ラ・ペリ(デュカス)

ポール・デュカス (Paul Dukas,1865-1935)作曲のバレエ『ラ・ペリ』 (La Peri)について、解説おすすめの名盤レビューをしていきます。最後に楽譜・スコアも挙げてあります。

バレエ『ラ・ペリ』は、冒頭のファンファーレがとても有名で、バレエというより、ファンファーレとして単独演奏される機会が多いです。多分、聴いたことありますよね?

バレエ本編のほうが中心ですが、デュカスは曲の素晴らしさに対して、あまりにも知名度が低く、評価も不当だと思います。『魔法使いの弟子』の印象が強すぎるのかも知れません。そういう曲は、当サイトで積極的に紹介していきます!

ウィーン交響楽団メンバーによるファンファーレ

解説

デュカスバレエ『ラ・ペリ』について解説します。デュカスは『魔法使いの弟子』ばかり有名ですが、実は優れた才能を持った作曲家でした。交響曲も作曲しています。晩年のこの作品は名作です。

作曲

舞踏詩『ラ・ペリ』ロシアバレエ団(バレエ・リュス)の依頼により作曲が開始されました。ちょうど作曲家として円熟期でした。ところが、作曲している最中にロシアバレエ団内で、妖精ペリの役をめぐってトラブルが起こり、トゥルハノヴァペリ役を演じることに不満を持ったディアギレフにより上演は延期されてしまいます。デュカスはそのことを知っていましたが、曲は1912年に完成させました。トゥルハノヴァデュカスの愛人だったと言われています。

初演

初演トゥルハノヴァが妖精ペリ役として、1912年4月22日にパリ・オペラ座で行われました。結果は大成功でした。ちなみに、その時には冒頭のファンファーレは、まだありませんでした

ファンファーレの作曲

デュカスが生前、出版した最後の作品となりました。その後、デュカスが自作の整理をしているときに、『ラ・ペリ』を見つけ、前奏用ファンファーレを追加して作曲しました。ファンファーレは近代のファンファーレの中でも名作で、ギリシャ神話を思い起こさせます。(『ラ・ペリ』の舞台はペルシャですが)

このファンファーレは、バロックのオペラなどで使用された様式で、モンテヴェルディのオペラ『オルフェオ』ファンファーレは有名です。オペラが始まる合図として、お客さんが客席に着く前に、予ベルのような位置づけで演奏されます。『ラ・ペリ』のファンファーレも同じ位置づけです。

その後の上演

小さなバレエ作品で、ファンファーレ以外は忘れられたかと思いきや、何度か振付を変えて再演されています。優れた筋書きと音楽によるものだと思います。

1931年にロンドン・マーキュリー劇場でバレエ・ランバートによりフレデリック・アシュトンの振付によるものが上演されています。アシュトン1956年にはロイヤル・バレエ団のために新たな振付を行っています。

あらすじ

『ラ・ペリ』の台本は、古代ペルシャの神話を題材としたものです。登場人物は、妖精ペリと王イスカンデルの2人です。蓮の花、というと仏教を思い出してしまいますけれど、古代ペルシャの話ですね。

『ラ・ペリ』のあらすじ

王イスカンデルは「運勢が衰えている」との宣託を得ます。そこで不老不死の「蓮の花」を探してペルシャ(現在のイラン)をさまよい歩き、地の果てまでやってきました。アフラ・マズダーの神殿に通じる階段にペリ(仙女)が胸にリュートを抱き、手にエメラルド色に輝く、蓮の花を持って眠っているのをみつけます。

イスカンデルペリが起きないよう、そっと蓮の花を奪います。しかし、ぺリは気づいて目覚めます。イスカンデルペリの美しさに一目惚れしますが、蓮の花は赤くなり、ぺリイスカンデルの欲望に気づきます。蓮の花ペリのものであり、イスカンデルがそれを持っている間、蓮の花イスカンデルの欲望、物欲を示すのです。

