メルタネン、コイヴラ=イェヴレ交響楽団

自然と湧き出る北欧の色彩感と民族性
  • 名盤
  • 民族的
  • 表情豊か
  • 高音質

おすすめ度:

ピアノヤンネ・メルタネン
指揮ハンヌ・コイヴラ
演奏イェヴレ交響楽団

(ステレオ/デジタル/セッション)

メルタネンはフィンランド人です。イェヴレ交響楽団はスウェーデンのオーケストラです。ノルウェーではありませんが同じ北欧ですね。メルタネンはしっかり安定したタッチで弾いていきます。特別、民族性を意識している感じではありませんけれど、非常に良い演奏です。オケもそれにふさわしい伴奏をつけています。イェヴレ交響楽団は小編成なのかも知れませんが、少し音圧が弱いですが、管楽器のソロなどレヴェルの高いオケですね。

第1楽章は演奏によっては長く感じますが、メルタネンは上手いテンポ取りと表現で飽きさせません。第2楽章の前半はオーケストラが民族的な響きを紡ぎだしていて、ピアノは色彩的に入ってきます。とても味わいがあります。第3楽章は小気味良く民族舞曲を演奏しています。オケはとても民族的な響きで良いです。録音もとても良いです。始めて聴く人にも良い名盤だと思います。

辻井伸行,ペトレンコ=ロイヤル・リヴァプール・フィル

  • 名盤
  • 定番

超おすすめ:

ピアノ辻井伸行
指揮ワシリー・ペトレンコ
演奏ロイヤル・リヴァプール・フィハーモニー管弦楽団

2018年1月31日~2月4日,リヴァプール,フィルハーモニック・ホール (ステレオ/デジタル/ライヴ)

ピアノ:ジルベルシュテイン,N.ヤルヴィ=エーテボリ響

  • 名盤
  • 定番
  • 民族的
  • 端正
  • 力強さ

おすすめ度:

ピアノリーリャ・ジルベルシュテイン
指揮ネーメ・ヤルヴィ
演奏エーテボリ交響楽団

(ステレオ/デジタル/セッション)

リーリャ・ジルベルシュテインはドイツのピアニストですが、伴奏はネーメ・ヤルヴィとノルウェーのエーテボリ交響楽団です。この伴奏だとかなり民族的な響きになるのは間違いないですね。ジルベルシュテインのテンポ取りは割とオーソドックスなものです。伴奏は思い切り民族的で素晴らしいです。アンスネス盤に比べても聴きやすい演奏だと思います。ピアノの方ははドイツ人ですから、特別民族的ではないのかも知れません。かなり力強い演奏です。

第1楽章はダイナミックに始まります。第2主題は民族的なくすんだ音色のオケが味わい深く演奏しています。第2楽章ピアノは節度をもった端正さで、深みと味わいもありますし、聴きやすくもあります。第3楽章は意外と遅めのテンポで始まります。小気味良く演奏を進めていき、最後はさわやかに盛り上がって終わります。

民族的な色彩のある名盤で聴きやすく、始めて聴く人にもお薦めです。

ピアノ:田部京子,小林研一郎=東京交響楽団

グリーグを得意とする田部京子のセンスの良い演奏
  • 名盤
  • 清潔感
  • 豊潤
  • 高音質
  • ライヴ

ピアノ田部京子
指揮小林研一郎
演奏東京交響楽団

2018年6月10日,神奈川県,ミューザ川崎シンフォニーホール (ステレオ/デジタル/ライヴ)

グリーグを得意とする田部京子の演奏です。伴奏はコバケンと東京交響楽団です。冒頭は少し遅めのテンポで始まりますが、ピアノがまた出てくると速めのテンポになります。残響が長めでグリーグには良い会場かも知れません。録音もとても良いです。

第1楽章はピアノは響き豊かに弾いていますが、オケのほうはダイナミックな主題が、少しおとなしく感じ、ピアノのセンスの良さについていけていないような気もします。でも、段々と合ってきます。ピアノのカデンツァは壮大です。トータルの演奏時間も1分以上他に比べて長いですからね。第2楽章はオケの演奏は相変わらず遅めです。ロマン派的な演奏というか、それはそれでよい演奏なのですが、田部京子の自然体のグリーグには少し重すぎるかも知れません。第3楽章は速めのテンポで進んでいきます。オケもピアノと良く合っていて、ダイナミックに締めくくります。

全体として、かなり名演です。部分的にピアノとオケでイメージがあっていない部分があるような気もしますけれど、トータルとしてはピアノが落ち着いて芳醇な響きで演奏していて、十分満足です。

リパッティ,ガリエラ=フィルハーモニア管弦楽団

  • 名盤
  • 歴史的名盤

ピアノディヌ・リパッティ
指揮アルチェオ・ガリエラ
演奏フィルハーモニア管弦楽団

1948年 (ステレオ/アナログ/セッション)

ピアノのディヌ・リパッティ(Dinu Lipatti)は、33歳という若さで夭折してしまったピアニストです。グリーグのピアノ協奏曲を得意にしていました。

CD,MP3をさらに探す

楽譜・スコア

グリーグ作曲のピアノ協奏曲の楽譜・スコアを紹介します。

ミニチュアスコアとIMSLPどっちが得?

ミニチュアスコア

ピアノ譜

楽譜をさらに探す

このページの情報はお役に立ちましたか?
はいいいえ