フォーレ 『ペレアスとメリザンド』(シシリエンヌ、他)

ガブリエル・フォーレ (Gabriel Faure,1845-1924)作曲の組曲『ペレアスとメリザンド』作品80 (Pelleas and Melisande)について、解説おすすめの名盤レビューをしていきます。

解説

フォーレペレアスとメリザンドについて解説します。

モーリス・メーテルリンク戯曲『ペレアスとメリザンド』を書きあげ、1883年にパリで初演されました。

この戯曲をロンドンで上演するにあたり、英訳が行われました。また女優パトリック・キャンベル(イギリス)は、フォーレに劇音楽の作曲を依頼します。12曲からなる劇音楽が作曲されました。1898年にロンドンにて上演され、フォーレ自身の指揮により劇音楽は初演されました。

その後、フォーレは劇音楽より抜粋して組曲版を作成します。最初は「前奏曲」「糸をつむぐ女」「メリザンドの死」の3曲を選び、オーケストレーションを2管編成に拡張して、管弦楽組曲としました。初演は1902年2月3日に行われ、「糸をつむぐ女」がアンコールされました。さらに「シシリエンヌ」「メリザンドの歌」を加えて、5曲からなる管弦楽組曲になりました。

一番有名で人気のある「シシリエンヌ」は、劇音楽の初版にはなく、1909年に追加されました。ペレアスとメリザンドが泉のほとりで戯れるシーンの音楽です。チェロやフルートなどさまざまな楽器に編曲され親しまれています。「糸をつむぐ女」も有名ですね。糸車の開店する様子を弦楽器で描いたこの曲はとても印象的です。「メリザンドの歌」はソプラノまたはメゾソプラノによる独唱が入っています。

ちなみにこの戯曲はドビュッシーにより、大規模なオペラが作曲され、こちらは音楽史上、重要なオペラとなっています。

組曲『ペレアスとメリザンド』

第1曲:前奏曲
第2曲:糸を紡ぐ女
第3曲:メリザンドの歌
第4曲:シシリエンヌ
第5曲:メリザンドの死

おすすめの名盤レビュー

それでは、フォーレ作曲ペレアスとメリザンド名盤をレビューしていきましょう。

アンセルメ=スイス・ロマンド管弦楽団

  • 名盤
  • 端正

おすすめ度:

指揮エルネスト・アンセルメ
演奏スイス・ロマンド管弦楽団

1955,1961年

アマゾンミュージックUnlimitedとは?

アンセルメとスイス・ロマンド管の演奏は、真摯で端正な演奏です。フォーレの独特の雰囲気を出そうとしているのではなく、自然とフォーレらしい音楽になっています。また、全体的にインテンポで、もう少し録音が新しければ、定番としての位置づけになったと思います。今でもスコアを見ながら参考にするにはとても良い演奏です。「メリザンドの歌」は割愛されて4曲が収録されています。

録音は1961年と古いですが、音質はしっかりしていて、マイナスにはなっていません。逆に残響が豊富すぎたりすると、わざとらしいので、この位の音質で十分です。

小澤征爾=ボストン交響楽団

  • 名盤
  • しなやか
  • 優雅

おすすめ度:

指揮小澤征爾
演奏ボストン交響楽団

1986年11月,ボストン

アマゾンミュージックUnlimitedとは?

小澤征爾はフォーレを得意としています。『レクイエム』も名演でした。『ペレアスとメリザンド』は、フォーレらしい雰囲気を前面に出した演奏です。ウェットな表現で、その点で好みが分かれそうです。ソプラノを入れ「メリザンドの歌」も含めた全5曲を録音しており、かなりフォーレに力を入れて取り組んでいることが分かります。それだけ演奏者のレヴェルが高くクオリティはかなり高いです。

デュトワ=モントリオール交響楽団

  • 名盤
  • クール
  • 透明感

おすすめ度:

指揮シャルル・デュトワ
演奏モントリオール交響楽団

1987年10月,モントリオール

アマゾンミュージックUnlimitedとは?

デュトワ盤はアンセルメ盤と同様「メリザンドの歌」が入っていない4曲構成で演奏されています。

CD,MP3をさらに探す

CD検索 CD検索 MP3検索

楽譜・スコア

フォーレ作曲のペレアスとメリザンドの楽譜・スコアを挙げていきます。

ミニチュア・スコア

楽譜をさらに探す

楽譜検索 楽譜検索