ぺリは妖艶に踊りだし、イスカンデルに近づくと、イスカンデルは思わず花を手放します。すると蓮の花を奪い返したぺリは光の中に消えていきました。イスカンデルは、自分がこのまま往生する定めであることを悟ります。

おすすめの名盤レビュー

それでは、デュカス作曲バレエ『ラ・ペリ』名盤をレビューしていきましょう。

ブーレーズ=ニューヨーク・フィル

管楽器のレヴェルの高さと明晰さ
  • 名盤
  • 定番
  • 知的
  • 高音質

超おすすめ:

指揮ピエール・ブーレーズ
演奏ニューヨーク・フィルハーモニック

1975年,ニューヨーク(ステレオ/アナログ/セッション)

アマゾンUnlimitedとは?

このブレーズの「ラ・ペリ」は名演ですね。ニューヨーク・フィルの金管楽器が最初のファンファーレで見事な技量を見せつけてくれます。フランスのオケだと金管が弱いことも多いので、このファンファーレは素晴らしいです。ラ・ペリのファンファーレはチューバが入っていて意外と高音域を使います。和声も独特です。

その後のバレエ音楽としてもブーレーズのシャープな指揮と、安定したニューヨークフィルのサウンドでとても充実した演奏となっています。この演奏は録音が良く透明感があって、この曲の持っている面白みをそのまま再現してくれます。色彩感のあるオーケストレーションもしっかり再現しています。ある意味、フランス風のベールを外したような演奏でもあります。

エキゾチックさや妖艶さ、フランスらしさを求めるなら、少し古くてもアンセルメやマルティノンあたりをお薦めしたい所ですけど、廃盤が多いですね。

デルヴォー=パリ・オペラ座管弦楽団

  • 名盤
  • 定番

おすすめ度:

指揮ピエール・デルヴォー
演奏パリ・オペラ座管弦楽団

1956年(ステレオ/アナログ/セッション)

アマゾンUnlimitedとは?

デルヴォーはフランスの指揮者です。プーランクサンサーンスの作品の録音を多く残しています。録音は1956年で良いとは言えませんが、色彩感も感じられる必要十分なものです。

ファンファーレは技術的にも十分クオリティが高く、フランス的な色彩感もある名演です。
バレエに入ると初演したパリ・オペラ座の底力を魅せつけられます。色彩的でエキゾチックな演奏です。弦のトリルが上手く色彩感を生み出しています。こういう色彩感は、単にトリルしている訳ではなく、フランス流の弾き方があるのですが、この時代はまだ古き良きフランスの奏法が残っています。パリのメジャーなオケの中でもパリ・オペラ座管弦楽団はフランス風の弾き方を継承しているオケです。メリハリもとても良くついていて、オケの意気込みが感じられます。

アンセルメ=スイスロマンド管弦楽団 (1958年)

古き良きフランスのエスプリを感じる名演
  • 名盤
  • 定番
  • フランスの香り

超おすすめ:

指揮エルネスト・アンセルメ
演奏スイスロマンド管弦楽団

1958年

アマゾンUnlimitedとは?

アンセルメ=スイス・ロマンド管弦楽団の1958年の演奏です。少しややこしいのですが、1954年にパリ音楽院管弦楽団と録音したCDもあります。どちらも名盤ですが、パリ音楽院管との演奏は録音が良くないため、こちらのほうが良さそうです。ファンファーレと本体のバレエの部分も入っています。ファンファーレが入っていないCDもあるようなので、よく見てください。

アンセルメの演奏はさすがバレエリュスの指揮者だっただけのことはあり、録音状態が良いと言えなくてもフランス的な芳香な香りがあり、古き良き時代のフランス的な演奏です。このバレエ『ラ・ペリ』の持つ独特のエキゾチックで妖艶な雰囲気に満ちています。また、ペルシャというよりはギリシャ神話のような独特なオーケストレーションを良く生かしています

アンセルメのCDの中でも素晴らしい名盤です。

ジョルダン=スイス・ロマンド管弦楽団

スイス・ロマンド管らしい透明感のあるサウンド
  • 名盤
  • 定番
  • 透明感
  • 高音質

おすすめ度:

指揮アルミン・ジョルダン
演奏スイス・ロマンド管弦楽団

1984年 (ステレオ/デジタル/セッション)

icon アマゾンUnlimitedとは?

