ウェーバー 魔弾の射手

カール・マリア・フォン・ウェーバー (Carl Maria von Weber,1786-1826)作曲の歌劇『魔弾の射手』(Der Freischuts)について、解説おすすめの名盤レビューをしていきます。最後に楽譜・スコアも挙げてあります。

解説

ウェーバー歌劇『魔弾の射手』について解説します。

ドイツオペラの基礎を固める

歌劇『魔弾の射手』はウェーバーの代表作となる全三幕からなるオペラです。ウェーバーのオペラ、とりわけこの『魔弾の射手』はロマン派オペラの出発点であり、モーツァルトら先人から受け継いだ内容を大きく発展させ、この後のワーグナーを中心とするドイツのオペラ界に大きな影響を与えました。

ドイツ風のオペラの序曲

序曲は古典派に比べてスケールも大きくなり、ロマンティックな序曲の形態を確立しています。しばらくしてホルンに出てくるコラール風の旋律は有名ですが、これは実際にあとから歌詞が追加されて、讃美歌『主よ、御手もて』となっています。オペラが讃美歌を引用することは多いですが、逆は珍しいですね。

ウェーバーはホルン、クラリネットなどの管楽器を効果的に生かしたオーケストレーションを駆使しています。そしてドイツの深い森を思わせるスケールの大きさやドラマティックな効果を生み出しています。オペラの内容の主なモチーフを巧みに織り交ぜ、オペラを集約したような序曲になっています。

おすすめの名盤レビュー

それでは、ウェーバー作曲歌劇『魔弾の射手』名盤をレビューしていきましょう。

マタチッチ=NHK交響楽団(1973年ライヴ)

ライヴ録音ですが、なかなか良い演奏です。当時のN響としては金管など、管楽器も含めてレヴェルが高く、全体としても重心が低く、マッシヴなNHK交響楽団の特徴が良い方向に活かされています。

マタチッチはダイナミックにN響を引っ張っています。それにN響も良く応えていて、力強く密度の濃い演奏になっています。弦セクションはもともとレヴェルが高いですし、金管も音を外すことは無く、1969年のスタジオ録音よりも良い演奏だと思います。

CD,MP3をさらに探す

CD検索 CD検索 MP3検索

楽譜・スコア

ウェーバー作曲の歌劇『魔弾の射手』の楽譜・スコアを挙げていきます。

ミニチュア・スコア

大型スコア(全曲)

楽譜をさらに探す

楽譜検索 楽譜検索