中国の不思議な役人(バルトーク)

ベーラ・バルトーク (Bela Bartok,1881-1945)作曲のバレエ『中国の不思議な役人』 (The Miraculous Mandarin)について、解説おすすめの名盤レビューをしていき、最後にスコアも紹介します。

『中国の不思議な役人』はバルトークの問題作です。内容も確かに倫理的に問題作なので、今の時代でも注目される曲です。近年はバレエの舞台がYouTubeによく出るようになってきました。日本では、吹奏楽で有名になりました。

解説

バルトーク中国の不思議な役人について解説します。

パントマイムのための音楽

「中国の不思議な役人」は1幕のパントマイムのための作品です。よくバレエ音楽と言われますが、バレエでなくてパントマイムです。

ただし、その後、バレエ化されて上演されたため、バレエ音楽と言われることも多いです。その後も度々上演されています。

台本に問題あり!

さらに『中国の不思議な役人』は、もともと中国の人形などを見て、想像した勝手な印象なのです。そして、その台本は売春宿を舞台とした裏社会で、”中国の役人”は何度刺されても蘇ってきて女性に抱き着くのです。

さすがに中国に対する偏見ですね。差別と言われても仕方ない内容です。まあ中国人がこの悪役を引き受けたおかげで、バルトーク最大の問題作が世に出たとも言えますけれど。

しかし初演に際して、こんな内容を上演してくれる劇場がありません。ブダペストの歌劇場に断られて、ドイツのケルンで1926年に上演されました。1926年といえば、第1次世界大戦と第2次世界大戦の間のちょうど平穏な時期ですね。

意外に人気曲

少なくとも日本では『中国の不思議な役人』は一定の人気があります。それは吹奏楽で良く演奏されるからです。問題作であることろが興味深いし、リズムが複雑であるため演奏者のチャレンジ精神に火をつけるのですね。吹奏楽で弦楽器がなくても、そこそこの演奏ができます。というか、若者たちが勢いに任せて演奏している、という感じでしょうね。でも、売春宿で、、という内容を知れば、あんまり若い人の教育には良くなさそうですね、笑。

当の中国人はどう思っているのでしょう?別に中国人をディスるための作品ではなく、作者のインスピレーションから生まれたストーリーなのですが、中国お得意のハニートラップとか、ありますけど、この内容はさすがになんとも言い難いですね。

近年、意外によく上演されるバレエ版

YouTubeを探してみると、随分たくさんの映像が出ていますね。ベジャール版もあります。もともと非道徳的なところがあるので問題作なのですが、売春宿とはいえ、男女関係を描いた作品ではあります。

刺しても刺しても起き上がって襲ってくるというイメージが凄いですね、汗。なんて言ったらいいんでしょう?ストーカーを大幅に超えたグロテスクさを感じます。それから、女性が男性を切りつけて殺してもまだ求めてくるのですから、SMチックな異常さもあるのではないかと、汗。(ホントに書きにくいなぁ)

この作品を女性の視点でみると。。。

それを考えると、性に関する言葉にしにくい色々な要素を含んでいるのかな、と思います。

おすすめの名盤レビュー

『中国の不思議や役人』のおすすめの名盤をレビューしていきます。

アバド=ロンドン交響楽団

★強いダイナミックでシャープな名演!

  • 名盤
  • 定番
  • 爆演

おすすめ度:

指揮:クラウディオ・アバド、ロンドン交響楽団 録音:1982年10月 ロンドン、キングズウェイ・ホール

中国の不思議な役人
4.0/5.0レビュー数:1個

アバド=ロンドン交響楽団は、ちょうどこのコンビのピークにあたりますね。シャープで切れ味の良い指揮といい、ロンドン交響楽団のパワーとテクニックと言い、本当に素晴らしいです。

最初の弦の速いパッセージで、曲に引き込まれます。ロンドン交響楽団の重厚で筋肉質なサウンドもこの曲に合っています。アバドはここぞというときにアッチェランドを思い切りかけて緊張感を高めます。もともとこの曲にはずっと緊張の糸が張りつめている感じですけれど。

この曲は、あんまり細かく聴くよりは、こうやってハイテクニックなところを楽しむほうが健全ですね。もちろん、パントマイムですから解説書を読みながら聴けば、筋書きもよく理解できます。

アバドの演奏は、名盤であるとともに、メリハリがはっきりしていて理解し易い演奏なので、最初の一枚にとても良いと思います。

小澤征爾=ボストン交響楽団

★強いインスピレーションに貫かれたシャープな名演!

  • 名盤
  • 定番
  • 爆演

おすすめ度:

指揮:小澤征爾、ボストン交響楽団、タングルウッド祝祭合唱団
録音:1994年2月,3月ボストン,シンフォニー・ホール,ステレオ(デジタル/セッション)

小澤征爾もシャープな演奏を繰り広げています。アジア人の小澤征爾が指揮するというのは、なんだか不思議な感じがします。しかも生まれは満州ですからね。

ボストン交響楽団もシャープですが、少し透明感を持ったサウンドで、アバドとはまた違った響きで楽しめる演奏だと思います。

サロネン=フィルハーモニア管弦楽団

★ダイナミックさもあるが知的で本質を表現

  • 名盤
  • 定番
  • ライヴ録音

おすすめ度:

指揮:エサ=ペッカ・サロネン、フィルハーモニア管弦楽団
録音:2011年1月27日 ロンドン,ロイヤル・フェスティヴァル・ホール,ステレオ(デジタル/ライヴ)

「中国の不思議な役人」の映像

『中国の不思議な役人』のバレエ版の映像をレビューしていきます。聴くにしても、吹奏楽などで演奏するにしても、どんな舞台なのか分からないと逆に想像が膨らみ過ぎてしまうかも知れません。一つはバレエの舞台を見ておくべきだと思います。

モスクワ・バレエ

  • 個性的名演

おすすめ度:

モスクワ・バレエ

ニジンスキー復刻版がYouTubeなどで出る前は、唯一の「春の祭典」のバレエでした。振付はコンテンポラリーダンスとも何とも言えないB級なものでしたけど。でもYouTubeで色々な映像が見られるようになった今、「春の祭典」や「火の鳥」をこのディスクで観る必要はありません。

でも「中国の不思議な役人」はB級ですが、結構面白いと思います。YouTubeにアップされている中でもレヴェルの高い上演がありますけど、その中で比べると上位に来そうです。何より「中国の役人」が、それっぽい衣装なのです。清の時代の弁髪風ですね。さらに、役人の殺し方が、刃物だったり、ピストルだったり、なかなか凝っていますし。

サイトウ・キネン・フェスティバル松本2011

  • 名盤
  • 定番
  • ライヴ録音

おすすめ度:

サイトウ・キネン・フェスティバル松本2011
収録:2011年

中国の不思議な役人(パルコ劇場:舞台)

  • 名盤
  • 定番
  • ライヴ録音

中国の不思議な役人(パルコ劇場:舞台)

よく分かりませんが、劇でしょうか?バレエも入っているような気がします。以下のYouTubeが紹介動画です。「言葉の錬金術師、寺山修司の愛と死と再生の物語」とのこと。

ベジャール・バレエ

YouTubeでベジャール版を発見しました。上演自体は結構、沢山されているようですね。

あまり「中国の役人」を強調した演出はなく、この人民服風の役人が一番中国的かも知れません。

CD,DVD,MP3をさらに探す

CD検索 CD検索 MP3検索

楽譜・スコア

バルトーク作曲の中国の不思議な役人の楽譜・スコアを挙げていきます。

ミニチュア・スコア

楽譜をさらに探す

楽譜検索 楽譜検索