ファンファーレはセンス良く、各パートとも上手いです。録音も良いのでスラトキン盤と双璧です。バレエ本編はフランス風というよりは、透明感が高くスイスロマンド管弦楽団の響きが良く活かされています。いずれにしてもデュカスのオーケストレーションは上手く再現されており、官能性には少し欠けますが、録音が良いので意外な音が聴こえてきて、やはり名曲だな、と感心します。

アルミン・ジョルダンは職人気質で良い指揮者ですが、アンセルメほど色彩的な演奏ではありませんでした。もう少し評価されてもいい指揮者ですけれどね。また、スラトキン盤に比べると入手しやすそうですね。

スラトキン=フランス国立管弦楽団

  • 名盤
  • 定番
  • 高音質

おすすめ度:

指揮レナード・スラトキン
演奏フランス国立管弦楽団

(ステレオ/デジタル/ライヴ)

アマゾンUnlimitedとは?

ファンファーレはハイレヴェルです。録音の音質も良いため、レヴェルの高い演奏をしっかりと捉えています。ただフランスのオケですが、ファンファーレのみを見るとは、そこまでフランス的とは言えないかも知れません。

バレエの本編に入るとスラトキンらしい、しっかりしたスコアの読みの深い演奏です。フランス的で色彩的なオーケストレーションも上手く再現していて、ふわっとしたエキゾチックさや官能的な響きも上手く再現しています。録音も良いため、色彩的な響きを良く収録されていています。結構、複雑なオーケストレーションなので、1950年代、1960年代の録音だとやはり収録しきれていない部分があります。この演奏を聴くと、新たな響きに気づくので、よく分かります。ブーレーズのようにシャープで明晰な演奏では無く、伝統的なフランスらしさを良く活かしているため、比較的新しいCDの中では、この曲の良さを聴かせてくれる名盤です。

ベンツィ=ボルドー・アキテーヌ国立管弦楽団

  • 名盤
  • 定番
  • 高音質

おすすめ度:

指揮ロベルト・ベンツィ
演奏ボルドー・アキテーヌ国立管弦楽団

1985年,ボルドー・ノートルダム教会(ステレオ/セッション)

La Peri / Sorcerer’s Apprentice
在庫情報:レビュー数:1個

ボルドー・アキテーヌ管弦楽団は、フランスの田舎のオーケストラですが、独特の味があります。トゥールーズ市響もそうでしたが、フランスは結構個性的なサウンドを持つオーケストラがあります。

ファンファーレは大分テンポが速めですが、小気味良く演奏されていて良いと思います。

バレエの本編は古き良きフランスのエスプリ、とは行きませんが、フランスの地方オケに残っているフランスらしさが自然に響きに出ていますボルドー・アキテーヌ管は、まさにボルドーらしい芳醇な音色を持っています。編成が小さめなのか、パリやリヨンの一流オケほどダイナミクスはありませんが、響きは全然違います。『ラ・ペリ』色彩的でコクのある独特のサウンドで演奏されていて、オーケストレーションとオーケストラの響きが良く合います。リラックスして聴けますし、聴いていて満足感のある演奏です。

CD,MP3をさらに探す

CD検索 CD検索 MP3検索

楽譜・スコア

デュカス作曲のバレエ『ラ・ペリ』の楽譜・スコアを挙げていきます。

スコア

楽譜をさらに探す

楽譜検索 楽譜検索