ワーグナー さまよえるオランダ人

リヒャルト・ワーグナー (Richard Wagner,1813-1883)作曲の歌劇『さまよえるオランダ人』(Der Fliegende Hollander)について、解説おすすめの名盤レビューをしていきます。最後に楽譜・スコアも挙げてあります。

解説

ワーグナー歌劇『さまよえるオランダ人』について解説します。

歌劇『さまよえるオランダ人』は北欧の伝説を基に作曲されました。第1作歌劇『リエンツィ』に次ぐ第2作目のオペラです。

呪われたオランダ人船長と純潔な娘ゼンダを中心に繰り広げられるドラマで、その筋書きに強く影響されてかワーグナーも若いころのインスピレーションを発揮していて、ストレートで衝動的な激しい感情を露わにする場面も多く、オペラとしても見やすい作品です。

序曲は、オペラ本編の内容を凝集したような音楽で、呪われた船長の動機が金管楽器に現れ、荒れ狂う嵐の海の様子が描かれ、最後にホルンで救いのモチーフが現れ、有名な「水夫の合唱」に入ります。

おすすめの名盤レビュー

それでは、ワーグナー作曲歌劇『さまよえるオランダ人』名盤をレビューしていきましょう。

マタチッチ=NHK交響楽団(1973年ライヴ)

NHK交響楽団は昔から「さまよえるオランダ人」序曲を得意としています。理由は分かりませんが、他の序曲で粗が目立つ場合も『さまよえるオランダ人』序曲は、迫力があって名演な場合が多いです。理由はさておき、得意な曲なんでしょうね。

このライヴ録音も最初の弦の強烈なトレモロと金管の主題から、圧倒的な迫力で引き込まれてしまいます。もちろん指揮がマタチッチだから、というのは大きいですが、マタチッチやホルスト・シュタインが指揮しても今一つの曲も多いんですよね。

弦セクションは独特のうねりで、『さまよえるオランダ人』の不気味な所を上手く描き出しています。管楽器は少々荒っぽい所もありますが、凝集されたダイナミックなサウンドで白熱した演奏になっていきます。

マタチッチ=NHK交響楽団のワーグナーの中でも最右翼の名演として挙げておきたいと思います。

CD,MP3をさらに探す

CD検索 CD検索 MP3検索

楽譜・スコア

ワーグナー作曲の歌劇『さまよえるオランダ人』の楽譜・スコアを挙げていきます。

ミニチュア・スコア

大型スコア

電子スコア

タブレット端末等で閲覧する場合は、画面サイズや解像度の問題で読みにくい場合があります。購入前に「無料サンプル」でご確認ください。

楽譜をさらに探す

楽譜検索 楽譜検索