交響的舞曲 Op.45(ラフマニノフ)

セルゲイ・ラフマニノフ (Sergei Rachmaninov,1873-1943)作曲の交響的舞曲 Op.45 (symphonic dances Op.45)について、解説おすすめの名盤レビューをしていきます。最後に楽譜・スコアも挙げてあります。

解説

ラフマニノフ交響的舞曲 Op.45について解説します。

ラフマニノフ最後の作品

交響的舞曲(シンフォニック・ダンス)は、ラフマニノフの最後の作品です。ロシア的なロマンティシズムでピアノ協奏曲第2番などで有名なラフマニノフですが、交響曲は3曲残しています。

交響曲なのか?舞曲なのか?

交響的舞曲は、一応舞曲となっていますが、舞曲風なモチーフで最後まで曲を統一しており、3楽章構成ですが交響曲に近い性格を持っています。筆者は交響曲だと考えています。

最後の曲だけあって、引き締まった無駄のない構成を持っています。これまで交響曲第2番など、名曲なのですが、少し冗長な印象がありました。交響的舞曲では、そういった冗長さはありません。

スピーディな舞曲がモチーフ

とはいえ、ピアノ協奏曲や交響曲第2番と比べると、ロマンティックさはそこまではなく、ラフマニノフとしては、ちょっと淡白な雰囲気でしょうか。

しかし、このスピーディな舞曲はいつ聴いてもかっこ良いし、気分が爽快になります。これもラフマニノフの一つの特徴ですね。晩年の曲なので、冗長さがなく、完成度が高い所が、スピード感を生み出すもう一つの要因でしょう。

おすすめの名盤レビュー

『交響的舞曲』のおすすめできる名盤をレビューしていきます。

テミルカーノフ=サンクト・ペテルブルグ・フィル

  • 名盤
  • 個性的名演
  • 民族的名演

超おすすめ:

指揮:テミルカーノフ(ユーリ)、サンクト・ペテルブルグ・フィルハーモニー

ラフマニノフ:交響曲第2番
4.5/5.0レビュー数:5個

テミルカーノフは、民族色の濃いロシア音楽を非常にスマートにまとめる異色の才能を持った指揮者です。テミルカーノフの手にかかれば、このラフマニノフの傑作は本領を発揮し、民族性とスピード感のギリギリのバランスを保ち、野暮になることもなく、民族的な風味がなくなることもありません。民族的でありながら、スマートという絶妙な演奏になりますね。

もちろん、サンクト・ペテルブルグフィルのスピード感あふれる弦楽セクションも大きく貢献しています。この組み合わせだからこそ成しえる演奏といえると思います。

ラトル=ベルリン・フィル

  • 名盤
  • 定番

おすすめ度:

指揮:サイモン・ラトル、ベルリン・フィルハーモニー管弦楽団

Symphonic Dances/the Bells
4.1/5.0レビュー数:14個

ラトルの演奏を聴くと、いままで私が聴いてきた交響的舞曲や後期のラフマニノフはなんだったんだろう?と思ってしまいます。

民族的、という観点からすると、ラフマニノフというよりボロディンを聴いているような感じで、そこはちょっと今一つです。スピーディという点も、却ってテンポが速すぎて、テミルカーノフのようなかっこよさは出ていません。

この演奏のどこが面白いかといえば、ラトルとしては珍しく感情的に重さが前面に出ている所です。ラフマニノフが巧妙に仕込んだ奥の深い所を分かりやすく強調しているように聴こえます。この演奏を聴くと、「なるほど最後の作品なんだな」ということが分かります。ちょっと分かりやす過ぎるきらいがありますけれど、納得のいく解釈だし、この曲への見方が変わるのではないかと思います。

プレヴィン=ロンドン交響楽団

  • 名盤
  • 定番

おすすめ度:

指揮:プレヴィン(アンドレ)、ロンドン交響楽団

Rachmaninov: Symphonies
4.6/5.0レビュー数:18個

プレヴィンの演奏は昔から定番として親しまれてきた名盤です。ただ、近年名演奏が目白押しで、ちょっと存在感が薄れてきたかも知れませんね。

今聴いても悪い演奏ではなく、スタンダードとして十分通用する演奏だと思います。少し重いところが多いことと、丁寧ですがスピード感に欠ける所があり、この演奏だけだと交響的舞曲のスリリングさに気づかないかも知れません。

まずはロシア勢の演奏を聴いてみて、それからプレヴィンを聴いてみるといろいろ発見があると思います。

CD,MP3をさらに探す

CD検索 CD検索 MP3検索

楽譜・スコア

ラフマニノフ作曲の交響的舞曲 Op.45の楽譜・スコアを挙げていきます。

ミニチュア・スコア

楽譜をさらに探す

楽譜検索 楽譜検索